概要

日本各地で問題になっている「放置竹林」

里サポ ~日本の里山を守り、みらいに伝えよう!~



私たちJAFRECでは、若者が中心になり里山の環境を守る活動「里サポ」を行っております。



みなさんは日本の里山がだんだん少なくなっているのをご存知ですか?



実はいま日本の里山は、高齢化などで山の面倒を見る担い手がいなくなり

放置されてしまった竹林や森がすごく増えているんです。



そんな現状を少しでも解決しようと、私たちは活動を行っております。



具体的な活動としては、竹や木の伐採、倒木の処理や作業道づくりなどの整備活動や伐採後の竹を有効活用するための竹炭や竹チップの製造。

他にも山の素材を有効活用したイベントの開催やワークショップもしたりします。



少しでも日本の豊かな自然をみらいに残していくために様々な活動を行っております。



そんなJAFRECの活動にご理解を頂ける方がおられましたら、ぜひご支援ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

寄付金の使いみち

放置竹林の整備を行う参加者たち
放置竹林の整備を行う参加者たち

お預かりしたご寄付は以下のように活用いたします。



○ノコギリやナタなど作業備品の購入費用

○軍手や長靴などの消耗品の購入費用

○整備イベントを実施するためのチラシ制作費用

○植林イベント開催時の苗木代

○その他、事務局運営費用など



募金の使途の詳細はホームページでもご覧いただけます。