IDでもっと便利に新規取得

ログイン

寄付の受付は終了しました。
合計で387,455円のご支援をいただきました。多くのご支援、ありがとうございました。

【熊本地震・緊急支援】
被災した子ども(主に受験生)の教育支援を行います

寄付受付開始日:2016/05/12

  • 領収書あり
[【熊本地震・緊急支援】 被災した子ども(主に受験生)の教育支援を行います]の画像
子どもたち(主に受験生)に学習塾や予備校等で利用できる学校外教育バウチャー(クーポン)を提供し、学習や進学をサポートします。

公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン

プロジェクト概要

更新日:2016/05/12

熊本地震で被災した受験生を中心に学習・進学を支援します。

公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)は、今回の熊本地震で被災した子どもたちへの緊急支援として、現在も不安の中にあると思われる中学3年生・高校3年生の受験生を中心に学習塾や予備校などで利用できる学校外教育バウチャー(クーポン)を提供し、学習や進学をサポートします。

【参考:熊本地震で被災した子どもたちの推計人数】熊本県災害対策本部が発表した被災状況や被災地の人口統計などから推計したところ、住家全壊被害を受けた小1生~高3生の人数は約480名程度と試算しています。

◆被災によって子どもたちの学びの機会が制限される危険性があります。

熊本地震の影響で、多くの学校が休校を余儀なくされていましたが、今週には熊本県内のすべての学校が再開される見通しとなりました(5/9時点)。

しかしながら、CFCとしては、これまでの東日本大震災での支援の経験や、被災家庭や子どもに対して実施した調査の結果から、今後学校が再開されたその先には、想定を超える震災により生み出される経済的な困難(住家被害や親の失業等)によって、子どもたちの学校外での学びの機会が制限される可能性が高いと考えています。

また、今後被災地の子どもたちは震災による経済的困難に加え、休校中の学習進度を取り戻すことに労力を要すること、生活環境の変化(避難所での生活や仮設住宅での生活など)により十分な学習環境を確保することが難しくなることが予測されます。特に、今年度高校・大学受験を迎える子どもたちにとっては、被災による経済的困難によって塾や予備校での学習機会を得られない事態は、進学において非常に大きなハンデとなるため、支援が必要です。

【参考:日本の教育格差】日本では、家庭の教育支出の中でも、学校外教育(学習塾や習い事など)の負担割合が高く、教育機会が家庭の所得に左右されやすくなっています。東日本大震災の被災児童を対象にした当法人の調査でもこの傾向が明らかになっています。

◆思いをともにする団体と連携して、学校外教育バウチャーを提供します。

CFCは、学習塾や予備校等などで利用できるバウチャーを被災した受験生などに提供することで、学習・進学をサポートしたいと考えています。現在、子どもたちを支えるために、一刻も早く他団体との協力・連携体制を構築するなど、全力で準備を進めています。

初動としての第一段階の事業としては、約40人の子どもたちに10万円のバウチャーを提供したいと考えています。このためには、バウチャー発行に関わる事業費や運営費も含めて500万円が必要と考えています。

【参考:「学校外教育バウチャー」とは】学習塾や予備校、習い事などで利用できるクーポンです。現金給付と違い、使途を教育に限定できるため、子どもたちに確実に教育機会を提供できます。子どもたちは自分の受けたい教育サービスをリクエストできます。

熊本地震で被災した子どもたちのために、皆様の温かいご支援をお願いいたします。

チャンス・フォー・チルドレンの活動の詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
http://cfc.or.jp/

寄付金の使いみち

【寄付金使途】

80%以上を学校外教育バウチャー費、残り約20%をその他事業費(バウチャー利用者募集費、発行費など)に充当します。

※ヤフー募金の手数料を差し引いた金額の割合です。

※1人当たり10万円のバウチャーを給付します。

※バウチャー有効期限時点で未使用のバウチャーは、大規模災害被災地バウチャー資金として指定正味財産に繰入れ、今後の災害に備えるものとします。

活動情報

更新日:2016/07/27

ご支援のお礼と活動の進捗(しんちょく)について

この度は、熊本地震で被災した子どもたちの学びの機会を支えていただき、心から感謝申し上げます。当法人では、4月の震災発生後よりご寄付の受付を開始いたしましたが、この度、寄付の受付を締め切りましたので、ご支援いただいた皆様にご報告させていただきます。

4月末より開始した熊本支援プロジェクトですが、皆さまのご協力のおかげで、目標としていた500万円に到達することができました。この度ご支援くださった皆さまには、改めて心から感謝申し上げます。

現在、被災した中学3年、高校3年の受験生を対象として学校外教育バウチャー利用者を募集しています。地域の教育委員会の皆様や地元の教育事業者さまにもご協力いただきながら、サポートが必要な子どもたちへの周知を進め、たくさんの被災した子どもたちから応募・問い合わせをいただいています(バウチャーの提供は7月末、8月末の2回に分けての実施を予定しております)。

子どもたちのもとに届ける学校外教育バウチャー

▼ご参考:熊本地震で被災した子どもたちを対象とした学校外教育バウチャー利用者募集について
http://cfc.or.jp/archives/news/2016/05/26/15782/

このたび、本プロジェクトに共感し、ご寄付してくださった皆さま、SNSなどで情報の拡散にご協力くださった皆さまには、改めて感謝申しあげます。いただいたご寄付は、大切に熊本地震で被災した子どもたちに届けさせていただきます。

公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン
代表理事 今井 悠介

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
387,455
寄付人数
992

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン
はじめまして、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン代表の今井と申します。一人でも多くの子どもたちに学びの機会を届けるため、どうぞ応援をよろしくお願いいたします。
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト