概要

支援活動第二期に、ボランティアビレッジを管理していた書道家の堀之内哲也氏がオンザロードのために書いてくれたオリジナル画像

オンザロードは東日本大震災以降、ボランティア16,000人以上を受け入れ、宮城県石巻市を中心にガレキ撤去9,015t、炊き出し25,437食など緊急支援を行ってきました。10月以降は津波にあった店舗の再生、雇用創出、老人の孤立ケアなど自立支援と元気作りを行っています。
また福島県では支局を設置し、現地の方々と放射能問題に取り組んでいます。今後、被災地の課題やニーズの変化に伴い、復旧・復興段階に応じ長期的な活動を行っていきます。

「ピンポイント募金案内」の一覧
※支援金(NPO等への寄付)が送れます。

寄付金の使いみち

震災直後から石巻の復興支援に取り組む
震災直後から石巻の復興支援に取り組む

皆様からの貴重なご支援は、津波被害にあった店舗を再生するための材料費や作業人件費、ものづくりによる雇用創出のための材料費、仮設住宅者・在宅者への孤立防止のための集会開催費や移動燃料費、情報共有や復興への元気作りのためのフリーペーパー制作費、子どもたちの健康のためのイベント開催費、ボランティア活動施設の家賃と光熱費、コーディネーター人件費、など宮城県石巻市周辺と福島県の復興支援ために使用させていただきます。

オンザロードについて詳しくはこちら

●壁紙について
・大漁旗
オンザロードでは縁起をかつぐ大漁旗をリメイクし、地元のお母さん方の雇用創出のために衣料を制作しています。
・堀之内哲也
支援活動第二期に、ボランティアビレッジを管理していた書道家の堀之内哲也氏がオンザロードのために書いてくれたオリジナルです。
・On The Road
オンザロード代表であり作家でもある高橋歩の言葉です。
・INDIA
オンザロードは、海外で貧しい家庭の子どもたちのための教育支援をしています。