IDでもっと便利に新規取得

ログイン

システムメンテナンスのお知らせ(11月18日)

11月18日(月)10:00 ~ 17:00頃(予定)の時間帯は、「クレジットカードおよびTポイントによる寄付」がご利用いただけません。お客様にはご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力のほどお願いいたします。

東北の高校生の進学・就学のために
給付型奨学金「まなべる基金」

寄付受付開始日:2016/03/04

  • くじ付き
  • 領収書あり
[東北の高校生の進学・就学のために 給付型奨学金「まなべる基金」]の画像
3年間奨学金で支えていただいた寄付者の皆さん、本当にありがとうございます。感謝の気持ちを忘れず、これからも自分の夢をかなえるために頑張っていきます。

東日本大震災復興支援財団

プロジェクト概要

更新日:2019/06/03

東北の高校生の進学・就学のための給付型奨学金「まなべる基金」

公益財団法人東日本大震災復興支援財団では、東日本大震災発生を受け、2011年11月に高校生対象給付型奨学金「まなべる基金」を創設いたしました。
まなべる基金は、東日本大震災の影響による経済的な理由で、就学・進学が困難となった高校生のための、返還不要の給付型奨学金です。
震災後、被災した学生向けにたくさんの奨学金制度が立ち上がりましたが、その多くは遺児・孤児が対象のものでした。
しかし、被災や失業による経済的な理由で進学・就学の継続が危ぶまれる学生がたくさんいることが分かり、当財団ではそうした状況にいる高校生の夢を応援するため、年間最大17万円(4年制高校等は年間12.75万円)を給付する奨学金制度を立ち上げました。

私たちと一緒に高校生を応援していただける方を募集しています

まなべる基金の卒業生はこれまでに2,815人にのぼり、卒業した奨学生はそれぞれの夢に向かって進んでいます。
ご寄付いただいた皆さまへ御礼メッセージをいただきました。ぜひご覧ください。

卒業後は、自分の夢に向かって勉強に打ち込むそうです

<まなべる基金 2017年度卒業生からのメッセージ>

地震が来た当時、私は小学5年生で授業中でした。

大きな揺れの後、先生の「津波がきた!」という緊迫した声を合図に高台に避難しましたが、そこでは津波がくるおそれがあり、さらに高地にあるお寺に避難しました幸いにも母と再会でき、その夜は避難所で過ごしたのですが、窓から見える火災や煙におびえる夜を過ごしたのが今でも忘れられません。

震災を通して、人の温かさ、家族の大切さ、そして、当たり前の生活ができる幸せを学びました。震災がなければ、絶対に出会うことのない人ともつながることができました。ばらばらになった家族と再び出会えた幸せはこれから先も絶対に忘れないと思います。

そして、当たり前の生活、普段何気なく過ごす日常がどれだけ大切で、貴重なものかという事を震災は教えてくれました。支援してくださる皆さまのおかげで私は今生活でき、辛いことを乗り越えられる強い心も身についたと思います。

震災で失ったものはたくさんあります。しかし得たものもたくさんあります。得た事、そして残された命を無駄にすることなく強くこれからも前を向かって生きていこう、と震災は教えてくれました。

日々過ごしていく中で震災をどのようにして風化させないか、いまの私にできることは何か、これからも考えていきたいです。今後も夢に向かい頑張っていきます。

ご支援いただきありがとうございました。

「まなべる基金」2014年度 奨学生OBより報告

寄付金の使いみち

皆さまからお預かりしたご寄付は、東北の高校生を対象とした給付型の奨学金「まなべる基金」に100%活用させていただきます。

義務教育を終えて迎える高校生活は、いわば社会への第一歩。長い人生の中で、さまざまな知識と経験を得られる大事なときであり、長い人生をともにする、かけがえのない仲間に出会えるときでもあります。一歩一歩を踏みしめて歩めば、その先にはきっと夢みた未来が広がっています。

だから今、“学べる”という時間の尊さを感じて、あきらめないでほしい。そんな思いを込めて、「まなべる基金」を設立し、私たちは支援を継続しています。

#寄付は応援になる

活動情報

更新日:2019/06/03

私たちは、子どもたちが夢と希望を育む環境を実現するため取り組んでいます。
■学べる幸せをみんなに「まなべる基金」
支援総額:15.53億円 支援者数:2,815人

■子どもたちの成長を支える団体の活動をバックアップ「子どもサポート基金」
支援総額:9.77億円 支援団体数:349団体

子育てフェスタの催しに参加し、リラックスした様子の子どもたち「子どもサポート基金」

■話す・つながるをサポート「18歳まで携帯料金サポート」
支援総額:1,577万円 支援者数:50人

■スポーツを通じて夢を応援「みやぎ「夢・復興」ジュニアスポーツパワーアップ事業」
支援総額:3.66億円 支援者数:494人

夢に向かってトレーニング!「みやぎ「夢・復興」ジュニアスポーツパワーアップ事業」

■自立心と郷土愛を育てる「福島こども未来塾」
支援総額:3,450万円  支援者数:約123人

■地域と向き合う若者の活動を支援し、東北に活気と変化を創造する「ユースアクション東北」
支援総額:350万円  支援団体数:23団体

もっと地元を好きになってほしいと、石巻ならではの、石巻でしかできないファッションショーを開催「ユースアクション東北」

■自ら行動する力を育み、未来の東北を担う人材の育成を目指す「東北「夢」応援プログラム」
支援総額:6,437万円  支援団体数:601人

子どもたちは、東北に所縁あるプロコーチから動画を用いた遠隔指導を受け、自ら掲げた夢や目標に向けて練習に励みます

※上記に記載されている支援総額と支援者数は、2011年(設立)~2018年3月時点の数字です。今後の支援予定分も含みます。

※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
80,231,371
寄付人数
203,051
現在の継続寄付人数:672
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
  • つながる募金
    携帯電話利用料金のお支払いと一緒に寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

東日本大震災復興支援財団
東日本大震災復興支援財団は2011年の6月から、東北の子どもたちが夢や希望を持って成長できるよう、さまざまな支援をしています。



例えば、被災による経済的な理由で進学・就学が困難になった高校生に返済不要の奨学金を給付する「まなべる基金」や、東北の子どもたちを支援する団体へ助成する「子どもサポート基金」、地元の復興や振興活動に取り組む若者を応援する「ユースアクション東北」など、東北の子どもたちやその家族が笑顔で生活できることを願って、支援を続けてきました。



東日本大震災から8年が経過しますが、今もなお仮設住宅などでの暮らしを余儀なくされ、教育や生活のための環境が十分に整っていない子どもたちが多くいます。

私たちは、これからの東北を担う次世代の子どもたちが幸せに暮らせる社会を創生するため、引き続き活動してまいります。

どうぞこれからも継続的なご支援をお願いいたします。
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

パートナー

  • [ソフトバンクグループ]の画像

    ソフトバンクグループ

    ソフトバンクグループは、「チャリティホワイト」や「つながる募金」など携帯事業者ならではの方法で、継続的に非営利団体を支援しています。

団体のプライバシーポリシー

個人情報の取り扱いについて

公益財団法人 東日本大震災復興支援財団(以下、「当財団」という。)は、当財団の事業運営にあたり、皆様から個人情報をご提供いただく機会がございますが、以下のとおり適正にお取り扱いいたします。

1. 個人情報の取り扱い

(1) 個人情報保護に関する法令・規範の遵守
当財団は、個人情報の取り扱いに関する法令、国が定める指針、その他の規範を遵守します。
(2) 利用目的の特定
当財団は、個人情報の取得に際してできる限りその利用目的を特定します。
(3) 個人情報の利用目的
当財団が取得する個人情報の利用目的は、以下のとおりです。
1. 被災者の方への支援に関連する業務を遂行するため
2. 非営利団体等への助成等に関連する業務を遂行するため
3. 寄付者の方への連絡、案内等を行うため
4. 広報活動の推進、改善に必要な調査を行うため

5. 人事管理にかかわる業務を遂行するため
6. 事務処理等を適切かつ円滑に行うため
上記目的以外で利用する場合は、個人情報取得の際にあらかじめ明示します。
(4) 利用目的の制限

当財団は、上記の利用目的または取得の際に明示する利用目的の範囲内、かつ業務遂行上必要な限度内で個人情報を利用いたします。ただし、法令に基づく場合等はこの限りではありません。
(5) 第三者提供の制限
当財団は、法令に基づく場合等を除いて、事前に本人の同意を得ることなく個人情報を第三者に提供しません。
(6) 個人情報の安全管理
当財団は、個人情報保護に必要な安全管理措置を講じます。また、個人情報を職員に取り扱わせる場合または個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合、職員または受託者に対して必要かつ適切な監督を行います
(7) 個人情報に関するご意見およびご相談
当財団は、当該個人情報の開示、訂正、削除、利用停止等の要請、ご意見およびご相談に関して、本人確認等必要な調査を行った上で速やかに対応します。
2. 個人情報に関する開示・訂正等の問い合わせ方法

(1) 利用目的の通知および個人情報の開示・訂正・利用停止等に関する手順
こちら の問い合わせフォームより、「利用目的の通知」「開示」「訂正」「利用停止」等の依頼の旨をお申し出ください。申請書および手続案内書を送付します。
お問い合わせの際には、下記の項目を必ず記載してください。
氏名(ふりがな)
メールアドレス
件名:「個人情報に関する問い合わせ」
申請の際には、必要事項を記入済みの申請書および当財団指定の本人確認書類が必要となります。また、代理人による申請の場合は、代理人確認書類も必要となります。詳細は手続案内書をご確認ください。 当財団にて、提出書類およびご本人であることを確認させていただいた上で、対応いたします。なお、申請に応じられない場合は、その理由を速やかにご連絡いたします。
(2) 手数料および支払方法
個人情報の利用目的の通知・開示に係わる手数料は不要です。
「個人情報の取り扱いについて」が改正された場合には、当財団ウェブサイトに掲載します。

沖縄県、離島、山間部への配送について

  • 沖縄県への配送
  • 沖縄本島へのお届けについては、初夏~秋季前後に発生する台風をはじめとする天候・異常気象や天災・事故などの原因により、お届けまで日数をいただく場合がございます。
  • 離島、山間部への配送
  • 離島や山間部などごく一部お届けできない地域がございます。
  • それら地域への配送については、誠に申し訳ございませんが別途配送料金をご負担いただくか、品物の配送をお断りさせていただく場合がございます(配送をお断りさせていただいた場合も、寄付金の返金には応じかねますのであらかじめご了承ください)。
  • また、ご配送可能な場合も配送までお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 東京都:大島町/小笠原村/八丈島八丈町/三宅島三宅村/利島村/新島村/神津島村/御蔵島村/青ヶ島村
  • 静岡県:初島
  • 北海道:奥尻町/羽幌町焼尻・天売/利尻町/利尻富士町/礼文町
  • 宮城県:石巻市網地浜・鮎川浜金華山・ 田代浜・長渡浜/女川町出島・江島/気仙沼市大島/塩竈市浦戸
  • 山形県:酒田市飛島
  • 新潟県:粟島浦村・佐渡市
  • 滋賀県:沖島町沖島
  • 兵庫県:姫路市家島町/南あわじ市沼島
  • 島根県:海士町/隠岐の島町/知夫村/西ノ島町
  • 岡山県:浅口市犬島/笠岡市高島・白石島・北木島・真鍋島・小飛島・大飛島・六島/倉敷市松島・六口島・釜島/玉野市石島/備前市鹿久居島・大多府島・頭島・鴻島・鶴島・曽島
  • 広島県:大崎上島町/廿日市市宮島町/広島市南区似島町
  • 徳島県:伊島町 香川県 小豆島町/土庄町/直島町
  • 愛媛県:今治市上浦町・関前/上島町/松山市小浜・上怒和・熊田・神浦・津和地・長師・中島粟井・中島大浦・饒・ 野忽那・畑里・二神・宮野・睦月・元怒和・吉木
  • 福岡県:大島村
  • 長崎県:壱岐市/小値賀町/五島市/西海市崎戸町江島・大瀬戸町松島・崎戸町平島/佐世保市宇久町・黒島町・高島町/新上五島町/対馬市/長崎市伊王島町・池島町・高島町
  • 平戸市大島村・度島町/松浦市鷹島町・今福町飛島免・星鹿町青島免
  • 熊本県:御所浦町
  • 大分県:姫島村
  • 鹿児島県:天城町/奄美市/伊仙町/宇検村/喜界町/薩摩川内市鹿島町・上甑町・里町・下甑町/瀬戸内町/龍郷町/知名町/徳之島町/十島村/中種子町/長島町獅子島/西之表市/三島村/南種子町/屋久島町/大和村/与論町/和泊町
  • 沖縄県:粟国村/伊江村/石垣市/伊是名村/伊平屋村/伊良部町/北大東村/久米島町/座間味村/竹富町/多良間村/渡嘉敷村/渡名喜村/南大東村/宮古島市/与那国町
  • ※上記以外にも離島、山間部への配送に該当する場合がございます。
  • 追加配送料金は、品物の内容・配送エリアによって異なります。
  • 追加配送料金が必要な場合には、品物配送前にプロジェクトオーナーよりお電話にてご連絡させていただきます。
  • 追加配送料金などのご連絡は、配送予定日前後になる場合がございます。
  • 追加配送料金のお支払いの際の手数料等はお客様のご負担となります。
  • お届け日・お届け時間のご指定はお承りいたしておりません。
  • 空港、船舶港などの荷受け先等への配送はいたしかねます。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト