IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年 熱海市土砂災害 緊急支援募金
(ピースボート災害支援センター)

寄付受付開始日:2021/07/15

  • 領収書なし
[2021年 熱海市土砂災害 緊急支援募金 (ピースボート災害支援センター)]の画像
大規模な土石流が発生した熱海市、必死の捜索活動が続いています。(2021年7月14日)

一般社団法人ピースボート災害支援センター

プロジェクト概要

更新日:2021/07/26

コロナ禍でもいち早く支援を届けたい

2021年7月に入り、梅雨前線の影響により日本全国の広範囲で大雨が降り続き、水害が頻発しました。西日本から東日本にかけて各地で記録的な大雨が観測され、複数の地域で最大限の警戒が必要となる大雨特別警報なども発令されました。

そして、全国1都17県で土砂災害、家屋浸水などの被害が発生し、人的被害は39名、住宅被害は2,435棟となり、今後も被害数は増えていくことが予想されます(総務省消防庁:7月20時点)。

2021年7月4日の熱海市内の様子
2021年7月4日の熱海市内の様子

7月3日、静岡県熱海市では、土砂災害の危険性が高まったとして市内全域に警戒レベル5の「緊急安全確保」が発令されました。長さ約1km、最大幅約120mにおよぶ大規模な土石流が市街地にも流れ込み、家屋131棟が被害をうけました。
亡くなられた方18名、行方が分からない方が10名おり不明者の捜索活動が続いています。発災後1週間以上が経過した現在も、521名以上が避難生活を余儀なくされています。(静岡県災害対策本部:7月19日時点)

2021年7月13日の熱海市内の様子

ピースボート災害支援センター(PBV)では、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)の要請を受け、JVOAD避難生活改善に関する専門委員会の一員としてPBVスタッフを熱海市に派遣しました。

またしても、2020年から新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中での災害となってしまいました。PBVでは、昨年のコロナ禍での2020年7月豪雨での熊本支援の経験や知見を生かし、感染拡大予防に努めながら、支援活動を実施してきます。

新型コロナの状況下においても、支援の手が止まらないよう豪雨災害の被害を受けた方たちを支援していくために、どうぞ、皆さまのあたたかいご寄付、ご協力をお願いいたします。活動の様子は、随時公式ホームページやSNSなどでお知らせしていきます。

災害支援は、現地自治体や関係機関からの要請を受けて、被災者の避難生活や生活再建などの支援活動を実施します。新型コロナ状況下の災害支援に関しては、PBVやJVOAD、JPFが作成しているガイドラインなどを参考にしながら実施しています。

PBV 新型コロナウイルス影響下に災害支援ガイドライン Ver.2(PDF)
JVOAD「新型コロナウイルスの感染が懸念される状況におけるボランティア・NPO等の災害対応ガイドライン」(PDF)
JPF「新型コロナウイルスの感染が懸念される状況における 被災地入りする際の守るべき事項 Ver.2」(PDF)

PBVは東日本大震災の時に設立され、10年間被災地での支援活動を続けてきました。

寄付金の使いみち

皆さまからのご支援は、コロナ禍での災害支援のノウハウ提供や支援調整、関係機関の連携調整、物資・備品提供、運営支援などを通じて被災された方たちの生活再建に使用させていただきます。

1.専門スタッフ派遣
災害時の支援調整や避難所運営、災害ボランティアセンター運営、家屋の補修・保全などの専門的なスキルを持つスタッフを派遣します。コロナ禍でスタッフを派遣するための宿泊交通費、PCR検査、人件費など。

2.備品・資機材購入
避難所や活動拠点、活動現場で支援活動に必要な備品・資機材の購入。コロナ対応のための衛生管理用品など。

3.被災者の生活再建の支援
関係機関や現地支援団体などの要請を受けて、支援物資の提供や食事支援、避難所の環境整備・運営サポート、災害ボランティアセンター運営支援、被災家屋の清掃活動、写真洗浄など、現地ニーズに即した活動を行います。


※災害支援活動は、被災地の状況やニーズにそって、活動内容を決定してきます。尚、ご寄付のうち最大15%は管理運営費として活用させていただきます。活動に必要な費用をご寄付が上回った場合には、次の支援活動に活用させていただきます。あらかじめご了承ください。

最新情報は公式SNSでいち早く発信しています。
Facebook
Twitter
LINE

#令和3年7月豪雨災害

活動情報

更新日:2021/07/26

土砂災害現場から(2021年7月21日更新)

7月3日に発生した熱海市の土砂災害では、捜索活動が第一優先で行われており、いまだに10名の方の行方が分かっていません。(7月19日現在)

土石流の最前線では、警察、消防、自衛隊が懸命に捜索活動を続けています。
しかし、急斜面かつ道幅が狭いため大きな重機は入れず、ほとんどが手作業で進められています。泥を慎重に掻き出していますが、常に山水が流れているため作業にも時間を要し難航しています。雨の日もあれば、厳しい日差しで熱中症も懸念される中、大変な状況ではありますが一刻も早い救助を願わずにはいられません。

規制線がはられているためニーズ調査もなかなか進みにくい状況ではありますが、PBVも引き続き、地域にとって必要な支援をつないでいきたいと思います。

7月15日土砂災害現場
7月15日土砂災害現場

発災から2週間以上が経過する熱海市では、現在も自宅に帰れない519名が避難生活を送っています。

熱海市では、避難生活による二次被害を軽減するため、また新型コロナによる感染症対策のため、ホテルを活用した避難所を開設しています。地域資源を活かした熱海市ならではの取り組みです。

熱海市には独居高齢者も多く、平時から入居できる施設に空きがないため、見守り支援もかねて避難所に残られる方もいらっしゃいますが、帰宅できる方は一部戻られました。一方で、この間分散避難を選択し、親せき宅や友人宅に避難されていた方がたは、2週間ともなると親せきとはいえ、なかなか居辛くなり、これ以上迷惑はかけられないと避難所へこられる方々もいらっしゃいます。

現在避難所となっているホテルでの滞在は、7月20日午前までで、その後2つのホテルへ移動になる予定です。

避難所になっているニューフジヤホテル

長い避難生活が予想されます。
皆さまの温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

コロナ禍での現地支援実績(2021年7月15日更新)

2020年は、誰も経験したことないコロナ禍での災害対応となりました。PBVは九州を中心に被害を受けた「2020年7月豪雨災害」で、コロナ禍の避難所運営を実践した数少ない支援団体のひとつです。

熊本県ならびに球磨村が避難所の運営支援を熊本YMCAに要請し、PBVにも熊本YMCAより協力要請があり、スタッフを派遣しました。約4カ月間避難所支援を行い、新型コロナの感染者を一人も出すことなく避難所の生活を終えることができました。

避難住民さんと一緒に

また、熊本県人吉市からの要請を受けて、人吉市災害ボランティアセンター(災害VC)の運営のためにスタッフを派遣し、住民のニース調査や家屋修繕支援などを行いました。

人吉市災害ボランティアセンターのメンバー

コロナ禍でも支援を届けられるよう関係機関や支援団体と協力しながら、現地が必要とする支援を地元の皆さんと一緒に実施していきます。熱海市の支援でも、新型コロナ対策を徹底しつつ、住民のニーズに応じた支援を行い、穏やかな生活が取り戻せるように活動していきます。

2020年7月豪雨災害熊本支援

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
461,778
残り日数
あと166
2022/01/15 18:00 まで
寄付人数
1,018

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

一般社団法人ピースボート災害支援センター

ピースボート災害支援センター(PBV)は、阪神淡路大震災以降、国際NGOピースボートが行ってきた災害支援のノウハウを引き継ぎ、2011年東日本大震災を契機に設立されました。毎年発生する国内外災害に対して、被災地での災害救援活動を実施しています。「人こそが人を支援できるということ」をテーマに、のべ10万人以上のボランティアとともに被災者への支援活動を行ってきました。
また、将来の災害に備えるため、全国規模での人材育成、防災・減災教育にも取り組んでいます。これらの活動は、皆さまからのご支援によって支えられています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト