概要

貴重な遺産「トラストトレイン」の蒸気機関車

「貴重な鉄道遺産を後世に伝えたい!」。私たち日本ナショナルトラストでは、貴重な近代化遺産を大切に保存活用するために、1987年に、日本で初めて、市民の皆さまの募金によって「C12形164号蒸気機関車」1両・「スハフ43形客車」2両・「オハニ36形荷物合造客車」1両を買い取りました。それらを「トラストトレイン号」として編成し、大井川鐵道株式会社のご協力のもと、年に数回のボランティア活動を実施しながら運行させています。

これからも貴重な機関車や客車を走らせ続けるには、皆さまのご支援が何よりも不可欠です。ご支援を心よりお待ちしています。

※現在、C12形164号蒸気機関車が、老朽化および列車自動停止装置(ATS)未装備のため、大井川鐵道株式会社所有の蒸気機関車により「トラストトレイン」の運行を行っています。

寄付金の使いみち

親子ボランティアイベントにて、機関士服に着替えて機関士体験をしている様子
親子ボランティアイベントにて、機関士服に着替えて機関士体験をしている様子

お預かりした募金は、以下の「トラストトレイン活動」に活用させていただきます。

※老朽化している歴史的客車の修復(外板の塗装、座席や床等の内装など/1年間に必要な金額:それぞれ約50万円)
※トラストトレインボランティアの実施
※その他のトラストトレイン活動推進

日本ナショナルトラストのホームページ
詳細な情報を知りたい方は同団体ホームページをご覧ください。

※当財団は、所得税法施行令および法人税施行令における特定公益増進法人(いわゆる免税団体)に認定されていますが、Yahoo!ボランティア「インターネット募金」をご利用の場合は免税の対象外となりますのでご了承ください。