IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地球にもっと森を

寄付受付開始日:2008/04/23

  • 領収書なし
[地球にもっと森を]の画像
健全な森イメージ

モア・トゥリーズ(more trees)

プロジェクト概要

更新日:2020/09/24

森と人がずっとともに生きるために皆さんの力が必要です!

more treesは森と人がずっとともに生きる社会を目指し、「都市と森をつなぐ」をキーワードに国内外でさまざまな森づくりの取り組む森林保全団体です。

森林減少が著しい発展途上国においては、主に植林とそのメンテナンス、また森林火災防止のための防火帯や貯水池などのインフラ整備も行っています。植林においては、在来種とともに果樹も植えることで将来的に果物の収穫を目指すほか、地域の自然資本をベースとしたグリーンツーリズムを展開するなど、多面的なアプローチによって地域課題の解決を目指しています。

植林活動(フィリピン)
苗畑(フィリピン)

日本国内は国土の7割を森林に覆われた森林大国です。戦後、国によりスギやヒノキの植林が推奨されたことで、人工林を中心に面積が増加しました。しかし、木材需要が低下し林業が衰退したことで、植林後に必要な手入れが行き届いていない森が増えています。また、日本には主要な樹木だけでも500種類以上あると言われている中、スギとヒノキの2種類のみで人工林の7割を占めており、多様性を失っています。

こうした状況からmore treesでは手入れの行き届いていない森は間伐などの手入れを、収穫期を迎え伐採された跡地にはその土地に適したさまざまな樹種を植えることで「多様性のある森」への更新を目指しています。

間伐シーン
植林後の苗木

寄付金の使いみち

国内15カ所(11地域)、海外2カ所に展開する「more treesの森」の保全活動(森林整備及び植林)を中心にmore treesの活動全般に活用させていただきます。
【主な寄付金の使い道】
1.海外での植林
2.国内の手入れの行き届いていない森の整備(間伐)
3.国内の伐採跡地への植林(多様性のある森づくり)

例えば、みなさまからの1000円のご支援で、
・日本国内の「more treesの森」約20平方メートルの整備ができます
・海外の「more treesの森」に1本の植林ができます

●年次活動報告
2019年活動報告書

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
1,284,883
寄付人数
3,149
現在の継続寄付人数:12
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

モア・トゥリーズ(more trees)

一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)は、音楽家 坂本龍一が代表を務める森林保全団体です。地域との協働で森林保全を行う「more treesの森」の展開、国産材を活用した商品やサービスの企画・開発、セミナーやイベントを通じた森の情報や魅力の発信など、「都市と森をつなぐ」をキーワードに「森と人がずっとともに生きる社会」を目指したさまざまな取り組みを行っています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト