• 平穏だった学校での日々、村の生活が一日も早く戻りますように。

ベンガル人が主要民族の西ベンガル州にあるダージリンは、茶農園労働者として植民地時代にネパールから連れてこられたネパール系住民が多く、自治州「グルカランド」の独立に向けてこれまでもたびたびデモや衝突が繰り返されてきました。
今年6月に西ベンガル州政府がダージリンのネパール民族に対して公用語であるベンガル語習得を強制したことから勃発した紛争は、3カ月も続き、街はストで全機能が止まりました。インターネットも不通となり情報が入らない不安に陥りました。
反対する一部市民は暴徒化し、暴力や放火が横行、人々は外に出ることもできず、さらには収入の道も閉ざされました。9月下旬、政府が学校でのベンガル語習得を強制することをやめたことで衝突は休止となり、人々は元の暮らしを取り戻しつつありますが、空白の3カ月が生活に与えた打撃は計り知れません。

美しい紅茶農園が3カ月放置されツタが絡み虫がつき、枝も伸び、今年の秋の茶摘みは厳しいという。
平穏な日々がやっと戻ってきたが、仕事がなかった期間が長かったため人々は日々のお米すら買うことが難しい。

紅茶農園では摘み取りができず、労働者たちは長期間収入の道を絶たれていたため、毎日のお米を買うことすらできません。
私たちESAが支援する学校の子どもたちも家を焼かれる被害が出ました。
トラウマから精神的に不安定になっている子が多数いて、先生たちはその対応に追われています。

定職がなく日雇いで働く人々が多く、闘争期間のストライキが生活に大きな打撃を与え、困窮をきわめている
子どもたちの中には家が焼かれた家庭もあり、長期間の暴力と恐怖が子どもたちの心に大きな傷となって残っている。こんな笑顔に戻れるように今、支援が必要です。

お金もない、仕事もない、食べるものもない、こんな状況のダージリンの親たち、子どもたちの救済のためにお力をお貸しください。一日も早く子どもたちが学校に戻れるように緊急支援をお願いします。

寄付金の使いみち

皆さまからのご支援は、この夏に起きたインド・ダージリンの闘争で被害を受けた紅茶農園や極貧の村の人々への緊急支援(食料・生活・教育支援)に活用いたします。

<内容> ベンガル人が主要民族である西ベンガル州にあるダージリンは、茶農園労働者として植民地時代にネパールから連れてこられたネパール系住民が多く、自治州「グルカランド」の独立に向けてこれまでもたびたびデモや衝突が繰り返されてきました。

今年6月に西ベンガル州政府がダージリンのネパール民族に対して公用語であるベンガル語習得を強制したことから勃発した紛争は、3カ月も続き街はストとなり全機能が止まりました。インターネットもシャットアウトされ、市民は暴徒化し、暴力や放火が横行、人々は外に出ることもできず、さらには仕事を奪われました。9月下旬、政府がベンガル語に統一することをやめたことで衝突は休止となり、人々は元の暮らしを取り戻しつつありますが、空白の3カ月が生活に与えた打撃は計り知れません。

お金もない、仕事もない、食べるものもない、こんな状況のダージリンの親たち、子どもたちの救済のためにお力をお貸しください。一日も早く子どもたちが学校に戻れるように緊急支援をお願いします。

<費用>
Yahoo!ネット募金で50万円を目標額にしています。