2008年~北海道初の保護猫カフェで北の猫たちを救いたい!

寄付受付開始日:2016/01/25

  • 領収書なし
[2008年~北海道初の保護猫カフェで北の猫たちを救いたい!]の画像
当施設にはさまざまな事情を抱えて来た猫たちが新しい飼い主さんとの出会いを待っています。

猫たちを守る十勝wishの会

プロジェクト概要

更新日:2023/12/28

譲渡された約1,000匹以上の猫たちが幸せな猫生を送っています。

飼い主に捨てられたり、過酷な環境の中生きている野良猫や保健所で殺処分されてしまう猫たちに心を痛めていた代表が「一匹でも多くの猫たちに生きる希望(Wish)を与えたい」という思いから、2008年12月、北海道では初めての保護猫カフェ『Cat Café Wish』をスタートしました。
その後、たくさんのボランティアの皆さまに助けられ、SNSを通じて全国の皆さまからも応援していただいています。

在籍している猫たちは、店舗向かいにある帯広保健所からの引き取りや、さまざまな事情で当会にきた飼い主のいない子たちばかりです。
Wishはそんな猫たちと新しい飼い主さんとの出会いの場を提供している「保護施設」です。
生まれつき体に障害や持病のある猫、FIVキャリア猫や人慣れせず長く在籍している猫もたくさんいますが、どんな猫でも平等にスタッフが一丸となりケア・管理に努めています。

帯広保健所からの引き取りは健康状態の悪い子・障害があったりけがをしている子がほとんどです。
骨と皮だけだった子も、支援物資でいただいた療法食を食べ、通院を重ね、劇的に回復しました。現在は新しい飼い主さんの元で元気に暮らしています。
Yahoo!ネット募金でいただいたご寄付は主にフード・猫砂の購入にあてさせていただいています。

寄付金の使いみち

当会で保護している猫たちのフード代、トイレ砂、ワクチンや薬、不妊手術などの医療費に使用させていただくほか、動物の適正飼育の啓発(パンフレット印刷など)のために使用させていただきます。

#猫の日

活動情報

更新日:2023/12/28

行政や他の保護団体と連携を取りながら不幸な猫を一匹でも減らすよう活動を続けています。

日々の業務としては施設内の清掃消毒、猫のケア、通院、猫カフェの運営です。
それと平行して猫に関する相談窓口となりあらゆる相談に対応しています。
捕獲器のレンタル、捕獲のお手伝いに出向くこともあります。
猫の飼い主探しのお手伝いや仲介も行っており、週末に譲渡会を開催し個人保護主さんや他の保護団体さんに参加していただいています。

資金捻出のため「保護猫チャリティーバザー」を札幌駅地下歩行空間や各地のイベントに出店し、動物愛護と適正飼育の啓発についてもパンフレット配布やパネルの掲示を行っています。

動物愛護週間イベントでは適正飼育についての啓蒙(けいもう)とパネル展示を行っています。
支援だけに頼らず、資金捻出のため保護猫チャリティーバザーやイベントなどに出店しています。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
8,467,751
寄付人数
21,782
現在の継続寄付人数:65
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • Vポイント
    Vポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

[猫たちを守る十勝wishの会]の画像
猫たちを守る十勝wishの会

はじめまして、一般社団法人猫たちを守る十勝Wishの会です。北海道十勝・帯広市で保護猫カフェ『Cat Café Wish』を運営しながら不幸な猫ゼロを目指し、動物愛護と適正飼育の啓発を行っています。どうぞ応援をよろしくお願いいたします。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  • Facebookでシェアする
  • X(旧Twitter)でシェアする

注目のプロジェクト