• アフリカ南東部サイクロン 緊急支援へのご寄付をお願いします

  • 概要
  • 活動情報 2019年6月18日 更新

生きのびた子どもたちを、感染症、栄養不良、虐待などから守る。緊急支援にご協力をお願いします

アフリカ南東部で発生したサイクロンにより、モザンビーク、ジンバブエ、マラウィで洪水や土砂崩れが発生し、被害が出ています。犠牲者は1,000人にも達すると懸念されています。

今回被災した3カ国の人々を支援するために、プラン・インターナショナル・ジャパンでは寄付の募集を開始しました。

【予定されるおもな支援活動】
○被災した世帯へのシェルターキット(テント、防水シート、給水タンク、せっけん、毛布、蚊帳など)、生理用品を含む衛生用品の配布
○安全な水やトイレなど衛生環境の整備
○学用品の支給

プランの東南アフリカ地域事務所災害対策ディレクターのスチュアート・カトイキリゼは、「災害時は、とくに女の子がもっとも大きな被害を受けます。女の子の保護や生理用品など、女の子特有のニーズを最優先に活動します」と述べ、女の子への支援を重点的に実施することを明らかにしました。

「家が倒壊し、教会に避難していますが、大勢の人がいて、とても不衛生です。子どもが病気にならないか心配です」(マラウィ)
被災した家族のニーズ調査を行うプラン職員(モザンビーク)

プロジェクト進捗(しんちょく)のご報告(2019年4月時点)

皆さまの温かいご支援、誠にありがとうございました。

これまでに、プラン・インターナショナルは、食料、シェルター、安全な水の確保などを最優先に、災害後に虐待や人身取引のリスクにさらされがちな子どもの保護や女の子や若い女性たちのニーズにも配慮しながら対応しています。

詳細はこちらをご覧ください。

トラックで運ばれる防水シート(モザンビーク)
蚊帳を配って回るプラン職員(ジンバブエ)
避難所入居の受付をするプラン職員(マラウィ)

寄付金の使いみち

アフリカ南東部サイクロンによる被災地の支援に使わせていただきます。
具体的な活動地域の様子や支援内容に関しては、現地の状況に応じて決定していきます。
今後、随時ウェブサイトでご案内いたします。
プラン・インターナショナル公式サイト

#アフリカ南東部サイクロン緊急災害支援募金