IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界の子どもたちのために「ユニセフ募金」

寄付受付開始日:2006/01/31

  • 領収書なし
[世界の子どもたちのために「ユニセフ募金」]の画像
(C)UNICEF/UNI126744/Madhok アフガニスタンの首都、カブールにある「子どもにやさしい空間」でほほ笑む女の子

公益財団法人日本ユニセフ協会

プロジェクト概要

更新日:2019/11/08

世界で最も支援を必要としている子どもへ届ける「ユニセフ募金」

ユニセフ(国連児童基金)は、世界190の国と地域で、子どもの命を守り、健やかな成長のために活動する国連機関です。活動は、皆さまからの募金に支えられています。
ユニセフは、予防接種や栄養補給、安全な水の提供など命を守る活動のほか、教育や職業訓練、暴力や搾取からの保護など、地道で息の長い取り組みを通じて、子どもたちの大切な子ども時代を守ろうとしています。

使途を限定しない「ユニセフ募金」は保健、栄養、水と衛生、教育、子どもの保護など、190の国と地域で行われているユニセフの活動全体を支えていただく大切な募金です。皆様のご支援は必要に応じてあらゆる国、地域、支援内容に活用されています。

(C)UNICEF/UN0343466/Frank Dejongh
100円の旅~みなさまのご支援で(2018年作成)

寄付金の使いみち

日本ユニセフ協会は、すべての子どもの命と権利を守るため、最も支援の届きにくい子どもたちを最優先に、190の国と地域で活動しています。

保健、栄養、水と衛生、教育、暴力や搾取からの保護、エイズウイルス(HIV)、緊急支援、アドボカシーなどの分野で支援活動をおこなっており、その活動資金は、すべて個人や企業・団体・各国政府からの募金や任意拠出金でまかなわれています。

100円のご支援で:ビタミンA欠乏症やはしかによる合併症を予防・治療するための、ビタミンAカプセル50錠
1,000円のご支援で:開発途上国の子どもの命を奪う主な病気の1つ、はしかから子どもを守るための予防接種用ワクチン28回分
3,000円のご支援で:重度の栄養不良からの回復に役立つ栄養治療食225包
5,000円のご支援で:急性の下痢による脱水症から子どもの命を守る経口補水塩713袋
10,000円のご支援で:えんぴつ1本とノート1冊を246人分

日本ユニセフ協会のホームページ 活動の詳細については、同協会ホームページをご覧ください。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
23,997,576
寄付人数
52,604
現在の継続寄付人数:156
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

公益財団法人日本ユニセフ協会

ユニセフ(国連児童基金)とユニセフ協会はすべての子どもの命と権利を守るため、最も支援の届きにくい子どもたちを最優先に、世界190の国と地域で活動しています。

世界のどこに生まれても、持って生まれた可能性を十分に伸ばして成長できるように、ユニセフは「子ども最優先」を掲げて、世界中の子どもたちの命と健康を守るために活動する国連機関です。保健、栄養、水と衛生、教育、暴力や搾取からの保護、エイズウイルス(HIV)、緊急支援、アドボカシーなどの支援活動を実施し、その活動資金はすべて個人や企業・団体・各国政府からの募金や任意の拠出金で賄われています。

日本ユニセフ協会は、日本におけるユニセフの「顔」として、またユニセフの「代弁者」として、ユニセフを支える募金活動、ユニセフの活動や世界の子どもたちについての広報活動、子どもの権利の実現を目指して政策提言を行うアドボカシー活動に取り組んでいます。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト