IDでもっと便利に新規取得

ログイン

公益財団法人風に立つライオン基金

寄付受付開始日:2016/06/27

  • 領収書なし
[公益財団法人風に立つライオン基金]の画像
平成29年7月九州北部豪雨被災地慰問 福岡県朝倉郡東峰村、大分県日田市(平成29年8月19日)

一般財団法人風に立つライオン基金

プロジェクト概要

更新日:2018/08/01

一人一人の小さな思いがたくさんの小さな生命を支えられることを信じます

我々は、小さな『志』の集合体です。
我々は、災害に苦しむ人を支援します。
我々は、ささやかで偉大な活動を行う人を応援します。
我々は、大切なひとの笑顔を護るための「平和」について考え、活動します。
一人一人の小さな思いが、沢山の小さな生命を支えられることを信じます。
「風に立つライオン基金」はその為の組織です。

平成28年熊本地震で被災した熊本県西原村と益城町を訪問(平成28年4月23日)
平成28年台風10号災害で被災した北海道南富良野町で支援コンサートを開催(平成28年10月29日)

■私たちは「いのち」や「平和」を守るために奉仕活動や慈善活動をしている個人や団体に対し、細やかな援助をしていきます。
■私たちは大規模災害などで被災した方々に対し大きな組織では目の届かない場所や人へ、ささやかでもぬくもりのある支援をしていきます。
■私たちは金銭的、経済的支援だけでなく、人的支援を行うための組織作り、人材育成を行います。

この法人は、国内外のへき地医療や大規模災害の復旧現場などにおいて奉仕活動をする個人や団体に対し、物心両面からの支援を提供するための基金を設置します。活動の円滑化と継続性の確保を図るため、個人や企業、団体に対して寄付を呼びかけ、安定した組織運営を目指します。
また、当該地域外からの人的支援が必要となる事態に備え、医療支援、復旧支援を実施するための人員を広く募集し、会員として組織します。

フィリピンの児童養護施設ハウスオブジョイに送った支援金で男子棟を改築、「ライオンハウス」と命名されました。
高校生ボランティア・アワード2017をさいたまスーパーアリーナで開催(平成29年8月9・10日)

寄付金の使いみち

1. 国内外で「いのち」や「平和」を守るために奉仕活動や慈善活動を実践している個人、団体への経済的な支援として寄付します。
2. 大規模災害時の義援金として被災地へ寄付します。
3. 被災地で奉仕活動や慈善活動を実践している個人、団体への支援金として寄付します。
4. 災害で心に痛手を負った人々を慰問するためのコンサートなどを開催する費用として活用します。
5. 災害発生時にチームを編成して派遣する人的な支援活動のために活用します。
6. 普段ボランティア活動に頑張っている高校生たちを応援するイベントを開催します。

活動報告
助成実績

活動情報

更新日:2018/08/01

全国から選ばれた25校による発表大会(昨年大会より)
各校、趣向を凝らした発表が続きました(昨年大会より)
レセプションで活発に交流する生徒たち(昨年大会より)
財団の評議員を務める鎌田實先生による基調講演(昨年大会より)
風に立つライオン基金の応援団・若旦那、ももいろクローバーZも参加した表彰式(昨年大会より)

※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
376,692
寄付人数
994
現在の継続寄付人数:4
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

一般財団法人風に立つライオン基金
公益財団法人風に立つライオン基金は、2015年8月にさだまさしが設立した非営利団体です。国内外のへき地医療や大規模災害の復旧現場などにおいて奉仕活動をする個人や団体に対し、物心両面からの支援を提供するための基金を設置します。

また、大規模な自然災害などにより、当該地域外からの人的支援が必要となる事態に備え、そのための組織作りを行います。将来的にそうした場面で活躍する人材を育成する目的で、普段からボランティア活動に勤しむ高校生たちを顕彰し、彼らの活動を応援するイベント「高校生ボランティア・アワード」を開催します。
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

注目のプロジェクト