概要

救済保護当初は「心」と「身」のケアを必要とする場合が多い。

虐待や飼育放棄、飼育崩壊などの様々な経緯から生きる場を失った愛護動物を救済保護し、個別に充分な心身ケアを行ったのち、家族の一員として迎えていただける一般家庭(適正飼育条件を満たす)へと送り出す活動をしています。

また、地域社会における問題のひとつである野良猫の繁殖問題について、個体管理と繁殖制限の推奨実施、地域住民への啓蒙及び具体的な対策指導等を行う事により、「排除」以外の解決策を提示し、行き場のない猫達を生み出さない・増やさない取り組みにも力を入れています。

活動にご賛同頂けましたら、ぜひ応援してください!

寄付金の使いみち

保護施設ガーデンで新しい飼い主さんとの出逢いを待つ猫達。
保護施設ガーデンで新しい飼い主さんとの出逢いを待つ猫達。

お寄せ頂きました募金は、

1.動物医療費
(健康診断、ワクチン接種、避妊去勢手術、駆虫、その他必要に応じた疾病治療費など)

2.動物食費
(保護期間中に必要な、総合栄養食、栄養補完食、療法食、サプリメントなどの購入費)

3.保護施設維持費
(水道・光熱費、施設メンテナンス費など)

4.活動費
(野良猫の繁殖制限手術、新しい飼い主探しのパネル展、その他啓蒙啓発活動など)

に、大切に遣わせて頂きます。