IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【FOR KUMAMOTO PROJECT】
くまモン募金箱

寄付受付開始日:2018/04/16

  • 領収書なし
[【FOR KUMAMOTO PROJECT】 くまモン募金箱]の画像

くまモン募金箱実行委員会

プロジェクト概要

更新日:2020/07/28

[令和2年7月豪雨の被災地支援に動きます 2020年7月]

2020年7月3日以降、熊本を中心に九州や中部地方など日本各地で豪雨による災害が発生してしまいました。特に熊本県南部では球磨川など複数の川が氾濫し、多くの被害をもたらしました。
現地には避難を余儀なくされている子どもたちや、心に傷を抱えてしまった子どもたちがいます。これからしっかり現地を調査しながら、必要な支援をみなさんの思いとともに届けていきます。

具体的な実施内容は今後、本ページの活動内容や、団体のホームページにて報告していきます。

[団体概要]

 2016年12月、「くまモン募金箱」に集まった皆様の善意を熊本に届けていくために、熊本県、熊本県教育委員会、熊本市、熊本市教育委員会、地元メディアなどの協力のもと、被災地と連絡を密に取りながら最良の方法を模索し実行していくための団体として「一般社団法人FOR KUMAMOTO PROJECT」(外部リンク)を設立いたしました。

[近況ご報告 2020年2月]

くまモン募金箱に寄せていただきました皆様の善意を、一般社団法人FOR KUMAMOTO PROJECTによって熊本の子どもたちの「心の支援」となる活動に活用させていただいています。
2019年度は、子どもたちが将来の夢に出会える機会を作るという目的で、くまモン夢学校として、以下のプロジェクトを実施しています。

 ・世界的マエストロ佐渡裕さんを先生にお迎えし、「くまモン音楽祭」の中で、熊本県内の高校生たちを対象に公開クリニック。スーパーキッズオーケストラとのジョイントも実現しました。
 ・南阿蘇村の子どもたちで結成された「くまモン記者団」は地震から3年目を迎えるにあたり「くまもと元気ばい新聞」で、南阿蘇村の今を発信。くまモン自らも東京で配布するなど、約1万部を熊本県内外の方々へ届けました。
・熊本県内各地で開催された「2019女子ハンドボール世界選手権大会」にちなみ、小学生のハンドボールチームの練習場に女子ハンドボール日本代表「なでしこJAPAN」のメンバーがサプライズ訪問。日本代表の練習メニューを一緒に体験したあと、本気で対戦しました。また、設立して3年目になる「くまモンダンス部」も「2019女子ハンドボール世界選手権大会」のハーフタイムショーで踊ったり、エスコードキッズとして参加するなど活躍しました。

詳細は「一般社団法人FOR KUMAMOTO PROJECT」(外部リンク)のウェブページにも記載してございます。
FOR KUMAMOTO PROJECTは、今後も熊本の子どもたちのために最良の活動とは何かを考え、実行してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

熊本地震災害の被災者支援や、令和2年7月豪雨災害の復興支援金を受付中

「FOR KUMAMOTO PROJECT」では、二つの活動を大きな柱と考えています。

 1、被災者支援・復興支援として、支援金の呼びかけと寄付、助成事業を通じた非営利団体の支援活動、防災・減災に向けた啓発活動などを行います。

 2、熊本、大分で被災した方々の心の支援になるような企画を立案実施していきます。

FOR KUMAMOTO PROJECT
くまモン募金箱 実行委員長 小山薫堂

故郷・天草から望む夕景
くまモンダンス部
小山薫堂がプロデュースしたフィルムです。くまモンが大好きな熊本の"ひと"や"くらし"が登場するこのフィルムには、なにげない日常の、かけがえのない魅力がたくさんつまっています。

寄付金の使いみち

一般社団法人FOR KUMAMOTO PROJECTでは「くまモン募金箱」に寄せられた支援金によって、2つの活動を柱にして熊本の未来をつくる子どもたちのために活動して参ります。

【Action 1】子どもたちの「心の支援」となるコンテンツ提供 
10年後“災害があったおかげで大きくなれた”と子どもたちが笑顔で言えるような前向きな心を育むための学校「くまモン夢学校」の企画運営をします。

 【Action 2】教育資金の寄付 
経済的支援を必要とする子ども、施設、団体へ寄付し、教育資金として活用していただきます。
FOR KUMAMOTO PROJECT 特集ページ 
地震や水害などで被災した熊本・大分の皆様の心の支援につながる企画を立案実施していきます。

※2020年7月28日以降のご寄付に関しては、2016年に発生した熊本地震に関する支援に加え、熊本・大分の地震や水害などで被災した皆様の支援にも使わせていただきます。
※活動報告、助成実績は適宜ご報告いたします。

#寄付は応援になる
#令和2年7月大雨災害

活動情報

更新日:2020/07/28

2016年4月14日の前震と、16日の本震で、
2回にわたり震度7を観測した熊本地震から4年がたとうとしています。

被害が大きかった地域でも、交通網や住宅などの復旧は確実に進んでいます。
けれど、さまざまな地域の被災の映像が流れるたびに、当時のことをフラッシュバックして不安を抱える子どもたちはまだまだ多く、だからこそ、これからは心の復興が大切だと考えます。

くまモン募金箱には、設置以来、
数え切れないほど多くの方から気持ちをお寄せいただき
本日時点で募金額の合計は約6.700万円にまで達しております。

皆様からお寄せいただいた気持ちを
最良の方法で子どもたちの心の復興に役立てていくべく、
熊本県、熊本県教育委員会、熊本市、熊本市教育委員会、
地元メディア等の協力のもと、被災地と連絡を密に取りながら
プロジェクトメンバー一丸となって行動し続けていきます。

特に私たちは、未来の熊本を背負って立つ子供たちが
地震のおかげでいいこともあった…… 。
そう思えるようにと昨年から取り組んでいる
「くまモン夢学校」をさらに積極的に実施していく計画を立てています。

今後とも「くまモン募金箱」および、その活用をする団体
「一般社団法人FOR KUMAMOTO PROJECT」
をよろしくお願い申し上げます。

まだまだこれからが、復興です。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
70,880,117
寄付人数
183,168
現在の継続寄付人数:313
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
  • つながる募金
    携帯電話利用料金のお支払いと一緒に寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

くまモン募金箱実行委員会

FOR KUMAMOTO PROJECT「くまモン募金箱実行委員会」は、平成28年熊本地震で被災された方の緊急支援と、復興のための長期的な支援に貢献していくために設立した任意団体です。皆様からのご支援に支えられ活動しています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト