IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東北で漁業を誇れる職業に変え、減り続ける日本の漁師を増やしたい

寄付受付開始日:2016/03/03

  • 返礼品付き
  • 領収書なし
[東北で漁業を誇れる職業に変え、減り続ける日本の漁師を増やしたい]の画像

フィッシャーマン・ジャパン

プロジェクト概要

更新日:2016/03/03

漁業のイメージをカッコよく 若手漁師集団フィッシャーマン・ジャパン

突然ですが、みなさんは魚好きですか?

各所が調べた日本人が好きな食べ物ランキングを見ると、堂々第1位は「寿司」。「刺身」もたいてい上位に入っています。
また東北をはじめ、海辺の町では「海」「海産物」で町おこしがさかんに行われています。

日本は島国。海に囲まれた国ですから、それは当然のことかもしれません。

しかし、その海産物を海からとってくる、または海で育てている人たちがいることをみなさんご存知でしょうか?

みなさんが大好きな魚をとってくる「漁師」という職業の人は、日本で減り続けています。

平成5年に32万人いた漁師は、現在17万人に減っています。20年で半分になってしまったのです。
宮城県では震災以降、漁を継続できずに海を離れる漁師が後を断たず、廃業した漁師が3割に達しました。県内の漁師のうち39歳以下はわずか15%。担い手全体が減少の一途をたどる今、若い後継者の育成が急務となっています。

漁師という職業は、負のイメージをもつ「K」(きつい、きたない、稼げないなど)で表現されることも多く、最近では漁師の家でも親から子供へこんなことが語られます。

「漁師になんてなるな。勉強して役場職員にでもなれ。」

このままでは日本の漁師という仕事が、そして日本の魚が、漁村文化や魚食文化がなくなってしまいます。
わたしたちは震災を経験し、改めて自分たちの「食べ物をつくる仕事」が尊いものであることや、「世界三大漁場」と言われる豊かな三陸の海に生かされてきたことなどに気づきました。

「自分たちが誇りに思っている職業を、魚を、こどもたちに残したい」

まずは自分たちが、漁業のイメージをカッコよくて、稼げて、革新的な「新3K」に変え、次世代へと続く職業に変えていきたいという思いで立ち上がったのが、わたしたちフィッシャーマン・ジャパンです。

フィッシャーマン・ジャパン プロモーションビデオ

漁師の担い手を増やす「TRITON PROJECT」ってなに?

わたしたちは、深刻化する担い手不足を食い止めるべく、新しく漁師を目指す人を受け入れるための活動「TRITON PROJECT」を立ち上げました。

津波を免れた空家を改修し、宮城県女川町と同県石巻市十三浜に漁師が暮らせる漁師のシェアハウス「TRITON BASE」をつくりました。被災地の三陸沿岸部では、津波の影響もあり、外部からの移住者が住む場所がほとんどありません。県内外からの漁師希望者の受入れ体制を整えたのです。

新しい漁師が少しずつ増えています
TRITON SCHOOLでベテラン漁師さんに牡蠣剥きの方法を教わる生徒さん

また、TRITON BASEは「水産業とつながるきっかけの場所」としての機能も持っています。漁師を志す人の住居としてだけではなく、昨年は水産業に親しみをもってもらうための体験イベントの会場としても活用しました。

そして、今春には4つめのTRITON BASE「TRITON OSHIKA」が宮城県の牡鹿半島浜にオープンします。まだ未完成ですが、2階建てで、個室が3室、短期宿泊の出来る部屋があり、地域の方々も集まれるオープンスペース、としての機能を今後さらに充実させていきたいと思っています。

「TRITON PROJECT」ではこのような拠点を作っていくことで、浜での仕事・暮らし・コミュニティをそろえて、多くの方に漁業への興味をもってもらいたいと考えています。

このプロジェクトは始まったばかり。
昨年はプロジェクトを立ち上げ、実験的にイベントをいくつか行い、ようやく数名の漁師を受け入れ始めることができました。しかし、減り続けている日本の漁師や水産業従事者の課題解決には、情報の発信も、受け入れ体制の強化も、地域のチームづくりもまだまだ必要です。

これからさらに

・他県から漁業に興味がある人を受け入れる体制づくり
・水産業に特化した情報発信メディアの強化
・各浜にTRITON BASEを設置

を考えています。

そして最近、地元の高校生や大学生たちがわたしたちの活動に興味をもち、自主的に会いに来てくれるようになりました。
彼らこそこの地で生まれてここに根をはり、未来の地域の産業を支える最も重要な存在かもしれません。
高校生や大学生が水産業に関われる体制をつくり、水産業インターンシップを立ち上げるのもわたしたちと地元のみなさんの目標になっています。

島国日本の文化を支えてきたとも言える水産業界において、深刻な問題となっている「人手不足」。
漁師がいなくなれば、魚屋がいなくなれば、水産加工屋がいなくなれば、日本の食卓から「日本の魚」は消えてしまいます。
日本の漁業を守り、時代のニーズにあったカタチに進化させていく多種多様な人材が今まさに必要なのです。
そしてそれは、地元の人も、よそ者も、行政も民間も学校も、みんなを巻き込んで
この活動を継続していくためにも、皆さまのご支援をお待ちしております!

寄付金の使いみち

・他県から漁業に興味がある人を受け入れる体制づくり

・水産業に特化した情報発信メディアの強化

・各浜に漁師のシェアハウスTRITON BASEを設置

・地元の高校生や大学生との水産業インターンシップの立ち上げ

・TRITON PROJECTを運営していくための活動費やPR費

活動情報

更新日:2016/03/03

フィッシャーマン・ジャパンプロジェクト紹介

TRITON PROJECT ロゴマーク

- TRITON PROJECT -
水産業の未来をつくろう。一緒に。
新世代のフィッシャーマンを増やし、未来へ向かってこの国の水産業を変えていくプロジェクトです。海から始まる新しい冒険の物語に、あなたも参加しませんか。

働く。暮らす。 TRITON BASE
シェアハウスであり、みんなで水産業の未来をつくる場所。 新世代のフィッシャーマンたちのための「基地」です。

学ぶ。 TRITON SCHOOL
漁師を目指すあなたに最適。筑波大学、宮城県漁協、TRITON PROJECTがガッチリ手を組んで用意した「海の寺子屋」です。TRITON BASEに宿泊して様々な海の仕事を学びながら、フィッシャーマンになるために必要な技術を身につけることができます。

集う。 TRITON CAMP
漁師の世界に触れて、自分でさばいた美味しい海産物をお腹いっぱい味わおう。 誰でも参加できる漁師体験の入門編です。TRITON BASEへの宿泊もできます。

つなぐ TRITON CENTER
漁師になりたい人と漁師とのマッチングを行う「担い手センター」。 仕事だけでなく、暮らしの第一歩もしっかりサポートします。


- FISHERMAN JOB -
一口に水産業といってもその仕事の種類は多岐に渡ります。
仕事だけでなく共に働く人の人柄や、そこでの 暮らし、水産業の知られざる魅力を発信することにより、 単なる求人サイトにとどまらず、人に、職業に、地域に寄り 添いながら、これからの水産業に携わることを生業とする人を増やす架け橋になることを目指します。 きっと、職業だけでなく新しい土地、暮らし、コミュニティとの出逢いのきっかけになるでしょう。
水産業特化型求人サイト「FISHERMAN JOB」
https://job.fishermanjapan.com/

※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
1,019,333
目標金額
2,000,000
達成率50%
寄付人数
2,376
現在の継続寄付人数:5
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

フィッシャーマン・ジャパン
漁業のイメージをカッコよくて、稼げて、革新的な「新3K」に変え、次世代へと続く未来の水産業の形を提案していく若手漁師集団「一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン」。団体立ち上げの10年後、2024年までに三陸に多様な能力をもつ新しい職種「フィッシャーマン」を1000人増やすというビジョンを掲げ、新しい働き方の提案や業種を超えた関わりによって水産業に変革を起こすことを目指しています。
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

団体のプライバシーポリシー

  • 一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン(以下「当社」といいます)は、個人情報の大切さを深く認識し、その保護に取り組むことが、重要な責務であると考えています。当社はこのための基本方針を以下のとおり定めて公表し、当社での徹底を図るとともに、皆様の信頼を得られるよう、個人情報の保護に努めてまいります。

  • 1:当社は、個人情報保護に関する法令およびその他の規範を遵守します。
  • 2:当社は、取り扱う個人情報を厳正な管理の下で保管し、取扱う個人情報への不正アクセス・紛失・破壊・改ざんおよび漏洩などに対して、適切な予防およびに是正措置を実施します。
  • 3:当社は、個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムを定め、周知・徹底するほか、これを定期的に見直し、継続的に改善を行います。

  • <プライバシーポリシー>
  • 当社は、お客様の個人情報(各サービスのお申し込みなどで必要になる名前やメールアドレス、住所、電話番号など)を、下記のプライバシーポリシー(以下「当ポリシー」といいます)を遵守することによって保護につとめます。

  • 1. 当ポリシーが適用される範囲
  • 当ポリシーは、お客様が当社の提供するサービス(以下「本サービス」といいます)をご利用の際に適用されます。また、お客様が本サービスをご利用される際に当社がお預かりした個人情報は、当ポリシーに従って管理されます。

  • 2. 個人情報の収集について
  • 原則として、利用目的を明示し、かつ、お客様の同意をいただいた上でお客様より個人情報を収集いたします。また、サービスの一部に個人情報の入力が必須なものがございます。あらかじめご了承ください。

  • 3. 個人情報の管理について
  • 当社は、お客さまの個人情報の取扱いに際しては、管理責任者を置き、適切な管理を行うとともに、外部への流出防止に努めています。また外部からの不正なアクセス、または紛失、破壊、改ざん等の危険に対しては、適切かつ合理的なレベルの安全対策を行い、お客さまの個人情報の保護に努めています。

  • 4. 個人情報の利用目的について
  • 当社は、個人情報を収集する目的は次のとおりです。収集した個人情報をこれらの目的以外に利用することはしません。
  • 1:寄付に関するお問い合わせへの対応
  • 2:当社に関するお問い合わせへの対応
  • 3:当社の活動の向上および充実のための施策の実施(アンケート、マーケティング調査など)
  • 4:当社の活動のご案内や有用な情報のご提供
  • 5:その他これらに付随関連する業務を行うために必要な範囲内での利用

  • 5. 個人情報の共有と開示について
  • 当社は、お客さまの個人情報を、法律に基づき開示が義務づけられている等の特別の事情が無い限り、お客さま本人の事前の承諾なしに第三者に個人情報の開示・提供をいたしません。当社は、上記の利用目的以外に以下の場合に個人情報を開示することがあります。

  • 1:個人情報開示や共有について、お客さまに同意をいただいた場合。
  • 2:警察や裁判所等の公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合。
  • 3:本ウェブサイト上で、お客さまの行為が当社の利用規約や各ガイドライン等に反し、当社または第三者の権利、財産や本サービス等を保護するため、必要と認められた場合。
  • 4:人の生命、身体または財産等に対する差し迫った危険性があり、緊急の必要がある場合。
  • 6.参加チームへの委託について
  • お客様の個人情報は、情報処理等の目的で参加チームに委託することがあります。参加チームにつきましては、個人情報の管理水準が、当社が設定する安全対策水準以上である企業のみを選定し、適切に管理・監督を行います。

  • 7. 個人情報の保管について
  • 当社は、原則として利用目的に必要な範囲内で保存期間を定め、当該保存期間経過後または当該利用目的を達成した後は、個人情報を遅滞なく消去します。ただし、当社は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、保存期間経過後または利用目的達成後においても当該個人情報を消去しないことがあります。

  • 1:法令の規定に基づき、保存しなければならないとき。
  • 2:ご本人の同意があるとき。
  • 3:当社が本サービスの利用目的の範囲で個人情報を保存する場合で、個人情報を消去しないことについて相当な理由があるとき。
  • 4:前各号に掲げる場合のほか、個人情報を消去しないことについて特別の理由があるとき。

  • 8. プライバシーポリシーの改訂
  • 当ポリシーに重要な変更がある場合には、本サービスのウェブサイト上で告知します。その他の変更については、お客様ご自身が変更点に関しての最新の情報を、本サービスのウェブサイト上で随時確認されることを推奨致します。確認をされていなかったことに起因するトラブルに関しては、当社は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

  • 9. 個人情報の訂正または削除について
  • お客様からご提供いただいた個人情報に関して、訂正、削除または利用停止を要望される場合は、当社にご請求下さい。個人情報漏洩防止の観点から、当該ご請求がお客さまご本人によるものであることが確認できた場合に限り、合理的な期間内に、お客様の個人情報を訂正削除または利用停止致します。

  • 10. 個人情報の開示等について
  • 個人情報開示のご請求内容は、以下のとおりとさせていただきます。

  • 1:当社が保有している個人情報の利用目的の通知に関する請求
  • 2:当社が保有している個人情報の開示請求
  • 3:当社が保有している個人情報の内容の訂正、追加または削除に関する請求
  • 4:当社が保有している個人情報の利用停止または消去に関する請求
  • 5:当社が保有している個人情報の第三者提供の停止に関する請求

  • 11. お問い合わせ
  • 当社における個人情報保護に関してご質問、苦情等がありましたら、下記お問い合わせから承ります。

  • [個人情報に関するお問い合わせ]
  • 一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン
  • email : net@fishermanjapan.com

沖縄県、離島、山間部への配送について

  • 沖縄県への配送
  • 沖縄本島へのお届けについては、初夏~秋季前後に発生する台風をはじめとする天候・異常気象や天災・事故などの原因により、お届けまで日数をいただく場合がございます。
  • 離島、山間部への配送
  • 離島や山間部などごく一部お届けできない地域がございます。
  • それら地域への配送については、誠に申し訳ございませんが別途配送料金をご負担いただくか、品物の配送をお断りさせていただく場合がございます(配送をお断りさせていただいた場合も、寄付金の返金には応じかねますのであらかじめご了承ください)。
  • また、ご配送可能な場合も配送までお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 東京都:大島町/小笠原村/八丈島八丈町/三宅島三宅村/利島村/新島村/神津島村/御蔵島村/青ヶ島村
  • 静岡県:初島
  • 北海道:奥尻町/羽幌町焼尻・天売/利尻町/利尻富士町/礼文町
  • 宮城県:石巻市網地浜・鮎川浜金華山・ 田代浜・長渡浜/女川町出島・江島/気仙沼市大島/塩竈市浦戸
  • 山形県:酒田市飛島
  • 新潟県:粟島浦村・佐渡市
  • 滋賀県:沖島町沖島
  • 兵庫県:姫路市家島町/南あわじ市沼島
  • 島根県:海士町/隠岐の島町/知夫村/西ノ島町
  • 岡山県:浅口市犬島/笠岡市高島・白石島・北木島・真鍋島・小飛島・大飛島・六島/倉敷市松島・六口島・釜島/玉野市石島/備前市鹿久居島・大多府島・頭島・鴻島・鶴島・曽島
  • 広島県:大崎上島町/廿日市市宮島町/広島市南区似島町
  • 徳島県:伊島町 香川県 小豆島町/土庄町/直島町
  • 愛媛県:今治市上浦町・関前/上島町/松山市小浜・上怒和・熊田・神浦・津和地・長師・中島粟井・中島大浦・饒・ 野忽那・畑里・二神・宮野・睦月・元怒和・吉木
  • 福岡県:大島村
  • 長崎県:壱岐市/小値賀町/五島市/西海市崎戸町江島・大瀬戸町松島・崎戸町平島/佐世保市宇久町・黒島町・高島町/新上五島町/対馬市/長崎市伊王島町・池島町・高島町
  • 平戸市大島村・度島町/松浦市鷹島町・今福町飛島免・星鹿町青島免
  • 熊本県:御所浦町
  • 大分県:姫島村
  • 鹿児島県:天城町/奄美市/伊仙町/宇検村/喜界町/薩摩川内市鹿島町・上甑町・里町・下甑町/瀬戸内町/龍郷町/知名町/徳之島町/十島村/中種子町/長島町獅子島/西之表市/三島村/南種子町/屋久島町/大和村/与論町/和泊町
  • 沖縄県:粟国村/伊江村/石垣市/伊是名村/伊平屋村/伊良部町/北大東村/久米島町/座間味村/竹富町/多良間村/渡嘉敷村/渡名喜村/南大東村/宮古島市/与那国町
  • ※上記以外にも離島、山間部への配送に該当する場合がございます。
  • 追加配送料金は、品物の内容・配送エリアによって異なります。
  • 追加配送料金が必要な場合には、品物配送前にプロジェクトオーナーよりお電話にてご連絡させていただきます。
  • 追加配送料金などのご連絡は、配送予定日前後になる場合がございます。
  • 追加配送料金のお支払いの際の手数料等はお客様のご負担となります。
  • お届け日・お届け時間のご指定はお承りいたしておりません。
  • 空港、船舶港などの荷受け先等への配送はいたしかねます。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト