2024年台湾地震 緊急支援
(ピースボート災害支援センター)

寄付受付開始日:2024/04/04

  • 領収書なし
[ 2024年台湾地震 緊急支援 (ピースボート災害支援センター)]の画像
台湾地震発生後の様子(撮影:2024年4月3日 花蓮市にて)

一般社団法人ピースボート災害支援センター

プロジェクト概要

更新日:2024/04/04

地震で被災された人々へあたたかい支援を

地震の被害に遭われた全ての皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

2024年4月3日、台湾東部の花蓮県沖でマグニチュード7.2の地震があり、広い範囲で震度6強などの強い揺れがありました。台湾当局によると、9名以上が亡くなり1,000名以上の方が負傷しています(2024年4月3日時点)。建物倒壊や土砂崩れ、落石など大規模な被害が発生し、救助活動が続いています。今後さらに被害が拡大していく恐れがあります。

台湾の方たちは、これまで東日本大震災や能登半島地震などで、多くの支援を日本の被災地に届けてくれました。台湾の大規模な地震被害を受けて、現地支援団体と連携しながら被害状況や支援体制、必要としている支援を確認し、現地のニーズに合わせて支援活動を実施していきます。

現地の人々が安全な暮らしと笑顔を1日でも早く取り戻せるよう、皆さまのあたたかいご支援をお願いいたします。

PBVは東日本大震災の時に設立され、被災地での支援活動を続けてきました。

【災害支援サポーターご加入のお願い】
PBVの支援活動を継続的に支えてくださる「災害支援サポーター」を募集しています。

「繰り返し続いていく災害に、繰り返し続けていく支援と備えを」

災害発生時に迅速に支援活動を実施するため、平時には防災・減災教育を届けるため、ご加入の検討をお願いいたします。
災害支援サポーターについて

寄付金の使いみち

本プロジェクトでは、現地の人道支援NGOとともに支援を実施してまいります。

皆さまからのご寄付は、2024年台湾地震の被災地への緊急物資支援の提供、その他被災地のニーズ合わせた緊急支援活動や生活再建、コミュニティ再建などに大切に活用させていただきます。なお、現地では被害の全容把握が進められている状況のため、活動内容を変更する場合もございます。今後の現地ニーズとご寄付の合計額によっては、支援先団体を追加する可能性があります。

活動に必要な費用をご寄付が上回った場合には、次の支援活動に活用させていただきます。あらかじめご了承ください。

ピースボート災害支援センターの寄付金に関する取扱規程は下記をご参照ください。
一般社団法人ピースボート災害支援センター寄付金等取扱規程(PDF)

最新情報は公式SNSでいち早く発信しています。
Facebook
X
LINE
Instagram

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
4,359,289
残り日数
あと 102
2024/10/04 18:00 まで
寄付人数
3,133

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • Vポイント
    Vポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

[一般社団法人ピースボート災害支援センター]の画像
一般社団法人ピースボート災害支援センター

ピースボート災害支援センターは、2011年東日本大震災を契機に設立された非営利団体です。毎年発生する国内外の災害に対して「人こそが人を支援できるということ」を理念に災害支援活動を実施しています。これまでに延べ11万人以上のボランティアとともに活動を行ってきました。
また、将来の災害に備えるため、全国規模での人材育成、防災・減災教育にも取り組んでいます。これらの活動は、皆さまからのご支援によって支えられています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  • Facebookでシェアする
  • X(旧Twitter)でシェアする

注目のプロジェクト