• ワークショップの様子

  • 概要
  • 活動情報 2017年1月16日 更新

自分で作る、だから考える。段ボールジオラマでまちの危険を体感!

災害時、もっと自分のまちのことを知っていれば、助かるかもしれない、助けられるかもしれない命があります。私たち一般社団法人防災ジオラマ推進ネットワークでは、段ボールで作るジオラマを使った楽しく実践的な防災授業を通じて、まちを知ることの面白さ・大切さを伝えています。
自分の手でジオラマを組み立てることで、まず何よりも自分のまちとその地形に興味を持ってほしい。日常的に立体のまちに触れることで、地域に潜む危険をもっと身近なものとして感じてほしい。それが私たちの思いです。

防災教育というと、ともすると堅苦しく受け身的で、地域での参加者も限られがちな傾向があります。また、従来の3D模型はその費用やサイズから、学校や地域での活用にはハードルもありました。
段ボールジオラマは、等高線に沿って切り抜かれたパーツをパズル感覚で積み重ねることで、子供でも楽しく主体的に、簡単に組み立てることができるオーダーメイドのジオラマキットです。
私たちはそのジオラマを使って、各地で"参加してみたくなる"防災授業に取り組んでいます。

型から抜いたパーツを積み重ねていくだけ
ジオラマに印刷されている広い道、狭い道、公園、川などを色塗り

<特長>
●自分のまちの地形が一目瞭然
等高線ごとに段ボールを積んでいくことで、地域の地形を立体的に再現できます。
●誰でも簡単に作れる
型抜きされたパーツをガイド線に合わせて積み重ねるだけなので、小さな子供でも簡単に組み立てることができます。
●DIG(災害図上訓練)にも使える
ジオラマ上には道路や建物などが印刷されていますので、3DでわかりやすいDIGが行えます。
(地図協力:株式会社ゼンリン)
●体感するからおぼえる
楽しみながら自分の手で作り上げるから、自分のまちへの関心も高まり、防災意識の向上につなげることができます。
●親子で楽しめる
大人も楽しめる内容のため、親子で防災を考える良い機会になります。
●地域の資産として
完成後は学校の空き教室や公民館などに設置し、防災情報をはじめとした地域のコミュニケーションツールとして活用いただけます。

大人も一緒に楽しめる
地元駅の構内に展示も
ワークショップの様子
プロジェクションマッピングも簡単

Yahoo!基金は、本募金のプロジェクトを支援しています。

本募金は、Yahoo!基金2016年度助成プログラムの一環※1で開始されました。
※1 Yahoo!基金2016年度助成プログラムのテーマは「知らせる、つなげる」。Yahoo!基金は、本募金を通じて「活動団体が取り組む社会課題を広くお伝えし、その活動の支援者を増やすこと」を応援しています。

活動実績

2015年の設立以来、下記のような活動を行っています。

<1.学校授業>
・小学3年生クラスにおける防災ジオラマ授業の実施(横浜市立梅林小学校)
・小学5年生クラスにおける防災ジオラマ授業の実施(女川町立女川小学校)
・小学6年生クラスにおける防災ジオラマ授業の実施(横浜市立日枝小学校)
・中学校における防災ジオラマ授業の実施(石巻市立牡鹿中学校)
・高校の災害科学科における授業への段ボールジオラマの導入(宮城県多賀城高校)

横浜市の日枝小学校では、ジオラマに載せる防災情報を地域住民400人にヒアリングし、クラスで話し合った
石巻の牡鹿中学校では、地元の小学生も一緒に参加

<2.NPO・市民活動団体との協働>
・小学校PTAイベントにおける防災ジオラマワークショップの開催(横浜市旭区)
・地域の防災イベントにおけるジオラマワークショップの開催(川崎市高津区)
・地域のコミュニティースペースにおける壁面用ジオラマの作成(大田区)

川崎市の溝の口では親子で実施。小さな子供も色塗りに夢中

<3.イベント・展示会への出展>
・復興庁イベント(千代田区)
・防災推進国民大会でのジオラマワークショップの開催(文京区)
・学校地域コーディネーターフォーラム(横浜市)
・エコプロ2016(東京都)

「エコプロ2016」では、たくさんの来場者に段ボールジオラマのよさをアピール

寄付金の使いみち

おかげさまで、自分のまちでも作りたい!と多くの学校や地域からお問い合わせをいただくのですが、ご相談の段階で残念ながら予算が折り合わずに実施できないというケースもあります。
少しでも低いコストで全国に活動を届けたいと取り組んでいますが、なんといってもオリジナルの一点モノのため、キット製造やワークショップの運営にはある程度の費用が必要になります。

皆さまからのご支援は、ジオラマキットの製作や各地でのワークショップの運営、防災ジオラマの普及・啓発活動に使わせていただきます。
一人でも多くの子供たちが自分のまちに興味を持って地形の感覚を身につけることで、地域の防災力・減災力アップにつながることをめざして頑張ります。