概要

放射線を気にせず外で思いっきりはしゃぐ子どもたち

「移動保育」というのはその名の通り、線量の高い地域から低い地域へ移動して保育を行うこと。
日帰り遠足のようなスタイルで県内外の公園や施設に出かけ、そこで自然体験など、子どもたちの五感を刺激するような活動を行っています。外で元気に走り回る子どもたちはもちろん、お母さんたちの表情にも笑顔が戻りつつあり、この活動の成果を実感しています。

多くの方のご支援を受け、現在まで150回以上(1,500人以上)の活動実績があります。
これからも子どもたちが心豊かに成長できる「当り前な」環境づくりに努め、少しでも多くの親子に笑顔になってもらいたいと考えています。

福島の子どもたちの笑顔につながるこの取り組みに、皆さまのあたたかいご支援をお願いします。

寄付金の使いみち

大自然の中で食べるお弁当。食べた後、またいっぱい遊びます
大自然の中で食べるお弁当。食べた後、またいっぱい遊びます

お預かりしたご寄付は以下のように活用いたします。

○主に未就学児を対象とした移動保育時のバスレンタル代(毎週土曜日の他、春休み等平日に活動を実施)
○移動保育時の子どもたちへの保険代
○移動保育に必要な消耗品(洗剤、医薬品など)
○関心を持つ方たちへの情報発信
○人件費(保育スタッフ、安全管理スタッフなど)

活動の様子はホームページでご覧いただけます。