IDでもっと便利に新規取得

ログイン

タイ山岳少数民族の子どもたちに教育の機会を
「若竹寮」支援募金

寄付受付開始日:2021/12/16

  • 領収書なし
[タイ山岳少数民族の子どもたちに教育の機会を 「若竹寮」支援募金]の画像
若竹寮の子どもたち

公益財団法人 熊本YMCA

プロジェクト概要

更新日:2021/12/16

教育が山岳民族の子どもたちを守る

熊本YMCAはタイのチェンライYMCAと協力し、タイ北部に暮らす山岳少数民族の子どもたちがよりよい教育をうけられるための支援活動に取り組んでいます。子どもたちは日本国内の里親の支援などを受けて「若竹寮」で共同生活を送りながら、街の学校に通っています。

若竹寮の1年・寮生(取材当時)からのメッセージ
若竹寮生(取材当時)からのメッセージ

▼タイ北部山岳少数民族

タイ北部には、山岳民族と言われる少数民族が暮らしています。主な民族は、アカ族、カレン族、モン族、ヤオ族、ラフ族、リス族。彼らは独自の文化や言語を持つ、いくつもの民族がその伝統を残しながら、それぞれに村をつくっています。

▼山岳少数民族の抱える課題

ワークキャンプでユースを派遣することも

山岳民族には依然として国籍を持たない人も存在し、タイ語の不自由さから、人身売買や売春、麻薬取引などの被害に遭うこともあります。
山岳地帯や村の近くの学校で行われる教育内容が必ずしも十分ではないために、親元を離れ寮生活を送る子どもは今でも多くいます。

▼若竹寮の支援

1994年、熊本YMCAは山岳民族の子どもたちが共同生活を送りながら街の学校に通えるようにと、里親制度による寮の運営を開始。“子どもたちがすくすくとまっすぐに育つように”との願いを込め「若竹寮」と名づけられました。20名ほどの寮生たちは、料理や掃除、草取りなどを交代で分担し、協力しながら寮生活を過ごしています。

北部タイ山岳民族の子どもたちを支援する里親運動

寄付金の使いみち

若竹寮の運営を通してタイ山岳少数民族の子どもたちに学習の機会を提供するために活用させていただきます。

・子どもたちが暮らす若竹寮の運営費や教育費、生活費など

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
206,345
寄付人数
914
現在の継続寄付人数:3
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

公益財団法人 熊本YMCA

熊本にYMCAが生まれたのは、戦後間もない1948年。以来、総合的な社会教育団体として、青少年運動の輪を広げています。「社会階層や性別、年齢に関係なく、多くの人に成長と学びの場を」という「生涯教育」の願いに基づき、語学教育、健康教育、職能教育といった活動をはじめ、国際交流やボランティア活動についてもさまざまなプログラムを提供するなど、幅広い活動を展開しています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト