IDでもっと便利に新規取得

ログイン

動物福祉向上のために適切な知識を広め
命が棄てられることのない社会を目指して

寄付受付開始日:2022/06/17

  • 領収書なし
[動物福祉向上のために適切な知識を広め 命が棄てられることのない社会を目指して]の画像
協会で保護した犬は、愛情をもってお世話しています。

認定NPO法人日本レスキュー協会

プロジェクト概要

更新日:2022/06/17

行き場のない犬たちを保護し、適切なトレーニングやケアを行い、新しい未来につなぐ活動を応援してください。

日本レスキュー協会は動物福祉向上のための活動を行っています。私たちがこれまでの活動で保護した犬たちの中には、迷子や野良犬の他、飼い主のやむを得ない事情で飼えなくなった犬、そして身勝手な飼い主により飼育放棄、遺棄された犬たちも多くいました。この背景には、ペットショップで子犬や子猫の生体販売が行われ、命を安易に購入できるという仕組みがあります。

動物を飼うには、健康管理やトレーニング、ケアの知識が必要ですし、将来、病気の治療や介護が必要になる可能性を考慮しておかなければなりません。このような知識や覚悟もなく安易に購入し、適切なトレーニングがされずに「ほえる・かむなどの問題行動を起こす」、病気になったり高齢になったりしたときに「介護や治療に費用が掛かる」といった理由で無責任に棄てられる命が後を絶ちません。

そのような行き場を失った犬や猫たちは、行政機関などに収容され、殺処分の対象となってしまいます。

遺棄され行政機関に収容された犬。皮膚の状態が悪く高齢。

日本レスキュー協会では、このような課題に対し、主に次のような活動を行っています。
1.行き場をなくした犬たちを保護し、適切なトレーニングやケアを行い、新しい家族を探す活動
2.棄てられる命や手放される命を減らすために、一般の方に適切な知識を持ってもらう啓発活動

1.行き場のない犬たちに、新しい出会いを
日本レスキュー協会では、さまざまな理由で行き場をなくした犬たちを保護し、適切な飼養管理を行い、新しい家族へ譲渡する活動を行っています。

山あいで保護された犬。人に対して極度に怖がる様子が見られました。

これまでに保護した犬の中には、人を怖がる犬、過去の経験から人に対する攻撃性を持つ犬、高齢で持病のある犬、皮膚病で皮膚や毛の状態が悪い犬なども多くいました。

そのような犬たちに対し、動物病院での治療とともに、適切なケアやトレーニングを行い、新しい家族のもとへ譲渡しました。

皮膚に疾患のある犬にはこまめなシャンプーケアが欠かせません。

今後も、行き場のない犬たちを保護し、新しい家族を探す活動を続けていきます。

約1,500円あれば、中型犬一頭のフィラリア、ノミ・ダニ予防薬を購入できます。
約7,000円あれば、中型犬一頭のフードをひと月分購入できます。
約20,000円あれば、保護した犬の初期医療費を賄うことができます。

2.飼い主をはじめとする一般の方へ適切な知識を
動物を飼うということは、飼い主としてその命に最期まで責任を持つということ。絶対に手放すことのないように覚悟をして飼わなければなりません。そのためには、適切に飼育するための十分な知識を飼い主が持つ必要があります。

また、動物を飼っていない多くの方にも、動物を取り巻く社会の課題を知ってもらい、それぞれができることを考えてもらいたいと思っています。

日本レスキュー協会では、次のような啓発活動を行っています。
●小学生や中学生を対象とした、命の大切さを学ぶ「命の授業」
●保護犬を家族に迎えるための、里親希望者に向けた「譲渡説明会」
●災害が起きてもペットとともに災害を乗りこえられるよう、日ごろの備えを学ぶ「ペット防災に関する発信」

各種イベントでも呼びかけや講演、セミナーなどを行うほか、チラシやパンフレット、SNSなどを通じてより多くの方へ届けられるように取り組んでいます。

ペット防災のセミナーの様子

棄てられた命を保護するとともに、不幸な命が生まれる前に、動物たちを取り巻く社会課題の解決に向けて進められるよう、私たちができることに取り組んでまいります。

寄付金の使いみち

皆様からのご寄付は、動物福祉向上を目指す活動のために、以下のように使用させていただきます。

・保護、管理、譲渡の活動に係る費用(フード代、医療費、ケア、訓練用具、人件費、交通費、設備費、通信費など)
・啓発活動に係る費用(各種イベントや譲渡会などの開催費用や講師料、印刷費、通信費、人件費、交通費など)
・PR活動に係る事業費(印刷代、広告宣伝費、グッズ製作費、人件費、交通費、通信費など)
・その他、動物福祉向上の活動にかかる費用

※皆様からご協力いただいたご寄付のうち15%を管理運営費として使用させていただきます。

活動情報

更新日:2022/06/17

これまでの活動を紹介します

日本レスキュー協会では設立当初から動物福祉活動に取り組んでいます。また、複数の行政動物収容所に団体登録し、地域での殺処分を減らす取り組みに貢献しています。これまでの活動で300頭を超える動物たちを「幸せわんこ」として新しい家族のもとへ送り出すことができました。残念ながら譲渡に至らなかった犬は、協会施設で終生大切にお世話しています。

行政機関から引き取った柴犬。保護当時は皮膚の状態が悪く、やせ細っていました。
新しい家族のもとで「幸せわんこ」になりました。

里親になっていただく方向けの「譲渡説明会」を開催しています
また、里親希望者様に向けた譲渡説明会を随時実施しています。里親希望者様には複数回にわたり協会施設へお越しいただき、希望される保護犬との関係を構築するため、面会を重ねていただきます。その後、ご自宅訪問やトライアル期間を経て正式譲渡となります。

里親ご希望の方はこちら

保護犬からセラピードッグ・災害救助犬へ
保護した犬の中から、災害救助犬・セラピードッグの適性があると認められた場合は訓練を行います。2015年に高知県の保健所から殺処分寸前で緊急保護した「龍馬(りょうま)」と「希(のぞみ)」は現在、セラピードッグとして活躍しています。

保健所に収容されていたころの「龍馬(左)」と「希(右)」。
適性を見いだされ、セラピードッグとして活動中

災害への備え
毎年のように日本列島を襲う自然災害。
災害が起きても、ペットと飼い主さんが安全に避難し、ともに支えあい災害を乗りこえ、生活を再建できるように。災害が原因で手放されるなどペットと飼い主さんが離ればなれになることのないように。災害が起きた時に適切な行動を選択するためには、普段からの備えがとても大切です。

日本レスキュー協会では、日ごろから取り組める備えに関して、講習会やパンフレットなどでの紹介を行っています。

飼い主さん向けのペットの防災対策パンフレット

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
282,001
寄付人数
840
現在の継続寄付人数:1
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

認定NPO法人日本レスキュー協会

認定NPO法人日本レスキュー協会は、1995年に発災した阪神淡路大震災を契機に発足しました。震災によって行方不明になられた方を捜索する災害救助犬と心のケアを行うセラピードッグの育成と派遣、捨てられた犬や猫の保護をし、新しい家族を見つける動物福祉活動を行っています。こういった活動を通して、人と犬が真に共生できる社会を目指しています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト