IDでもっと便利に新規取得

ログイン

神戸地域のための基金
(愛称:おたがいさま基金)

寄付受付開始日:2016/10/17

  • 領収書なし
[神戸地域のための基金 (愛称:おたがいさま基金)]の画像
阪神・淡路大震災で体感した支え合い、助け合いから学んだ、共助・互助を社会化させる仕組み

認定NPO法人 しみん基金・KOBE

プロジェクト概要

更新日:2019/05/28

神戸地域を愛する方! 古着・古本、身近なもので寄付が可能です。

当基金は阪神・淡路大震災で体感した支え合い、助け合いのすばらしさを大切にしながら、地域に根ざし、次世代を担う若者と手を携えながら、草の根の活動を広げることをモットーにし、市民活動を支援しています。

神戸地域を愛する市民・企業市民からのご寄付を、公開審査会の開催を通じて市民活動団体に助成しています。
普通のご寄付以外に、以下のような多彩な寄付メニューがあります。

古着・古本集めています

古着のご提供による寄付
古本のご提供による寄付

寄付つき商品

神戸で長年愛される洋菓子店ボックサンの寄付つきお菓子ならびにウェスティンホテル淡路で販売しているホテルオリジナルマスコットラスティンの寄付つきグッズのご購入

おうちに眠る使わないモノでご寄付いただけます

使わなくなったモノでご寄付いただける”モノでキフ”

地震に備える耐震補強での寄付やレストランでの食事でもご寄付いただけます

地震に備えた耐震補強でご寄付いただける仕組み
レストランで食事をして寄付

公開審査会の様子

寄付金の使いみち

みなさまからのご寄付は、当基金公開審査会を通じて決定した阪神淡路大震災被災地地域での市民活動団体への助成金として使われます。
助成金は、当基金が毎年10月に公開の審査会を実施し、外部審査員による公開投票を経て、決定した団体に助成しています。

活動情報の詳細は公式ホームページ 助成事業の実績をご確認ください。

活動情報

更新日:2019/05/28

2018年度助成先取材レポート

2018年2月24日(土)神戸市長田区の鷹取にある、「たかとりコミュニティセンター」において、ひょうごラテンコミュニティ代表のロクサナさんとお会いしました。

ロクサナさんは、現在、同団体の代表を務めておられますが、スペイン語話者の居住者からの相談にのることや、コミュニティー向けの雑誌記事の執筆やとりまとめ、イベントの企画運営だけでなく、各地での講演も務めておられます。

インタビューには終始、流ちょうな日本語で対応してくださったロクサナさんですが、実は、日本で生活し始めた時には、日本語や文化に慣れていくことに非常に苦労され、現在の団体が前身の体制だった時代には、相談窓口の利用者として毎日のようにセンターに通っておられたそうです。

特にお子さんの学校生活に関わることについて、また、非常時どのように行動したらよいのかなどは、母国との制度や意識の違いに戸惑い、理解することにも時間がかかったとのことでした。
毎日のように相談対応をしてもらっているうちに、他の相談者の内容は将来の自分にも当てはまる内容であることに気付いたそうです。

そこで、センターと相談者の間をつなぐ言語補助・通訳スタッフとして手伝うようになり、それがきっかけとなり、今の活動に続く縁が広がっていったということでした。

ひょうごラテンコミュニティのメンバー

土曜日に開催しているスペイン語圏出身の子どもたちのための母語教室では、数人ずつのグループに分かれ、それぞれ先生のレクチャーを受けながら課題を進めている姿を見ることができました。教室の外ではお母さん方が集まり、お話をされていました。

昨年のクリスマスに行われたイベントは、スペイン語圏の子どもたちだけでなく、地域の子どもたちも自由に参加できるものであり、相互交流を図りながら、ラテン文化を共有する試みがなされたそうです。

イベントの中で防災を絡めた企画を行ったそうですが、まだ全てを自ら判断して行動することが難しい子どもたちを守る立場であるはずの親たちが、災害や非常時の状況を理解して次の行動を決めていくことに不安を感じていることがわかったそうです。
これはロクサナさんたちにとっても新たな発見であり、この課題を解決できるように今後の活動を展開していきたいとのことでした。

イベントを通して新たな課題を見つけられ、今後の展開を考えるきっかけになったということは、そこに住む人たちが生きやすいまちづくりに、より一層貢献されていかれるのだろうと感じました。

スペイン語母語教室の様子
スペイン語母語教室の様子

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
209,774
目標金額
500,000
達成率41%
寄付人数
1,800
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

認定NPO法人 しみん基金・KOBE

「しみん基金・KOBE」は阪神淡路大震災をきっかけに設立したコミュニティー・ファンドで、被災地を中心に活動する草の根市民活動に対する支援を通じて、震災に学んだ「市民主役の市民社会形成」を目指しています。

その目的を達成するべく市民活動に助成を行い、またそのための募金活動、関連の講演会・イベントetc.を企画運営しています。助けあう社会、支えあう心が「しみん基金」の願いです。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト