• 「ロヒンギャ族の子どもたちへの虐待防止」プロジェクトにご支援をよろしくお願いします

大きな混乱を受け、子どもの保護のニーズは以前より高まっています。ロヒンギャ族の子どもが一刻も早く安心して暮らせるよう、ご支援をお願いします。

ミャンマー・ラカイン州において、2017年7月から3年間の計画で開始した「ロヒンギャ族の子どもの虐待防止」プロジェクト。
8月におきた暴動と軍の掃討作戦により、活動の一時中断を余儀なくされましたが、状況の改善を受け、2018年1月よりプロジェクトを再開しました。大きな混乱を受け、子どもの保護のニーズは以前より高まっています。ロヒンギャ族の子どもが一刻も早く安心して暮らせるよう、ご支援をお願いします。

■ミャンマーに残った子どもたちを襲うリスク
64万人以上のロヒンギャ族がバングラデシュに逃れた一方、ミャンマー・ラカイン州には、今も数十万人のロヒンギャ族が残っているとされています。迫害の混乱が残るラカイン州で、高まる虐待や人身売買、早すぎる結婚のリスクにさらされているのは、子どもたち。子どもの保護を目指すこのプロジェクトのニーズは、暴動以前より高まっていると言えます。
このプロジェクトでは、今もラカイン州に暮らす少数民族の子どもの心理的ケア、行政や司法の専門家らとともに子どもをあらゆる暴力や搾取から守るための体制づくりを行います。


ロヒンギャ族の子どもたち

■現地プロジェクト担当者の声
ロヒンギャ族の掃討作戦が収束に向かい、支援団体の立ち入りが再び可能になったことを受け、現地ではプロジェクト実施に向けたコミュニティーの代表者との対話が始まっています。

●ティダ・クアゥ(ミャンマー:プラン・インターナショナル職員)
2017年8月下旬から10月まで、ミャンマー・ラカイン州では武装勢力による暴動とミャンマー軍による掃討作戦があり、国連機関やNGOは事務所を閉鎖せざるを得ませんでした。プロジェクトを中断している間、コミュニティーの代表者とは電話で状況確認をおこなってきました。11月になり、ようやく今回のプロジェクトの実施対象地域であるミンビア町の27村を再び訪ねることができました。
コミュニティーとの対話や政府への申請の結果、2018年1月からプロジェクトを再開できることになりました。ラカイン州は紛争や自然災害が多く、子どもたちのニーズはあと回しにされがちです。
しかし、この町で子どもの保護のプロジェクトをおこなっている団体は、プラン以外にありません。プロジェクトを通じて、より多くの子どもたちを暴力や搾取から守るための体制作りをすすめていきます。

「子どもひろば」で子どもたちと遊ぶティダ・クアゥ職員(2017年7月 ミャンマー)

寄付金の使いみち

■実施地域
ミャンマー ラカイン州ミンビア町
■対象者
ミンビア町27村で暮らすロヒンギャ族(15村)、ラカイン族(11村)、チン族(1村)の住民 約9,400人(うち子どもが約4,700人)
■活動期間
2017年7月~2020年12月
※2017年7月にスタートしたこのプロジェクトは、同年8月に発生した暴動により一時中断を余儀なくされましたが、プランはミャンマー政府や村と対話を重ね、2018年1月に再開することができました。
■支援策
不安定な情勢が続き、ストレスの多い環境に暮らすロヒンギャ族やほかの少数民族の子どもたちを、蔓延(まんえん)する暴力や虐待から守るため、心理的ケアや保護の体制づくりを行います。
■主な活動内容
・「子どもひろば*」の設置と運営(27カ所)
・暴力や虐待の被害にあった子どもの保護、病院など必要な施設への照会
・暴力や虐待のリスクの高い子どもの発見と予防措置
・「子ども保護委員会」の設立と活動支援 

*「子どもひろば」
災害・緊急時に、子どもの保護と心のケアのために設置・運営されます。
被災地では、混乱のなか、子ども、とりわけ女の子は虐待や搾取の対象となる危険性が高まります。子どもたちが一日もはやく日常を取り戻せるよう、遊びや学習を取り入れることで、子どもたちが抱えるストレスを軽減させ、自尊心を育み、自分を守れるようになることも視野に入れて活動します。
また、保護者も含めた子どもの保護への理解を深める場としても重要です。
■目指す成果
・親や地域の人々が「子どもの権利」について理解を深めることで、対象27村の子どもたちが、暴力や虐待の犠牲者となるリスクが減ること。
・行政をはじめとする関係者の協力体制を整えること。
上記を通じて、長期的には少数民族の子どもたちが健やかに育つ社会の実現を目指します。