IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍の子どもたちへ
「絵本」のプレゼントを届けたい!

寄付受付開始日:2020/11/18

  • 領収書なし
[コロナ禍の子どもたちへ 「絵本」のプレゼントを届けたい!]の画像
コロナ禍の子どもたちへ全国のサンタクロースが絵本を届けます

NPO法人チャリティーサンタ

プロジェクト概要

更新日:2020/12/24

全国の子ども食堂・支援団体と連携して、子どもたちにクリスマスプレゼントの絵本を届けます。
コロナ禍の子どもたちに、全国のサンタクロースから絵本を届けませんか?

こんにちは! NPO法人チャリティーサンタです。

私たちは「あなたも誰かのサンタクロース」を合言葉に、子どものために大人が手を取り合う社会を築くことを目指して日々活動しています。

新型コロナウイルスの影響によって、我慢の多い1年を過ごしてきた子どもたち。
1年の終わりにやってくるクリスマスは暖かな家庭で笑顔で過ごしてほしい。
子どもたちに笑顔のクリスマスを過ごしてもらうことは、私たちの活動当初からの願いです。

まずは食べることが優先。プレゼントを買う余裕はない。

チャリティーサンタでは、子ども食堂などを運営する全国の団体と連携し、困窮家庭の子どもたちに絵本を届ける活動をしています。

ブックサンタ2020の詳細はこちら

そこから見えてきたのは、「コロナ禍」の切実な現状でした。

「日々、食べることも満足にはできなくて、子どもたちには我慢ばかりさせている。絵本やおもちゃを買ってあげたいと思っても、まずは食べること。申し訳ない気持ちでいっぱい」

これは、子ども食堂を利用する、ある親御さんの声です。

絵本は高級品で、とても手が出せない。

子どもたちは絵本が大好きですが、買うとなると1,000円以上はする高級品。
私たちと活動を連携する団体からは、

「子ども食堂では、食料支援が優先となってしまう中、子どもが直接喜ぶ絵本などの支援までは手が届かない」

との声があがります。

絵本の寄付を求める団体の数は2020年だけで既に100件以上、そこに通う子どもたちの数は概算で5,000人以上にのぼります。

寄付された絵本を読む子どもたち

一人ひとりが、できることを持ち寄って。

私たちの元には、ブックサンタプロジェクトを通して多くの絵本が集まりますが、全ての家庭に絵本を届けるためのマンパワーが足りません。そこで、子ども食堂のクリスマス会でプレゼントしたり、フードパントリーに絵本を入れて届けるなど、支援団体の皆さんの努力と工夫によって、より多くの子どもたちに絵本を届ける道筋が出来上がりつつあります。

子どもたちの笑顔を願って、たくさんの絵本の寄付が寄せられます

今回のヤフーネット募金では、主に集まった絵本を各支援団体に届けるための費用を募っています。

また、絵本の追加購入及び、絵本の寄付先となる団体へ本プロジェクトを周知するための活動費にも充させていただき、1人でも多くの子どもたちへ絵本が届くための体制を整える資金とします。

あなたも誰かのサンタクロース

この募金によって「集まった絵本」を「子どもたちに届けられる人」に届けることができます。「絵本によって、君に笑顔になってもらいたい」と願う社会の、思いの点と点をつないで一本の線にする募金です。
あなたもサンタクロースの一員となって、絵本のプレゼントを届けるために力を貸してくれませんか?

クリスマスに子どもたちに絵本を!

寄付金の使いみち

今回集まったご寄付に関しては
・絵本を求めている団体への配送費用
・絵本の購入費用
・支援団体へ情報を届けるための周知活動費用
に、使用させていただきます。
※本ページにて実施費用をこえて集まった寄付については、ルドルフ基金として、次年度以降の経済不安を抱えた家庭の子どもたちの支援に充てさせていただきます。

届ける絵本の支援をご希望の方はこちらをご参照ください。
・ブックサンタ2020の詳細はこちら
・ブックサンタ2020クラウドファンディングサイトの詳細はこちら

2020年11月現在、100件をこえる子ども食堂・子ども支援団体から絵本の寄贈を求める声が届いております。

活動情報

更新日:2020/12/24

一足早くお届けした団体から、お礼の声が届きました!

-------------------------
ブックサンタありがとうございました。昨日12月23日は子ども食堂の日でした。現在はコロナ禍でお弁当の配布をしています。クリスマス風のお弁当にしました。
午後5時過ぎからぼつぼつと子どもたちがやってきます。「今日はプレゼントがあるよ」と声をかけると子どもたちの目は輝き始めます。たくさんの本の中から「この絵本はこの子に、あの絵本はあの子に」と選ぶのも楽しみでした。一人一人に手渡すと、「わー! 絵本や。これ保育園にもあるよ」と自分の絵本になったことをうれしくおもっているようでした。高学年の子は久しぶりに見る絵本で「読んでみます」ととてもまじめな言葉でした。
絵本は大人になっても楽しいものです。心が癒やされます。
ブックサンタの活動が来年も子ども食堂おひさまに届くことを祈っております。(子ども食堂おひさま様)

-------------------------

フードパントリー開催時に、クリスマスプレゼントとして手渡しました。間に合わせて送っていただきありがとうございました。どれも良い本を選んでいただいていることがわかりました。
事前に保育士が申し込みの子どもの年齢に合わせて、絵本を選択し、1冊づつ子どもに手渡ししました。パントリー参加者がチャリティーサンタ申し込み時より増加し、1世帯に1冊のみの配布となりましたが、双子ちゃんには、それぞれ1冊づつ渡しました。
「新品の本!」と喜ぶ子どもや、嬉しそうに、絵本の表紙をなでて「へ~!!」と思わず声がでる子ども、「帰ってから読もうね」と子どもに語りかける親などほほえましい姿をたくさん見ることができて、スタッフ一同大変嬉しく思いました。
今年は、経済的に厳しい環境にいる子育て世帯に子ども食堂に代わりフードパントリーやお弁当配布を行いましたが、直接子どもたちにプレゼントは今回が初めてで大変喜ばれました。
ありがとうございました。(NPO法人ワーカーズコレクティブ様)

-------------------------

今回は絵本の提供ありがとうございました
子どもたちが数ある絵本から悩むに悩んで、手に取り大変嬉しそうでした!
これみたことなーい、これもってなーい、これはこうゆうお話だよって楽しい会話が聞こえてきました!
みんな絵本がすきなんだなと改めて感じました!
親御さんも絵本はなかなか高くて借りるばかりで買ってあげれないので大変嬉しいと涙ぐまれていました!(子ども食堂ひまわり様)

-------------------------

フードパントリーのイベントとして子育て世帯向けに行った『クリスマス抽選会』の品物として頂いた本をお渡しいたしました。
新品のきれいな表紙を見て、わぁぁ!! と大喜びしてくれた子や、受け取った本をカバンにしまわずに大事に大事に抱きしめて帰った子もいました。

何より、おうちで留守番している子どものためにと本を選んでいたお母さん方の、熱心で、嬉しくて、でもちょっぴり泣きそうな表情に胸を打たれました。

その姿を見て、ブックサンタ活動に関わる皆さまの思いが、子どもたちやそのご家族にきちんと届いたのだなと感じました。
-------------------------

その他の活動報告、参加された方からの感想は、公式ホームページにて随時更新してまいります。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
1,628,648
寄付人数
3,389

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

NPO法人チャリティーサンタ

NPO法人チャリティーサンタは、「サンタを待つ子ども」と「サンタになる大人」をつなぐ活動を行っている団体です。2008年から2019年までに累計16,865人がサンタになり、37,043人の子どもへ届けてきました。2020年現在、多くの方に支えられ、全国27都道府県、39支部で活動しています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト