概要

ツバルへのエコツアーメンバーのマングローブ植林の様子。炎天下の中、一回に500本ほどを植林します。

特定非営利活動法人ツバルオーバービューは1998年から南太平洋に浮かぶ珊瑚礁の島国ツバルを様々なメディアを通して世界に紹介する活動をしています。地球温暖化による海面上昇で近い将来、人が住めなくなってしまうと言われる同国ですが、失ってしまうにはあまりにも美しい大自然、そこに寄り添うようにして暮らしている人々の雄大な文化があります。そして、顕在化する海面上昇の被害。このようなことを広く紹介することで、地球温暖化防止の実現を目指しています。

寄付金の使いみち

2009年コペンハーゲンでの地球温暖化防止国際会議、会議場内に設営された当団体のツバル国紹介ブース。ツバル国交渉の記念撮影の様子
2009年コペンハーゲンでの地球温暖化防止国際会議、会議場内に設営された当団体のツバル国紹介ブース。ツバル国交渉の記念撮影の様子

皆様からお預かりした大切なご支援金は、ツバルを広く世界に紹介する活動と、現在すでに現地で顕在化している海面上昇の被害への適応事業に活用させて頂いております。現在当団体で進めているツバルに住む全国民、1万人のツバル人の取材をして、各地で写真展を行う事業「ツバルに生きる一万人の人類」では、ツバルへの高額な移動費、ツバル国内での不定期な船での不便な移動など、取材にかかる費用や、展示パネルなど制作費などに活用させて頂いております。又、浸食が進む海岸線を補填する為のマングローブ植林事業などにも大切に活用させていただいております。
※500円で:マングローブ1本の植林
※1000円で:1人のツバル人の素顔と声を世界に発信できます。