IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アーティストと市民でつくる、311追悼と未来への集いを継続するために!

寄付受付開始日:2016/03/04

  • 領収書なし
[アーティストと市民でつくる、311追悼と未来への集いを継続するために!]の画像

311未来へのつどいピースオンアース

プロジェクト概要

更新日:2016/03/04

首都圏最大の“東日本震災追悼の野外音楽フェス”を、毎年3月11日に続けています。

こんにちは、「311未来へのつどい ピースオンアース」事務局長の鈴木幸一です。
311東日本大震災があった2011年の年末、歌手の加藤登紀子さんと一緒に、ミュージシャンの坂本龍一さんにお会いする機会があり、大震災の1周年の追悼の場が必要だと話したことがきっかけで始まったのが、毎年3月11日に追悼と未来への気持ちで集まるこの場づくりです。

Peace On Earth 2015の様子

最初の開催には準備期間が1カ月半ほどしかない中での無我夢中で、それ以降も311以来の激動の年々の中での開催でした。それでも、いやだからこそ回を重ね参加してくれるアーティストが増え、ボランティアや出展グループも膨らんでいきました。それは「追悼」という最初のテーマを超えた場の成長で、311震災からの年月にアーティストと集まる皆さんの双方が何か求めるエネルギーがあったのだと思います。

そして5年目を迎える今年の311日比谷ピースオンアースは、さすがに規模も若干縮小しての開催となります。やはり世の中に言われている、震災体験の「風化」が私たちのまわりでも実感するほどに進んでいて、その中で5年目なりの在り方を私たち自身が探しているのは正直なところです。

けれども、この場づくりをそう簡単に止めるわけにはいきません。
311東日本大震災という巨大な出来事の余波が、5年や6年で私たちの社会から消えてしまうことはないからです。
この場づくりがどこまでの役割で、何を求められているのか、まだ私にも分かりませんが、東北沿岸の被災地に行けば、福島の浜通りに行けば、まだスタートラインに立てていないような多くの土地があることを実感してしまう今は、たとえ集まる人が少々減ったとしても、準備に使えるお金が少なくなっても、「3月11日2時46分」にはせめて年に一度、誰もが震災の刻を想い集える場を用意しておこうと思うのです。

イベント詳細
「311未来へのつどいピースオンアース」

開催日時:2016年3月11日12日
開催場所:東京都立日比谷公園 噴水広場周辺
入場費用:無料 雨天開催
みなさまのご参加をお待ちしています。

過去の開催
*2015年実施
http://peaceonearth.jp/2015/
*2014年実施
http://peaceonearth.jp/2014/

寄付金の使いみち

3月11日を中心に日比谷公園で開催する「311未来へのつどいピースオンアース」の開催資金と、この場づくりの輪から生まれ育っている、東北被災地での若者たちのネットワーク「みちのくフェスティバル・ライン」への支援に使わせていただきます。また、太陽光発電を中心とした新しい自然エネルギー普及への活動にも、場づくりなどをとおしてチカラとさせていただきます。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
273,891
寄付人数
661
現在の継続寄付人数:2
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

311未来へのつどいピースオンアース
311東日本大震災の後の2011年の終わりに、事務局長を担う鈴木幸一と加藤登紀子さん、坂本龍一さんが相談するところから始まった震災の周年忌の追悼の場づくりです。年々の開催に賛同するアーティストが増え、参加する方々も増えてきました。
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

団体のプライバシーポリシー

  • 「アースガーデン」(以下、「当団体」といいます。)では寄付者様に当団体への寄付をして頂く際に、寄付者様の氏名、住所、電話番号、e-mailアドレスなどお取引やご連絡に必要な情報(以下「個人情報」といいます。)を開示していただくことがあります。当団体は、個人情報保護法の趣旨のもと、開示いただいた個人情報を本プライバシーポリシーに則って取り扱います。本プライバシーポリシーは、当団体が開示いただいた個人情報の取扱いに関する寄付者様と当団体との間のお約束です。

  • 1.個人情報の利用目的について

  • ① ご寄付金額の確認やその他のご寄付に関するご連絡(返礼品の発送および領収書等の送付を含みますが、これらに限られません。)のため※その際クレジットカード番号などのお支払情報を利用する場合があります。

  • ② 寄付者様に当団体の活動等のご案内をするため

  • ③ 当団体へのご要望・お問い合わせに対する回答を行うため

  • 2.個人情報の管理について

  • 当団体は以下の体制で個人情報を管理します。

  • ① 個人情報保護法やガイドラインに従って必要な体制を整備するとともに、個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限するなど、個人情報保護のための予防措置を講じます。

  • ② システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。

  • ③ サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時から一定期間経過後、個人情報は随時削除していきます。

  • 3.個人情報の開示について

  • 当団体は、寄付者様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

  • ① 法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

  • ② 法令に特別の規定がある場合

  • ③ 寄付者様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、ご本人の同意を得ることができない場合

  • ④ 法令や当団体のご利用規約・注意事項に反する行動から、当団体の権利、財産またはサービスを保護または防禦する必要があり、ご本人の同意を得ることができない場合

  • ⑤ 不正な目的を持って行われたと当団体が判断した寄付に関する情報をヤフー株式会社などの寄付プラットフォーム事業者に提供する場合

  • 4.開示のご請求について

  • 当団体は、寄付者様から個人情報の開示要求があった場合は、ご本人であることが確認できた場合に限り開示します。

  • 注:「本人確認の方法」ご本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、当団体宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、ご本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

    Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

    記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
    ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

    ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

    メルマガの配信登録/解除はこちら

    注目のプロジェクト