IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子どもたちの放課後を救え!募金

寄付受付開始日:2015/09/30

  • 領収書なし
[子どもたちの放課後を救え!募金]の画像
学校で、友達とたのしく過ごす放課後を「アフタースクール」で!

放課後NPOアフタースクール

プロジェクト概要

更新日:2015/09/18

昨年、子どもの連れ去り事件は9年ぶりに年間100件を越え、その多くが放課後(14時〜18時)の時間に起こっています。
自由でのびのびと遊べる放課後はもう過去のものであり、周りの公園からは子どもたちの姿が消え、「時間」「空間」「仲間」の3つの間が失われました。
保護者は共働きが増え、「小1の壁」と呼ばれる大きな課題があります。
子どもたちにとっても、保護者にとっても日本の子どもたちの放課後はとても窮屈なものになっているのです。

そこで、放課後NPOアフタースクールは「アフタースクール」という、学校施設を活用とした“安全安心な預かり”と“多様な体験”ができるインフラ作りを行っています。アメリカではこのアフタースクールが小学生の子育てを支える社会のインフラとして機能しています。
地域の方々の力を借りて、市民先生によるプログラムを毎日実施します。

大工の棟梁と一緒に家を建てたり、料理が得意な主婦の方とレストランを開いたり、思い切りスポーツをしたり…毎日学校で、友達といろんな体験ができる。これがアフタースクールです。
「社会全体で子どもたちを育てる」ことが子どもたちの元気になり、大人も社会も元気にもなると私たちは信じています。私たちは、厳しい状況にある地域や、ハンディキャップを持った子どもたちにもそんな場所と時間を作っていきたいと活動を展開しています。

寄付金の使いみち

市民先生のご協力により、多様な体験を子どもたちへ
放課後NPOアフタースクールでは、できる限り多くの子に多様な体験を届けるためアフタースクールへの参加費は可能な限り抑えたいと考えております。

皆様からの会費を以下に使用させていただき、それを実現させていきたいと考えています。

・アフタースクール新規開校時の準備資金

・市民先生への謝礼

・プログラム材料

・コーディネーター謝礼

※集まった資金は、障害のある子どもたちや、厳しい状況に置かれている子どもたちへの支援、アフタースクールの運営資金や開校資金、プログラムの活動資金として使わせていただきます。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
274,865
目標金額
1,000,000
達成率27%
寄付人数
1,335
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

放課後NPOアフタースクール

私たちは、小学生の放課後にアフタースクールを作り、日本の社会インフラにすることを目指しています。「アフタースクール」は、さまざまな体験ができる学童保育を、放課後の小学校で行うしくみです。学校の校舎にある様々な施設を活用し、地域の「市民先生」に支えられながら、子どもたちは毎日多様な活動にチャレンジします。
アメリカではアフタースクールが多くの小学校に存在し、子どもたちの放課後を支えるインフラとして機能しています。
安全で豊かな放課後を子どもたちに届けるために私たちは「社会で子どもを育てる」アフタースクールを作り続けます!

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト