IDでもっと便利に新規取得

ログイン

寄付の受付は終了しました。
合計で5,086,025円のご支援をいただきました。多くのご支援、ありがとうございました。

モーリシャス重油流出被害 緊急支援募金
世界有数の生物多様性を誇る美しい海を守りたい(PBV)

寄付受付開始日:2020/09/01

  • 領収書なし
[モーリシャス重油流出被害 緊急支援募金 世界有数の生物多様性を誇る美しい海を守りたい(PBV)]の画像
貨物船から流出した重油は、世界屈指の美しさを誇るモーリシャスの海岸線に30キロにわたって広がりました。

一般社団法人ピースボート災害支援センター

プロジェクト概要

更新日:2020/11/02

船舶座礁事故にともなう重油流出被害を受けた環境を回復するため、モーリシャスの環境保全活動を支援します。

2020年7月25日、日本企業が所有・運航する貨物船「わかしお」がモーリシャス島の南東部ポワント・デニ沖で座礁しました。この事故により8月6日に船外への燃料の流出が始まり、約1,000トンの油がサンゴの海に広がり、モーリシャス政府は「環境非常事態宣言」を発令しました。

今回の事故による生態系への影響は数十年に及ぶとも推測され、環境回復には長期的な支援が必要とされています。汚染はモーリシャス本島だけでなく、南東部沖にある希少種・固有種の生息地であるエグレット島にも広がっており、多くの動植物が生存の危機にさらされています。

また、モーリシャスの主要産業である観光業や漁業に被害が出ているほか、重油の漂着した地域では、住民への健康被害も懸念されています。新型コロナの感染拡大による観光収入の減少により経済的な打撃を受けていた中で起きた今回の事故は、人々の暮らしに甚大な被害を与えています。

座礁した船舶から流れ出た重油の一部は沿岸部にも漂着し、動植物への影響も懸念されています。(写真提供:(c)MARTINE GODER)

ピースボート災害支援センター(PBV)では、今回の船舶座礁・重油流出事故を受け、モーリシャスの貴重な自然環境の回復を支援するため、「モーリシャス重油流出被害 緊急支援募金」を立ち上げました。寄付金は、モーリシャス野生生物基金(Mauritian Wildlife Foundation)やモーリシャス環境保護・保全機構(Environmental Protection and Conservation Organization)など、現地NGOによる環境保護活動やコミュニティー支援活動にあてられます。

モーリシャス野生生物基金(MWF)は、環境保全活動やエコツアー、環境教育を実施しているNGOです。今回の事故では、重油流出が確認された初日から重油の吸い出し作業、重油が吸着したオイルフェンスの回収、エグレット島の希少生物の移送など多岐にわたる活動を展開しています。

モーリシャス環境保護・保全機構(EPCO)は、1988年に設立された団体です。環境保護活動だけでなく、貧困削減や女性のエンパワメントなど、多岐にわたる活動を実施しているNGOです。EPCOでは、今回の事故により収入源を失った漁業関係者をはじめとした沿岸部コミュニティーを支援するため、代替的な生計手段の確保に向けた能力開発プロジェクトを計画しています。

お預かりしたご寄付は、MWFなど現地団体が実施する中・長期的な環境回復や生物多様性の保護、人々の暮らしの支援などに役立てられます。

モーリシャスの美しい自然を取り戻すため、皆さまのあたたかいご寄付をお願いいたします。

モーリシャスの美しい海は重要な観光資源であるだけでなく、貴重な生物多様性の宝庫です。(写真提供:(c)ピースボート)

寄付金の使いみち

皆さまからお寄せいただいた募金は、モーリシャス野生生物基金(MWF)やモーリシャス環境保護・保全機構(EPCO)をはじめとした現地NGOの実施する環境回復・保全活動およびコミュニティー支援に使われます。活動の様子についてはPBVウェブサイトやフェイスブックページでお知らせしてまいります。

PBVウェブサイト
PBVフェイスブックページ

活動情報

更新日:2020/11/02

ご協力の御礼と継続支援のお願い。

皆さまからお寄せいただいた募金のうち、400万円をモーリシャス野生生物基金(MWF)に送金いたしました。MWFが一時的にモーリシャス本島に移動させていた希少動植物の一部は安全が確認されたエグレット島に再移送され、健康被害が懸念されるハ虫類については、ヨーロッパにあるジャージー動物園に一時的に保護されています。

皆さまからのご寄付はこれらの動植物の保護活動のほか、MWFの実施する中長期的な環境保全プロジェクトに役立てられています。温かいご支援、誠にありがとうございました。

現地では、人々の生活にも事故の影響が出ています。特に汚染の広がったモーリシャス島の南東部では、漁業関係者をはじめとした沿岸部に暮らす人々が生計手段を失い、生活再建にめどが立たない状況が続いています。
この状況を鑑みて、PBVでは、代替的な生計手段の獲得に向けた研修や生活支援を計画しているモーリシャス環境保護・保全機構(EPCO)を支援先に追加します。

モーリシャスの人々の生活再建のため、皆さまからの引き続きのご支援をお願いいたします。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
5,086,025
寄付人数
8,273

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

一般社団法人ピースボート災害支援センター

ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)は、阪神淡路大震災以降、国際NGOピースボートが行ってきた災害支援のノウハウを引き継ぎ、2011年東日本大震災を契機に設立されました。毎年発生する国内外災害に対して、被災地での災害救援活動を実施しています。
「人こそが人を支援できるということ」をテーマに、のべ10万人以上のボランティアとともに被災者への支援活動を行ってきました。また、将来の災害に備えるため、全国規模での人材育成、防災・減災教育にも取り組んでいます。
これらの活動は、皆さまからのご支援によって支えられています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト