概要

野焼き支援活動の様子

阿蘇の草原は、千年以上の歴史があると言われています。しかもその規模は23,000haにもおよび、まとまった草原景としては全国一の規模で、ヒゴタイやオオルリシジミなどの希少動植物の宝庫でもあります。
当団体が99年より取り組んでいる市民ボランティアによる阿蘇の草原保全に向けた野焼き・輪地切り(防火帯作り)支援活動は、都市と農村・行政が連携し広大な草原を守るという活動です。この「野焼き支援ボランティア活動」へのご支援をお願いします。

寄付金の使いみち

輪地切り支援活動の様子
輪地切り支援活動の様子

野焼きや輪地切り支援活動に必要な刈り払い機などの機材、案内看板、ゼッケン、防塵メガネ、救急用品などの備品の購入を行います。

新たなボランティアやボランティアリーダーの育成のための初心者研修会の会場費、指導者の交通費など、必要な経費に使用します。

開発から草原を守るために、草原を買い取り保全するナショナルトラスト運動「草原トラスト」募金に使用します。
草原の貴重な動植物を保護するための調査研究に使用します。

阿蘇グリーンストックのホームページ
詳細な情報を知りたい方は同団体ホームページをご覧ください。