避難所およびボランティア拠点を運営。県内各拠点でも支援活動を行います。

熊本YMCAが指定管理者として運営する「益城町総合運動公園・体育館」には約1500名、管理運営企業体の代表として運営する「御船町スポーツセンター」には約150名(ピーク時250名)の人々が避難されています(2016年5月10日現在)。
現在、全国各地から人や物資の提供をいただきながら避難所運営を行っています。

多くの方が避難する益城町総合運動公園
御船町スポーツセンターでの朝のラジオ体操
避難所では子どもたちや高齢者への運動指導、レクリエーション指導を実施

阿蘇市車帰にある阿蘇YMCAは、災害ボランティアの拠点としての役割を担い、倒壊家屋のがれきの撤去などの支援活動を行っています。

阿蘇YMCAを拠点に実施されるボランティア活動
被災家屋からの荷物運びだし

また、県内の各拠点においては、地域の子どもたち、青少年をはじめ、高齢者・障がい者、在住外国籍等の災害弱者となりやすい方々の支援に取り組みます。
YMCAの連帯と世界に広がるネットワークを駆使し、一刻も早い平安と復旧に向け、職員・ボランティアが一丸となって働きを進めてまいります。
皆様の温かいご支援をお願いいたします。

YMCA熊本地震支援活動の紹介映像です。

活動内容はFacebookページ熊本ymca緊急災害支援をご覧ください。

寄付金の使いみち

皆様の寄付は、以下の活動に用います。

●益城町総合運動公園を含めた益城町および周辺市町村での復興支援活動
●御船町スポーツセンターを含めた御船町および周辺市町村での復興支援活動
●阿蘇YMCAボランティアセンター運営費
●熊本YMCA14拠点における地域貢献活動運営費
●その他活動費

活動報告
https://www.facebook.com/ymca.kumamoto/