• 大雨により道路が冠水。広島県呉市の被害状況。

西日本豪雨災害 緊急支援募金を開始しました。

2018年7月5日から発生した豪雨は、これまでに経験したことのない大雨となり、複数の地域で土砂災害、河川の氾濫、洪水、浸水など同時多発的に甚大な被害をもたらしました。「平成で最悪の豪雨災害」と言われるこの被害状況を受けて、ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)では被災地や被災者を支援するため、関係機関や各支援団体と綿密に連携し、現地での緊急支援活動を実施しています。

特に被害が大きかった岡山県倉敷市は、家屋被害が4,600棟以上にのぼり、家屋の2階以上まで浸水している地域が多く、家の再建には長い時間がかかると考えらます。
PBVでは、倉敷市を中心に避難所運営・生活改善、ボランティアセンター開設・運営支援、被災家屋の片付け・清掃などを行っています。被災された方たちの1日も早い生活再建に努めていきます。緊急支援活動のための支援募金を立ち上げましたので、皆さまのご寄付、ご協力をお願いします。

落石による交通の遮断で、トラックも立ち往生。
激しい濁流に車が流される。
えぐり取られるように道路が陥没。
車体の上まで浸水。家屋だけでなく、店舗にも水害被害が及んでいる。

寄付金の使いみち

(1)避難者の生活サポート
避難者が尊厳ある生活を送れるように避難所の運営と生活改善のサポートを実施します。特に、避難所運営者の負担軽減や食事・トイレ等の衛生面の改善、暑さ対策、必要物資の供給など。

(2)生活再建のサポート
被災家屋の清掃や片付け、家財の運び出し、廃棄物の運搬など、安全かつ効果的な現地支援活動を実施します。災害ボランティアセンターの運営をサポートし、災害ボランティアの力を最大限に活かすコーディネートをおこないます。

(3)現地状況と被災者ニーズに合った支援
現地状況は変化し、発生する課題も多様化していくと考えられます。その状況や課題に合った支援活動を柔軟に検討していきます。ニーズとシーズのマッチング、物資配布や食事支援、仮設住宅支援など。

現地情報は、随時公式ホームページや公式Facebookで報告いたします。
ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)
西日本豪雨災害 特設ページ(公式ホームページ)
公式Facebook