• カンボジアの子どもたち

10月31日はハロウィーン(Halloween)

ハロウィーンの主役といえばジャック・オー・ランタンこと「かぼちゃ」。この「かぼちゃ」という名前、実は「カンボジア」に由来しています。
さかのぼること、天文年間(1532~55年)、ポルトガル人がカンボジアの産物として日本に伝えたことから、当初「かぼちゃ瓜」と呼ばれるようになり、後に「瓜」がとれて「かぼちゃ」と呼ばれるようになりました。

「かぼちゃ」の由来はカンボジア!?

カンボジアの子どもたちが健やかに成長できるよう、おいしい食事を提供

国境なき子どもたち(KnK)がカンボジアで教育支援を開始したのが2000年。当時は内戦から徐々に復興へと向かう中、孤児になった子どもたちや路上生活を送る子どもたちなど、カンボジア社会で「弱い」立場にある存在への支援が求められていました。

私たちKnKは、支援が手薄な10代後半の青少年が、安全な生活環境の中、「教育」を通じてより良い将来を手に入れ歩み出せるよう、自立支援施設「若者の家」を運営してきました。

カンボジアの自立支援施設「若者の家」で暮らす子どもたち

事業開始から17年がたち、現在のカンボジアは、目覚ましい経済成長を遂げています。一方で、都市部と農村部の経済格差は広がっており、「若者の家」を必要とする子どもたちの数はそれほど減っていません。
現在も22人前後の青少年(男女)が共同生活をおくっています。

食べ盛りの彼らの一日の食費は、一人当たりおよそ1ドル(約113円)です。
ハロウィーンを楽しみながら、「若者の家」の子どもたちがおいしい食事をとって元気に成長できるよう、ぜひご支援をよろしくお願いします。

カンボジアのバッタンバンにある「若者の家」
10代の彼らは食べ盛り!

寄付金の使いみち

集まった募金は、カンボジアの自立支援施設「若者の家」で暮らす子どもたちの食費を始めとする運営費に充当させていただきます。

【関連サイト(公式ホームページ)】
ハッピー! ハロウィーン for カンボジア【キャンペーン】