【重要なお知らせ】

Yahoo!ネット募金やYahoo!基金 をかたるフィッシングサイト(偽サイト)、不正メールにご注意ください

子どもたちのいのちと未来を応援してください。

寄付受付開始日:2007/07/26

  • 領収書あり
[子どもたちのいのちと未来を応援してください。]の画像
早く元気になあれ/病児きょうだいの保育支援助成

認定NPO法人神奈川子ども未来ファンド

プロジェクト概要

更新日:2023/10/23

子どもたちのSOSが聞こえますか?

令和2年度神奈川県内の公立小・中・高・特別支援学校におけるいじめ認知件数は23,061件。不登校生を含む小・中・高等学校の長期欠席者数は20,582人。(新型コロナウイルスの感染回避を含む)[*1]前年比5,184件減ですが、文部科学省によると不登校とみなされた小中学生は大幅に増加し、小・中・高校生自死者数は415人[*2]で過去最多ということです。

また、県内の児童相談所に寄せられた虐待相談件数は21,049件。[*3]
全国の虐待による死亡事例は年間50件近くになり、3歳未満で命を落とす乳幼児が8割を超えています。[*4]
7人に1人の子どもが相対的貧困下にあります。[*5]

市民基金「神奈川子ども未来ファンド」は、皆さまからの寄付を元に、地域で日だまりとなるNPOのさまざまな事業を公募し、第3者の厳正な審査のもとに助成支援をしています。また、子どもたちのSOSをすくいとり、社会に広く発信するさまざまな活動を展開しています。

[出典]
[*1]「令和2度神奈川県児童・生徒の問題行動等調査調査結果(公立学校分)」神奈川県教育委員会
[*2]「令和2度児童・生徒の問題行動等調査調査結果」文部科学省
[*3]「令和2年度児童虐待対応件数(速報値)」神奈川県
[*4]「社会保障審議会児童部会児童虐待要保護事例の検証に関する専門委員会、第14次報告より」厚生労働省
[*5]「平成 28 年国民生活基礎調査」厚生労働省市民基金

助成金を活用した活動
助成金を活用した大学生による学習支援
ヨコハマ・アコフェスでの募金活動
モトスミ・ブレーメン通り商店街で、チャリティーバザー
ピンクシャツデー テーマソング

寄付金の使いみち

【寄付の65%が助成原資です】
・神奈川県内を拠点として子ども・若者や子育て中の親を支援しているNPO、またはいじめ・虐待・貧困で苦しむ子ども支援のNPOへ、公募選考を経て助成しています。選考では、取り組みが他の地域や団体にも良い影響や変化を生むことが期待されるものを優先しています。

・これまで、DV被害から逃れた子どものケア、児童虐待予防でもある乳幼児の親子のサロン、いじめや障がい、不登校などさまざまな背景を持つ子どもたちの居場所や冒険遊び場など、15年間で延べ104団体へ総額3,459万円を助成しました。NPOの活動プログラムは子どもの育ちに欠かせない栄養源となっています。

【寄付の35%は事業・広報費と運営費として活用しています】
・「地域で子育て」を実現するには、寄付の文化がしっかりと根付くことが重要です。なぜ、寄付が必要なのか。なぜ、支えが必要なのか。いま、どんなことが起きているのか。そうした疑問へ広報紙やイベント、セミナーなどを通して応えています。
※2018年11月16日より、上記の通り変更いたしました。

【認定NPO法人へのご寄付は最大50%の税額控除が受けられます】
Yahoo!ネット募金によるご寄付では、1回3,000円以上のクレジットカードによるご寄付の希望者に、領収書を発行しています。


活動情報

更新日:2023/10/23

【助成事業実績】
2022年度助成 7団体 1,193,300円
休眠預金活用法に基づく「子ども若者支援事業新型コロナ対応助成」 6団体 1,100万円

1.子どもみらいセミナー
「貧困・虐待・いじめ」をシリーズタイトルとし、オンラインセミナーの配信
第1回「コロナ禍で急増する貧困」
第2回「若年女性を取り巻く現状~コロナ禍で孤独深める少女たち~」
第3回「いじめストップ!」

セミナー収録の様子

2.子ども支援活動団体と活動を支える企業・団体などのコーディネート
「つなぐ支える相談窓口」の設置・運営
「こどものみらい応援ネット」設置・運営

3.各種イベントでの募金活動および普及啓発活動
ヨコハマ・アコフェスvol12 への参加 他

ヨコハマ・アコフェスvol12 子どもファンドブースの様子

4.「いじめストップ! ピンクシャツデー神奈川」の実施
神奈川子ども未来ファンドでは、子どもの幸せを願う企業、団体、市民の皆様のご協力をいただき、ピンクシャツデー2022 神奈川推進委員会を設置し、多様性を認め合ういじめのない社会づくりに取り組みました。

まん延防止等重点措置期間中ではありましたが、県内の小中高校や子ども支援団体などでのポスター掲示、ライトアップや商業施設での取組み、パネル展示、公式サイトの開設などを通じてピンクシャツデーの意義をお伝えすることができました。

ピンクシャツデー メインイベント ミニ朗読劇「ハッピーバースデー」
ピンクシャツデー2018in神奈川~「いじめストップ!」ワールドアクション~ メインイベント動画 2018年2月28日 横浜東口そごう前ひろば

5.かながわ子どものみらい応援団参加

かながわ子どものみらい応援団

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
4,977,428
寄付人数
6,637
現在の継続寄付人数:10
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

認定NPO法人神奈川子ども未来ファンド

孤立した団体運営や資金難に悩んだ子ども支援のNPOの代表が集まり、「地域みんなで子育てを」という思いを胸にスタートした非営利の市民基金です。皆様の温かなご支援をいただき、設立19周年を迎えました。心より御礼申し上げます。

子どもファンドは18年間、市民の皆様からの寄付を子どもを支える市民団体に再分配するという「希望」に挑戦してきました。本年2022年度までに延べ133団体へ総額約4,035万円を助成金としてお届けすることができました。

これまでに助成金をお届けした団体は 乳幼児親子支援の場やDV被害児を守る場、障がいのある子たちが放課後に集う場、厳しい生活状態にある子たちの学習支援の場等々です。その場所も活動団体の方々も地域の中の日だまりのように、子どもたちを優しく包んでいます。

今後もご支援ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

【神奈川子ども未来ファンド理事長 坂井雅幸】

第5代理事長に就任しました坂井雅幸でございます。先輩方の努力を受け継ぎ、精進する所存でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。

当ファンドは 2003年の設立以来、市民、企業、団体、行政などたくさんの皆様に支えられ、皆様からのご寄付を原資に、子ども・若者・子育てを支援する地域の活動に助成するほか、子どもたちを取り巻く状況を学び伝えるなどの活動を行ってまいりました。

子どもたちの輝く瞳と笑顔のために。
そして、子どもたちの笑顔に満ちた社会は未来の明るい社会につながります。
子どもの未来は社会の未来です。

これからも、神奈川子ども未来ファンドは、助成事業をはじめさまざまな取組みを通じて子どもたちが生きることに誇りと喜びをもてる地域社会づくりにまい進してまいります。

引き続き、一層のご支援とご指導ご鞭撻(ごべんたつ)を賜りますようお願い申し上げます。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

特定非営利活動法人神奈川子ども未来ファンド(以下、当法人と称する)は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法規制等の精神に則り、当法人の社会的責任として、下記の方針に従って適切な取り組みを行ってまいります。

1.個人情報のご提供当法人では、ご入会、ご寄付、セミナーやボランティア活動にご参加いただく際、また資料請求、お問い合わせをいただく際に、ご本人の同意に基づき、公正な手段を用い、目的の達成に必要な範囲内で皆様から個人情報をご提供いただきます。

2.個人情報の定義、個人情報の収集
「個人情報」とは、個人に関する情報のうち、氏名、生年月日、電話番号、住所などの当該個人を特定することができる情報(当該情報だけでは個人が特定できなくても他の情報と容易に照合することで特定できるものを含みます)を言います。
当法人は、利用者の皆様から個人情報を収集する際は、あらかじめその目的、利用内容をお知らせしたうえで、個人情報の収集をいたしております。

3.個人情報の利用
ご提供いただいた個人情報は当法人のミッションに基づき、以下の目的のために使用します。

寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)

4.個人情報の第三者への開示
当法人では、ユーザーの皆様の個人情報に関して、ご本人の同意を事前に得た場合を除いて、原則として第三者への開示はいたしません。ただし、以下の場合は除きます。

利用者本人が事前に開示に同意した場合
法令に基づき開示の要請がある場合
人の生命、身体または財産の保護のために開示の必要があり、本人の同意を得ることが困難である場合
その他、「3.個人情報の利用」を実施するにあたり、当法人が必要と判断した場合
なお、第三者への提供を行う場合、該当第三者に対しては、該当個人情報の適切かつ厳重な管理を求めてまいります。

5.法令の遵守
当法人は、関連する各種法令又は規範を遵守し、皆様の個人情報の管理運用体制を適宜見直し、改善していくよう努めます。なお、この個人情報保護方針に関して変更が生じた場合には、当サイトにて公表いたします。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト