【重要なお知らせ】

Yahoo!ネット募金やYahoo!基金 をかたるフィッシングサイト(偽サイト)、不正メールにご注意ください

令和6年能登半島地震 被災地支援緊急募金(ユナイテッド・アース)

寄付受付開始日:2024/01/02

  • 領収書なし
[令和6年能登半島地震 被災地支援緊急募金(ユナイテッド・アース)]の画像
令和6年能登半島地震 被災地支援緊急募金

特定非営利活動法人ユナイテッド・アース

プロジェクト概要

更新日:2024/02/01

2024年1月1日16時10分ごろ石川県能登半島で震度7の強い揺れを観測する地震があり、多大な被害状況が明らかになってきています。
甚大な被害を鑑み、被災者の支援を行うためのご寄付の募集を開始いたしました。

<<私たちの姿勢>>

支援の手が行き届かない方々を探し、出会い、寄り添い、必要とされる支援を届けることに努めています。
ぜひご協力ください。

皆様もご存知のように、2024年1月1日16時10分ごろ石川県能登半島で震度7の強い揺れを観測する地震がありました。

2024年1月2日14時現在の被害状況として、石川県内で8人が亡くなられ、石川県や富山県などで、少なくとも50人が負傷し、多数の建物の倒壊が確認されるなど、多大な被害状況が明らかになってきています。

甚大な被害を鑑み、被災者の支援を行うためのご寄付の募集を開始いたしました。

私たちユナイテッド・アースでは、公助の支援では手が届きにくい、スポットがあたらない方々に目を向け、探し出し、必要な支援を届ける。そういった支援活動を、これまでも行ってきました。

一人ひとりのアクションは小さくても、その力が集まれば考えられないような大きな支援に繋がります!

「支えましょう。助け合いましょう。

何度でも、何度でも。

一刻も早い復旧に向けての復興支援を!」

<支援予定地域>
・石川県(七尾市、輪島市、珠洲市、羽咋市、穴水町)

今後、家屋の倒壊や損壊だけでなく、農業、産業被害もより表面化してくると思われます。

被害状況を迅速に調査・把握をし、甚大な被害を受けた方々が1日でも早く日常を取り戻せるよう災害復興支援活動を展開してまいります。

また、今後も余震での被害発生が予想されます。新たな災害が発生した場合、状況に応じていただいた寄付を使い支援させていただきます。

ユナイテッド・アースでは現地の状況をヒアリングするなど、調査活動を開始しています。
石川県七尾市で撮影。川向うに倒壊した建物が多数見受けられる(2024年1月2日(土)午前10時)
石川県七尾市で撮影。家屋が全壊している(2024年1月2日(土)午前10時)
神社が倒壊している。石川県七尾市で撮影。(2024年1月2日(土)午前10時)

寄付金の使いみち

みなさまからいただいたご寄付は、災害支援活動を通じて、令和6年能登半島地震被災者に対する支援活動に活用させていただきます。

まずは、第1フェーズとして現地調査を行いながら、物資支援を軸にした活動を展開する予定です。

<活動予定内容>
・被災地域・被災者の支援ニーズ調査
・ニーズ調査に基づいた支援活動(被災者・被災施設等への支援物資配布、避難所の生活サポート等)
・支援物資配布にかかる費用 など

※災害支援活動は、被災地のニーズ・状況にそって、活動内容を決めていくため、活動予定については、変更や追加となる場合がございます。

活動情報

更新日:2024/02/01

【2024年1月28日の活動報告】(2024年2月1日更新)

七尾市でも学校が再開と嬉しいニュースが。
その反面、避難所として個室的に教室を利用していた人たちが、体育館で生活する状態になっています。

現場の声として、女性が安心してシャワーや着替えができるように、区切りがほしいという要望をいただき、今回は仕切の作成をさせていただきました。

UE石川事務局のコマニーさんは間仕切りのプロですので、設計・組み立てとプロの技術を最大限に活かしていただくことができました。

石川県七尾市 小丸山小学校・避難所のシャワー室の仕切づくり(2024年1月28日)
石川県七尾市 小丸山小学校・避難所のシャワー室の仕切づくり(2024年1月28日)

発災から1カ月。
まだまだ被災地には課題が山積みです。
少しでも衣食住環境が整うこと=心の安定にもつながると思います。
被災地の皆さんが安心して過ごせる環境を。
できる人ができることをやっていきましょう。

【2024年1月27日の活動報告】

能登島の民宿のサポートをさせていただきました。
・調理室の片付け
・腐った食材の撤去
・割れた食器の片付け
・家財道具の撤去
・外の鉢植えの整理
など

お話を聞くと、今の現状では民宿の再開を今年中にすることは難しいと考えておられるようでした。避難所で生活しながら、家のこと、今後の民宿のことを考えるのは本当に大変なことだと思います。

●参加したボランティアの感想
ボランティアに初めて参加した。何ができるか不安だったが、部屋が奇麗になり喜んでもらえた。1人の小さな活動がこうやって広がっていくのかと感じた。また参加したいと思います!

石川県七尾市能登島 民宿の被害状況(2024年1月27日)
石川県七尾市能登島 民宿の片付けサポート(2024年1月27日)

【2024年1月19・20日の活動報告】(2024年1月22日更新)

七尾市能登島に仮設トイレを設置させていただきました!
また、簡易トイレ120セットも寄付させていただきました。

<支援内容>
●2024年1月19日 簡易トイレ:120セット
●2024年1月20日 仮設トイレを設置

仮設トイレの設置(七尾市 2024年1月20日)
能登島の被災した民宿のお片付けをお手伝い(七尾市 2024年1月19日)

【2024年1月18日の活動報告】(2024年1月22日更新)

能登島の避難所へ食糧支援をさせていただきました!

能登島の避難所へ食糧支援(七尾市 2024年1月18日)

子どもたちがとにかく大喜び。
「こんなおいしいパン食べたことない!」と嬉しそうに食べている姿が印象的でした!

能登島の避難所へ食糧支援を行い、子供たちが美味しそうに食べてくれました!(七尾市 2024年1月18日)

子どもたちも食べたいものが自由に食べられない中で、いろんな種類のパンを自分で選べることもうれしかったんだと思います。

今回ご支援いただいたパン屋さん(BENCHi (ベンチ)さん)の店主は中学3年生の時に、阪神大震災で被災(神戸市北区)された経験がある方です。
幼少期を長田で過ごしており、思い出が多く残る街は焼け野原になり、29年たった今もその記憶は脳裏から離れていないとのことでした。
お店を臨時休業して、約300個のパンを被災地のために作ってくださいました。店主の意向もあり、現地で活動する他団体のボランティアの方にも配布させていただきました!

<支援内容>
●避難所:250個
●現地活動ボランティア:50個

七尾市の情報共有会議に参加し、地元の方や他支援団体との打ち合わせ(七尾市 2024年1月18日)

【能登半島地震支援・2024年1月6日の活動】(2024年1月7日更新)

穴水町役場の避難所にお届けしてきました。
●パーテーション12枚
●水500ml 100本、2リットル100本

2024年1月6日時点の被災状況・避難所支援の動画はこちら

・避難所では、仕切のない空間でお休みになられており、プライベート空間ももちろんなく、毛布だけで過ごされている方がほとんどでした。
・避難所の7割が高齢者で、その中には子供や中学生ぐらいの若い女の子もおり、それぞれに寄り添った心の支援も必要になる時期になってきていると感じました。

本日の物資支援で
「パーテーションができることで精神的に余裕ができる」
とお礼の言葉をいただき、市職員の方からも、
「本当にわざわざ遠いところからありがとうございます!本当に助かります!」とお伝えいただきました。
ご支援いただいている皆様、本当にありがとうございます。

石川県七尾市田鶴浜へ到着(2024年1月6日更新)

田鶴浜を視察していると、ご自宅の片づけをされている男性と出会いました。
まだ支援の手は届いておらず、ご高齢の身ながら、お一人で家財道具を整理されていました。

大きな家具を運んでほしいと声をかけられ、お手伝いさせていただきました。
お話を聞くと、年始ご夫婦で新年のお祝いをされていた中、被災。
けがなど命は無事だったものの、思い出がつまった大切な家が被災し、先の見えない未来を考える余裕もなく、家の片づけをされていました。

これからの暮らしにめどがたたず、大きな余震が続く日々。
しかし、ご自身も非常に大変な状況の中であっても、「輪島では物資が不足していると聞いている。寒い思いをしている人がいるのでは」と、他の地域へ思いをはせ涙を流される男性の姿。
被災地でのお互いを思い合い、助け合う心の温かさに触れました。

1日でも早く生活が安定し、心も体も落ち着いて過ごせる日々を過ごせるように祈るばかりです。
引き続き現地視察と同時にすぐできる物資支援を続けながら、復興に向けた活動を展開してきます。
※日々、インスタグラムで発信もしていますので、よろしくお願いします。

神戸より物資を積み込み、石川事務局に向かう(2024年1月5日)
石川事務局で避難所に必要なパーティションなどの積み込み(2024年1月6日)
被災家屋の荷出しの支援(七尾市 2024年1月6日)
半倒壊家屋のトイレ(七尾市 2024年1月6日)
被災された全壊、半壊の家屋があちこちに(七尾市 2024年1月6日)

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
4,200,303
残り日数
あと127
2024/07/02 18:00 まで
寄付人数
2,562

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

特定非営利活動法人ユナイテッド・アース

NPO・NGO・社会活動家・経営者・アーティスト・学生など理念に共感する市民が集い、共に社会貢献活動を実践するための組合的機能を持つ団体(NPO法人)として、2006年の設立以来、市民の共働によって、「持続可能な循環型社会」を実現すべく、海外の貧困地域への自立支援活動や環境活動などにも尽力。また、2011年3月の東日本大震災発生以降は、宮城県を中心に震災支援活動を継続しており、国内外から集まった延べ3万5,000人以上のボランティアや団体、企業と共働し、被災地の復興と新しい社会モデルの構築に向けて活動を展開しております。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト