概要

国際大会での様子

「アイススレッジホッケー」とは、下肢に障がいを持つ人たちのために、「アイスホッケー」のルールを一部変更して行うスポーツです。アイスホッケーと大きく異なる点は、「スレッジ」と呼ばれるスケートの刃を二枚付けた専用の「そり」に乗り、左右の手にスティックを一本ずつ持ってプレーします。 スティックにはアイスピックとブレードがついており、「漕ぐ(こぐ)」動作で前に進み、ブレード部分でパックを操り、パスを出したりシュートを放ちます。アイスホッケー同様にボディチェック(体当たり)が認められており、非常に激しいスポーツです。 パラリンピック競技種目ではあるものの日本ではまだ認知度が低いスポーツですが、世界を相手にたたかうために日々トレーニングに励んでいます。みなさまの応援をもとに競技の普及と、強化につとめてまいります。 応援・ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

寄付金の使いみち

国際大会での様子
国際大会での様子

競技の認知度向上のための普及活動と、世界とたたかう日本代表チームの強化に使わせていただきます。 日本アイススレッジホッケー協会のホームページ 詳細な情報を知りたい方は同協会ホームページをご覧ください。