IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野口健【ヒマラヤ森林10万本基金】
ヒマラヤに森を作ろうプロジェクト

寄付受付開始日:2022/06/29

  • 領収書なし
[野口健【ヒマラヤ森林10万本基金】 ヒマラヤに森を作ろうプロジェクト]の画像
ヒマラヤ、マナスル峰のふもとで植樹をする野口健

認定NPO法人ピーク・エイド

プロジェクト概要

更新日:2022/06/29

ネパールで10万本を植樹するプロジェクトを行います

ヒマラヤでは近年、地球温暖化に伴う氷河の溶解で、雪崩や氷河湖の決壊による河川域の洪水が頻発し、多数の死傷者が出ています。また、まき利用や木材売買を目的とした伐採によって森林破壊が進み、大雨や地震による土砂災害が増加しています。

「ヒマラヤに森をつくろうプロジェクト」では、これまでヒマラヤ・マナスル峰のふもとのサマ村で2016年から5年間、3万本の植樹を行ってきました。標高3,500mを超える地域での植樹活動は、当初は、難しいのではと言われていましたが、日本からの技術支援、専門家たちの協力もあり、5万本の苗を育成し、3万本の植樹を行いました。

サマ村の苗センター。地元スタッフがしっかり苗の管理をしています。
サマ村に植林したチシン。50cmほどに成長しています。
植林活動についてのワークショップ。この活動について、村人に理解してもらうことが一番重要です。

今回新たにスタートするのは、森林の倒壊や伐採が進んだエベレスト街道地域での植林で、4つの村(パンボチェ、フォルツェ、クンデ村、クンジュン村)を対象に、今年から5年後の2027年までに2万本の植樹を進める予定です。

同時にサマ村での活動も継続し、2027年までに新たに5万本の植樹を進め、トータルで10万本の植樹を目指します。

エベレスト街道森林プロジェクト

エベレスト街道にある苗センター。
2022年、このあたりに植林する予定。

寄付金の使いみち

ネパール国内で植林活動を行うために活用させていただきます。

・苗の管理費用や資材運搬費、人件費などの経費
・この地域ではヤクなどの家畜を放牧しているため、植林した地域に家畜が入ってこないようフェンスなど設置
・地元の村人たちの理解が重要なため、教材の作成や定期的なワークショップ開催など

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
116,307
目標金額
25,000,000
達成率0%
寄付人数
279
現在の継続寄付人数:2
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

認定NPO法人ピーク・エイド

認定NPO法人ピーク・エイドは、登山家野口健が理事長を務めるNPOです。2003年からネパールでの教育支援活動として、シェルパの遺児への育英資金や、サマ村での学校建設、ポカラでの学校再建支援などの活動をしています。また、ネパールでの森林再生プロジェクトや富士山での清掃活動も行っています。2015年ネパール大震災のときにはテント支援を行い、2016年の熊本大地震ではテント村の運営など、災害支援活動も行っています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト