• 2

    ピースボート災害ボランティアセンター

  • 概要
  • 活動情報 2017年1月16日 更新

被災地の現場で学んだ教訓を「減災」へ!
わかりやすく学べる防災・減災ワークショップの普及にご協力ください

ピースボート災害ボランティアセンターは、東日本大震災をはじめ全国また世界各地の被災地で災害救援活動を行ってきました。大災害の現場で学んだことは、想定外の自然の猛威を乗り越えるには、被害を防ぐ「防災」に加え、被害を最小限にする「減災」が大切だということ。そして「減災」を担うのは、「ひと」だということ。

ピースボート災害ボランティアセンターは、国内外の被災地の現場で災害救援活動に取り組んでいます。

大規模な東日本大震災への災害ボランティア活動と平行しながら、将来の災害に備えるための人材育成事業を始めたのは2011年11月。ひとを助けるスキルや心構えを学ぶ災害ボランティア・トレーニングは、この5年間で約6,000名が受講し、その後の熊本地震のボランティアとして活躍するといった「共助」に力を発揮しました。

災害時の「共助」の人材育成事業として、全国各地で災害ボランティアのトレーニングにも力を入れています。

「減災」の力を高めるために「共助」と並んで大切なのが、自分や家族を守る「自助」の行動です。特に、外部からの支援が到着するまでの目安とされる災害発生から72時間をきちんとイメージできれば、事前の備えのヒントを知ることができます。2014年から始めた「わが家の災害対応ワークショップ」は、家族構成や暮らす住居の環境、地域の特性に合わせ、わかりやすく、かつ自分なりに備えるべきことをカスタマイズできる防災・減災教育として、これまでに約3,000名が受講しているプログラムです。首都直下地震や南海トラフなどの大災害が懸念されるなか、さらに多くの人が受講できる機会を提供していきたいと考えています。

「自助」の人材育成を行う防災・減災教育「わが家の災害対応ワークショップ」。すでに約3,000名が受講。

そのためには、これまでの日本語ワークショップのほか、外国人住民に向けた英語での開催、遠方からでも受講できるeラーニングメニューの開発、その他多様なニーズに合わせた新規プログラムの開発にも積極的に取り組んでいきたいと思っています。
▼「わが家の災害対応ワークショップ」の詳細はこちら

ワークショップの所要時間は90分。専用のテキストとシートを使って、「わが家」が被災したときの72時間を具体的にイメージします。
2016年9月に英語版が完成。日本語の情報が理解できず、母国で避難訓練などを経験したことのない外国人住民に向けたワークショップも展開していきます。

Yahoo!基金は、本募金のプロジェクトを支援しています。

本募金は、Yahoo!基金2016年度助成プログラムの一環※1で実施しています。
2017年1月と2月の2か月間、皆さまからのご寄付と同額をYahoo!基金がマッチング寄付※2します。
活動へのご支援よろしくお願い致します。

※1 Yahoo!基金2016年度助成プログラムのテーマは「知らせる、つなげる」。本募金は、助成プログラムの第1次書類選考を通過した団体を対象に「活動団体が取り組む社会課題を広くお伝えし、その活動の支援者を増やすこと」を目的に行っています。
※2 マッチング寄付金額には50万円の上限があります。50万円を超えても寄付は行えます。

Yahoo!基金「知らせる、つなげる」復興支援・防災減災への取り組みを知って応援特集

「わがコト」として災害に備える防災・減災教育を! 事業レポート

【2014年度 防災・減災教育プログラム実績】
▼わが家の災害対応ワークショップ
 <実施回数> 31回(全国12市区町村で実施)
 <受講者数> 1,257人
▼災害ボランティア・トレーニング(入門編、リーダー編、スキルアップ編計)
 <実施回数> 93回(31市区町村)
 <受講者数> 1,787人
▼支援を活かす地域力ワークショップ
 <実施回数> 7回(6市区町村)
 <受講者数> 245人
▼その他、被災地支援活動の報告会・講演会など
 <実施回数> 53回
 <来場者数> 4,907人

「わが家の災害対応ワークショップ」は、高校生以上が対象。学校の防災訓練の一環で実施することも。
災害ボランティア・トレーニングの入門編。3時間で基本的な心構えや活動内容を学ぶ。

【2015年度 防災・減災教育プログラム実績】
▼わが家の災害対応ワークショップ
 <実施回数> 42回(24市区町村)
 <受講者数> 1,089人
▼災害ボランティア・トレーニング(入門編、リーダー編、スキルアップ編計)
 <実施回数> 61回(27市区町村)
 <受講者数> 1,091人
▼支援を活かす地域力ワークショップ
 <実施回数> 6回(6市区町村)
 <受講者数> 252人
▼その他、被災地支援活動の報告会・講演会など
 <実施回数> 47回
 <来場者数> 3,647人

「支援を活かす地域力ワークショップ」は、東日本大震災の被災地石巻市での経験を知る内容。地域コミュニティの減災力を高めるためのグループ研修。
2015年の国連防災世界会議では、東北や海外のNPO/NGOとともに「市民防災世界会議」を開催。海外への防災・減災につながるメッセージ発信も心がけている。

寄付金の使いみち

災害時に自分や家族の身を守る方法を学ぶ、家庭向けの防災・減災教育「わが家の災害対応ワークショップ」を全国各地で実施する普及事業に使用させていただきます。
このワークショップは、日本語の出張講座のほか、災害時に日本語の情報が分からず困難な状況に陥りやすい外国人に向けた英語でも開催します。
また、ワークショップへの参加が難しい遠方の人でも受講できるeラーニング教育や企業や組織の社員向けに実施する新メニューなど、多様なニーズに合わせ、全国的に広めるためのプログラム開発にも取り組みます。
▼「わが家の災害対応ワークショップ」の詳細は
http://pbv.or.jp/wagaya/