IDでもっと便利に新規取得

ログイン

寄付の受付は終了しました。
合計で323,435円のご支援をいただきました。多くのご支援、ありがとうございました。

熊本の子どもたちに、居場所と学習の機会を NPOカタリバ

寄付受付開始日:2016/06/02

  • 領収書なし
[熊本の子どもたちに、居場所と学習の機会を NPOカタリバ]の画像
子どもたちが安心して学ぶことのできる場所をつくる取り組みをしています。

NPOカタリバ

プロジェクト概要

更新日:2016/06/01

熊本の子どもたちが、安心して学ぶことのできる場所を

今回の熊本での震災を受け、多くの子どもたちが避難を余儀なくされました。たくさんの人がいる避難所では、落ち着いて勉強ができません。また、避難を免れた子どもたちの中にも「一人で家にいるのは怖い」と不安を語る子どもが大勢います。

全壊した家の瓦礫がならぶ通り
テント村のベンチに座る中学生

そんな子どもたちが放課後、安心して学ぶことができる場所をつくる取り組みを、カタリバは始めています。活動エリアは最大震度7を記録し、避難者率が最も高い益城町です。住居倒壊率4割、いまもなお3000人以上の住民が避難を続けています。
私たちが支援する中学校の1つは、全生徒の4割・100人以上が避難所等から通学しています。地元の大学生が多くボランティア・スタッフとして参加し、子どもたちにしっかりと寄り添い、心のケアも行いながらの学習支援を行っています。

地元大学生スタッフに英語を教わる中学生

より多くの子どもたちに、安心して学ぶことのできる場所を届けられるように。皆さまからのご寄付をお待ちしております。

「平成28年熊本地震 緊急募金」特集ページ

寄付金の使いみち

熊本で被災し、放課後に勉強をする場所がなくなってしまった子どもたちのための、居場所作りと学習支援を行います。具体的な使途としては、常駐するスタッフの人件費、ボランティアスタッフの交通費など。

活動情報

更新日:2016/06/01

カタリバ活動情報

大学生スタッフと語る高校生

2001年の創業時から行っているキャリア学習プログラム「カタリ場」は、主に高校生の進路意欲を高めるために行われるプログラムです。大学生などのボランティア・スタッフが主体となって、高校生一人ひとりと対話しながら、将来を考えるきっかけを、これまで約22万人の高校生に届けてきました。

コラボ・スクール「大槌臨学舎」で学ぶ生徒

また東日本大震災を受け、2011年より被災地の子どもたちのための放課後学校「コラボ・スクール」の運営が始まりました。これまで、宮城県女川町・岩手県大槌町で、主に小中高校生のべ1684名(2015年9月現在)の学習指導と心のケアを行いました。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
323,435
寄付人数
1,573
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

NPOカタリバ
認定NPO法人カタリバは、「未来は創れる」と子どもたちが信じられる社会をつくることを目的に、活動している教育NPOです。これまで全国約22万人の生徒にキャリア学習プログラム「カタリ場」を届け、2011年からは被災地の放課後学校「コラボ・スクール」で、のべ1684名の東北の子どもたちの日常の学びをサポートしてきました。「コラボ・スクール」の運営で培ったノウハウを基盤に、学習支援だけではない心のサポートを、熊本の子どもたちに行っていきます。▼コラボ・スクールHPhttp://www.collabo-school.net/
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト