• 概要
  • 活動情報 2016年5月31日 更新

なんでもない日をプレゼントしよう。

現在、大阪大学医学部附属病院に入院中のたまきちゃん。
病名は『拡張型心筋症』。
心臓の筋肉が伸びきったゴムのようになりポンプ機能が低下することで全身への血液循環がうまくいかなくなる進行性の難病です。

病気が判明したのはまだ0歳。彼女のお姉ちゃんが命がけで病気を教えてくれました。

姉の名前は菫(すみれ)ちゃん。
妹の環(たまき)ちゃんと同じ日に生まれた一卵性双生児でした。
菫ちゃんは生後6か月を過ぎたころから原因不明の体調不良となり、心不全で天国へ旅立ってしまいました。たった270日の命でした。

お姉ちゃんの死がきっかけでたまきちゃんの病気が判明しました。

両親はたまきちゃんのためにできるすべてのことをしたい、との一心で慣れ親しんだ土地を離れ、心臓病の権威である大阪大学医学部附属病院で治療を受けるため転居を決意しました。
現在も全力でたまきちゃんを支え続けています。

たまきちゃんは生まれてからの大半を病院で過ごしており、外の世界を知りません。
生まれ故郷の札幌の冬の寒さも、今いる大阪の街の熱気も感じることなく、只々懸命にベッドの上で命を費やしています。

たまきちゃんの命は、菫ちゃんがつなぎ、両親によって支えられています。

私たちは何も疑問を持たず日常を謳歌し、このあたりまえの生活を当然のように享受しています。
いま私たちが過ごしているなんでもない日をたまきちゃんにもプレゼントしたい。
そういった想いから私たちは『たまきちゃんを救う会』を立ち上げました。今度は私たちがたまきちゃんの命をつなぐために。

唯一の可能性は海外渡航による心臓移植です。実現するためには莫大な費用が必要です。
今はまだ皆さんにとってたまきちゃんは特別な存在ではないかもしれません。
でもいつかあなたの娘の親友になるかもしれません。あなたの息子の妻になるかもしれません。
家族になり特別な存在になる可能性だってあるのです。その可能性は生きている限り無限にあります。

でも本当は特別なんかじゃなくていい。
決して特別ではない、なんでもない日がどれだけ大切かみんな知っているから。
私たちの未来は変えられる。そしてたまきちゃんがいるなんでもない未来のほうが私達はいい。

そのお手伝いを私たちはしたい。皆さんもお力を貸していただけないでしょうか。
無限の可能性を一緒につなげていただけないでしょうか。

『なんでもない日をプレゼント』するために

たまきちゃんを救う会 代表一同

なんでもない日をプレゼントしよう。

全国各地で募金活動を展開しています。

北海道・青森・宮城・東京・大阪・山形をはじめ、全国各地での街頭募金を行っています。また各地に、募金箱を設置していただいております。

■活動報告
http://tamakichan.net/category/report/

■募金箱設置場所
http://tamakichan.net/bokinbako/

寄付金の使いみち

お預かりしたご寄付は以下のように使わせて頂きます。



◎デポジット

◎医療予備費

◎渡航費(チャーター機、航空券、救急車搬送費等)

◎現地滞在費

◎事務局経費等



※デポジット(保証金)とは受け入れ病院に事前に支払う手術・治療などの医療費のことで、不足がある場合、追加請求されます。現状、デポジットは年々高額になっています。また渡航には補助人工心臓を装着しているため、医療機材のある専用機が必要となります。



詳しい内容については公式ホームページに記載しております。

http://tamakichan.net/bokin/



また目的達成後の余剰金は、たまきちゃんの術後の病状が安定するまでの間、原則として3年間は凍結し、必要に応じて術後の医療費などとして支出できるものとします。

凍結終了の時期は、医師の診断などを考慮したうえで、役員会の議決により決定いたします。

残金については、他の移植を必要とする患者様の支援、および、移植医療を推進するための活動に充てさせて頂きます。