IDでもっと便利に新規取得

ログイン

重症心身障害児と家族に笑顔を届けたい!

寄付受付開始日:2016/10/17

  • 領収書なし
[重症心身障害児と家族に笑顔を届けたい!]の画像
医療的なケアが必要な乳幼児・児童が急増しています。

NPOあいの実

プロジェクト概要

更新日:2016/10/17

わたしたちの周りのどこかに、重い障がいを抱えた子どもたちと、24時間その子どもを介護している家族が暮らしています。重い障がいを持つ子どもたちと家族をサポートするために、ご協力ください。

重症心身障害児とは、人工呼吸器やたん吸引、経管栄養といった日々の生活に医療的な処置が必要な子どもたちのことです。大抵の子は寝たきりで、自分で話したり、座ったり、食べたりすることができません。

重い障害を持っていても笑顔で暮らせるように

そのような子どもが増えている原因が、「日本の小児医療が世界トップレベルだから」と聞いて驚かれる方もいらっしゃるでしょう。外国であれば救われなかったであろう命が、日本では救われる可能性が高いのです。それは喜ばしいことですが、重い障害を持ちながら生まれてくる命が増えると言うことも意味します。

日々の生活が医療的ケアによって支えられている

もっと大きな問題は、「救われた子どもたちの行き場がない」ということです。小児医療はトップレベルですが、その後の環境はトップクラスとはとても言えません。障害児向けの施設はありますが、重い障害のために断られてしまいます。

そして、お父さんお母さんの壮絶な生活が始まります。

ですから、社会全体で家族をサポートしていく体制がどうしても必要です。親、家族、特定の人だけに負担が増していく状況を改善していかなければなりません。
ぜひ重症心身障害児を取り巻く社会課題の解決にご参加ください。

「重い障がいがあっても、笑顔で幸せに暮らすことができる」
「重い障がいを持った子供がいても家族が未来を思い描ける」

寄付金の使いみち

【重症心身障害児のための施設設置のため】

新しい事業を起こしていくには多額の費用が必要になります。しかし資金調達が困難なNPOにとっては資金不足は大きな問題です。



【スタッフ教育】

重症心身障害児と関わったことのある看護師や機能訓練士、介護福祉士などの数はまだまだ充分ではありません。重い障がいを持つ子どもたちと関われる人材を広く育てていく必要があります。



【障がい児用銭湯の維持費】

お風呂にいれるためには、お湯だけでなくさまざまな備品が必要になりますし、人件費もさらにかかります。これらは国や行政からの支援のない分野です。

活動情報

更新日:2016/10/17

あいの実の入浴設備。自腹で導入しました。

お父さんお母さんにとって、医療的なケアのある子をお風呂にいれることは、毎日の大仕事です。
障がいのために、体は自由に動きません。喉を気管切開して人工呼吸器につながれています。
そして、こどもはどんどん体が大きくなっていきます。
重症心身障害児が、どうやってお風呂に入るのか想像がつきますか?
お母さんお父さんは、想像もつかない大変な作業を日々強いられています。

ボランティアで行われている入浴サービス。公的な支援は一切ありません。

だったら、どんなに重い障害があってもお風呂に入れる銭湯があったらいいじゃない!子どもを預かり、そしてお風呂も入れてあげる。
わたしたちは、お父さんお母さんが本当に望んでいるのはこれだ!と気づきました。
そして、重い障がいを持つ子どものための銭湯を作りました。

わたしたちの取り組みが仙台の地元紙「河北新報」に掲載されました。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
3,062,802
目標金額
2,000,000
達成率153%
寄付人数
12,374
現在の継続寄付人数:16
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

NPOあいの実
わたしたちは、もともとALS(筋萎縮性側索硬化症)などの神経難病支援を中心に活動してきたNPO[特定非営利活動法人]です。医療的なケアを含む難しい介護にチャレンジし続けてきましたが、重い障害を持つ子どもたちとも接するようになり、子どもや家族が国の支援制度から漏れていることにも気づきました。なんとかできないかと模索した結果、得意分野を生かした医療的なケアが必要な乳幼児・児童に特化したデイサービスを開設しました。ボランティアで「入浴サービス」を導入しており、親御さんたちからたいへん喜ばれています。
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト