IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東北の子どもたちに安心する居場所を「コラボ・スクール」

寄付受付開始日:2012/03/26

  • くじ付き
  • 領収書なし
[東北の子どもたちに安心する居場所を「コラボ・スクール」]の画像
どんな環境に生まれ育った10代も未来をつくりだす意欲と創造性を育める社会を

NPOカタリバ

プロジェクト概要

更新日:2020/06/01

被災地の子どもたちに心のケアと学習支援を提供

「意欲と創造性をすべての10代へ」の理念の下、教育NPOカタリバは東日本大震災の被災地3カ所で、放課後学校「コラボ・スクール」(以下、コラボ)を運営しています。設立目的は、震災直後に避難所生活などを余儀なくされ、落ち着いて過ごす場所がない子どもたちに安心できる場を用意し、学習支援と心のケアを行うことでした。
カタリバでは現在も継続し、被災地域の子どもたちの可能性を広げる機会を提供、高校生が身近な課題解決に取り組む探究型学習マイプロジェクト(以下、マイプロ)の支援も行っています。

震災で居場所を失った子どもが「やりたいことを探究する場」を

岩手県大槌町の亜美さんは小学5年生で被災し、仮設住宅で暮らします。自宅にプライベート空間がない思春期、イライラから「早く地元を出たい」という思いが募っていたと言います。

コラボ・スクール「大槌臨学舎」卒業の亜美さん

中学生になって、なんとなく通い始めたコラボ「大槌臨学舎」。気づけば勉強だけでなく、友だちやスタッフと思いを語ることが楽しくて、自分の居場所のような空間になっていました。

子どもたちが安心できる居場所を提供

中学卒業前にはカタリバが運営する「マイプロジェクト全国サミット」を見学。身のまわりの課題解決に向けたプロジェクトをいきいきと語る高校生の姿に、「私もマイプロをしたい!」と憧れを抱きます。

「マイプロジェクトアワード全国サミット2018」

高校入学後、マイプロを開始。「身近な人に感謝や気持ちを伝えるきっかけづくり」に取り組みます。震災後に経験した「思いを伝えて言葉をかけ合う人の輪が広がると地元がもっとすてきになる」という原体験をもとにしたものでした。

いきいきとマイプロジェクトを発表する高校生

マイプロ経験で見つけた進路

マイプロに関わった町の人々から感謝の言葉をもらい、地域に貢献する喜びを得た亜美さんは、「学びをどう生かすかが重要」というスタッフからの助言を元に進路を考えた時、かつて抱いていた「町を離れたい」という感情が「町の力になりたい」へと変化していることに気づきました。
そして亜美さんは、大槌町で働き、地域の復興を見届ける道を選択します。
それから2年、20歳になった彼女は現在、地元企業で働いています。充実した毎日を送り、「多くの高校生がマイプロに取り組める環境と、コラボのような場所が全国に広がっていくことを期待してる」と語ってくれました。

「地元が大好き」と語る亜美さん

被災した子どもたちの心のよりどころや進路のきっかけをつくるカタリバのコラボとマイプロ。これからも多くの笑顔が生まれる場であるよう、みなさまのご協力をお願いいたします。

NPOカタリバ団体紹介movie_2019

寄付金の使いみち

みなさまからのご寄付は、コラボ・スクール事業の運営費全般として活用されます。

”#311いまわたしができること子どもたちを応援”

※「つながる募金(ソフトバンク)」で寄付をいただいた場合、上記の記載にかかわらず、当団体の活動全般への寄付となります。

活動情報

更新日:2020/06/01

■「ツイートは誰かの応援になる」キャンペーン御礼報告

2020年3月に実施されたキャンペーンでは、多くの方々にツイートやリツイートいただき、応援動画の総再生回数は779,000回となり、キャンペーンの上限金額である150万円が当団体へ寄付されました。キャンペーンへのご参加ありがとうございました。

大槌のコラボ・スクール「大槌臨学舎」に通う生徒たちの中には、東日本大震災によってつらい経験をしてきた生徒が多くいます。それでも今、子どもたちはしっかりと自分の将来のために前を向いています。地域を走る三陸鉄道とともに、全国の皆さんから応援をいただけたことは、困難な環境でも多くの方に支えられていることを実感する機会となり、大きな勇気となりました。これからも、多くの子どもたちにきめ細やかな支援が届くよう、応援よろしくお願いいたします。ご支援、本当にありがとうございます。(2020年4月1日追記)

「応援動画について」
東日本大震災の震災被害から一度復興したにもかかわらず、令和元年台風19号で再度被災した三陸鉄道と沿岸部在住者の想いを、Yahoo! JAPANの3.11企画で取り上げていただきました。カタリバの生徒が取材協力していますのでぜひご覧ください。

Yahoo!ネット募金「いま、わたしができること」(三陸鉄道編)

2011年~2019年までの活動報告

2011年7月に宮城県女川町に「女川向学館」を、同年12月には岩手県大槌町に「大槌臨学舎」を、そして2017年9月には福島県双葉郡広野町に「双葉みらいラボ」を開校し、これまでに3,000人以上の子どもたちに安心して学び、集える居場所の提供を行ってきました。

困難を抱える子どもたちに

2019年に発生した台風19号被災地である長野県での支援では、保護者の方から「本当に楽しく体を動かしたりしているようで、子どもが被災前の笑顔を取り戻せた」という声をいただきました。

台風被災地での声を聞く

度重なる自然災害後の支援を迅速に行うため、平時から企業や自治体と連携する「災害に備える事業」を始めました。これまで課題意識はありつつも形にできていなかった子どもたちへの支援の実現を進めていきます。

子どもたちが安心できる居場所を

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
7,435,955
寄付人数
22,857
現在の継続寄付人数:81
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
  • つながる募金
    携帯電話利用料金のお支払いと一緒に寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

NPOカタリバ

認定NPO法人カタリバは、東日本大震災で被災した子どもたちのための放課後の学校「コラボ・スクール」を開設し、学習指導と心のケアに取り組んでいます。また、キャリア学習やプロジェクト学習も合わせて、子どもたちが未来の復興の担い手として成長するための支援も行っています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

パートナー

  • [ソフトバンク株式会社]の画像

    ソフトバンク株式会社

    ソフトバンクグループは、「情報革命で人々を幸せに」という理念の下、世界の人々の幸せにつながる新しい価値の創造に挑戦し続けます。テクノロジーの発達により、生活スタイルは劇的に変化し、発展がもたらされる一方、新たに生じ、かつ深刻化していく社会課題もあります。ソフトバンクグループは、同じ志を持つ世界中の企業とともに、AI・IoT・スマートロボットなどテクノロジーの力を活用し、課題解決に向けて取り組んでいます。

くじ付き募金の賞品

抽選に申し込む賞品を、以下からお選びいただけます。

  • [PlayStation4]の画像

    PlayStation4

    • 受付終了:2020/05/29 14:00まで
    • 当選人数:2名様

    ソフトバンク株式会社

    ご寄付いただいた中から抽選で2名様にPlayStation4の本体をプレゼントいたします。
    ※本体色、HDD容量はお選びいただくことができません。
    ※縦置きスタンドは含まれておりません。
    ※型番は画像と異なる場合があります。

    ■配送予定日:2020年6月下旬頃

    ■配送可能地域:海外、一部島しょ部、山間地域には配送できません
    (配送地域に関しては、下部にある「沖縄県、離島、山間部への配送について」をご覧ください)

    この賞品を選択して寄付する

    1978人が寄付

団体のプライバシーポリシー

認定NPO法人カタリバのプライバシーポリシーは、https://www.katariba.or.jp/privacypolicy/をご覧ください。


なお、Yahoo!ネット募金に関し、ヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。

・くじ賞品および返礼品の送付

・寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)

以上

沖縄県、離島、山間部への配送について

  • 沖縄県への配送
  • 沖縄本島へのお届けについては、初夏~秋季前後に発生する台風をはじめとする天候・異常気象や天災・事故などの原因により、お届けまで日数をいただく場合がございます。
  • 離島、山間部への配送
  • 離島や山間部などごく一部お届けできない地域がございます。
  • それら地域への配送については、誠に申し訳ございませんが別途配送料金をご負担いただくか、品物の配送をお断りさせていただく場合がございます(配送をお断りさせていただいた場合も、寄付金の返金には応じかねますのであらかじめご了承ください)。
  • また、ご配送可能な場合も配送までお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 東京都:大島町/小笠原村/八丈島八丈町/三宅島三宅村/利島村/新島村/神津島村/御蔵島村/青ヶ島村
  • 静岡県:初島
  • 北海道:奥尻町/羽幌町焼尻・天売/利尻町/利尻富士町/礼文町
  • 宮城県:石巻市網地浜・鮎川浜金華山・ 田代浜・長渡浜/女川町出島・江島/気仙沼市大島/塩竈市浦戸
  • 山形県:酒田市飛島
  • 新潟県:粟島浦村・佐渡市
  • 滋賀県:沖島町沖島
  • 兵庫県:姫路市家島町/南あわじ市沼島
  • 島根県:海士町/隠岐の島町/知夫村/西ノ島町
  • 岡山県:浅口市犬島/笠岡市高島・白石島・北木島・真鍋島・小飛島・大飛島・六島/倉敷市松島・六口島・釜島/玉野市石島/備前市鹿久居島・大多府島・頭島・鴻島・鶴島・曽島
  • 広島県:大崎上島町/廿日市市宮島町/広島市南区似島町
  • 徳島県:伊島町 香川県 小豆島町/土庄町/直島町
  • 愛媛県:今治市上浦町・関前/上島町/松山市小浜・上怒和・熊田・神浦・津和地・長師・中島粟井・中島大浦・饒・ 野忽那・畑里・二神・宮野・睦月・元怒和・吉木
  • 福岡県:大島村
  • 長崎県:壱岐市/小値賀町/五島市/西海市崎戸町江島・大瀬戸町松島・崎戸町平島/佐世保市宇久町・黒島町・高島町/新上五島町/対馬市/長崎市伊王島町・池島町・高島町
  • 平戸市大島村・度島町/松浦市鷹島町・今福町飛島免・星鹿町青島免
  • 熊本県:御所浦町
  • 大分県:姫島村
  • 鹿児島県:天城町/奄美市/伊仙町/宇検村/喜界町/薩摩川内市鹿島町・上甑町・里町・下甑町/瀬戸内町/龍郷町/知名町/徳之島町/十島村/中種子町/長島町獅子島/西之表市/三島村/南種子町/屋久島町/大和村/与論町/和泊町
  • 沖縄県:粟国村/伊江村/石垣市/伊是名村/伊平屋村/伊良部町/北大東村/久米島町/座間味村/竹富町/多良間村/渡嘉敷村/渡名喜村/南大東村/宮古島市/与那国町
  • ※上記以外にも離島、山間部への配送に該当する場合がございます。
  • 追加配送料金は、品物の内容・配送エリアによって異なります。
  • 追加配送料金が必要な場合には、品物配送前にプロジェクトオーナーよりお電話にてご連絡させていただきます。
  • 追加配送料金などのご連絡は、配送予定日前後になる場合がございます。
  • 追加配送料金のお支払いの際の手数料等はお客様のご負担となります。
  • お届け日・お届け時間のご指定はお承りいたしておりません。
  • 空港、船舶港などの荷受け先等への配送はいたしかねます。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト