IDでもっと便利に新規取得

ログイン

首里城復興ユネスコ募金

寄付受付開始日:2019/11/03

  • 領収書あり
[首里城復興ユネスコ募金]の画像
首里城(写真提供:首里城公園)

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

プロジェクト概要

更新日:2019/11/14

「首里城」復興に対する募金の受付について

2019年10月31日に発生した火災により、沖縄の歴史と文化の象徴である「首里城」が焼失したことは、沖縄県の方々のみならず、日本国民にとって、例えようのない衝撃であり、大変心を痛めています。
一日も早い復興を心から祈念いたします。

日本ユネスコ協会連盟は、首里城の復興支援に向け、募金の受付を開始いたします。
皆さまからのご協力をお願いいたします。

◆アズレUNESCO事務局長メッセージ
「2000年に世界遺産リストに登録された美しい首里城の悲劇的な火災を目の当たりにし、日本の人びとに深い同情と心からの連帯の意を表します。今回の火災は、全人類にとっての損失です」(アズレ氏Twitterより)

■領収書の発行について
・2019年11月14日(木)16時以降のご寄付(お客様の寄付手続き)分より、領収書の発行が可能です。
・1回3,000円以上のクレジットカードによるご寄付で、領収書の発行を希望して寄付された方に、領収書を発行いたします。
・手続き完了後の発行や再発行はできません。

・領収書の日付は、お客様の寄付手続き日ではなく、ヤフー株式会社から公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟への入金が完了した日(原則として寄付手続き日の翌月末日頃)となります。
例:2019年11月15日にお客様が寄付手続きをされた場合、領収書の日付は2019年12月末日頃になります。
例:2019年12月15日にお客様が寄付手続きをされた場合、領収書の日付は2020年1月末日頃になります。

・領収書のお届けは、公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟がヤフー株式会社からの入金を確認した後になるため、最短でも寄付の受付から2カ月程度かかります。
・Tポイントで寄付した場合は領収書を発行できません。

詳しくはヘルプページをご参照ください。

領収書に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。
<お問い合わせ先>
公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟・Yahoo!ネット募金係
電話:03-5424-1121(平日:9:30~17:30)

※首里城は、「首里城跡」として、世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の構成資産の一つとして登録されています。

寄付金の使いみち

日本ユネスコ協会連盟は、首里城の復興を支援します。
みなさまからお寄せいただいた寄付は、首里城の復興支援のために大切に使わせていただきます。

※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
15,062,032
寄付人数
30,762
現在の継続寄付人数:112
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

日本ユネスコ協会連盟は、UNESCO憲章に基づき、1947年から活動を続ける民間ユネスコ組織(NGO)です。
「世界遺産活動」では、人類共通のたからものである世界遺産を、国境を越えて保護・保全する取り組みを行っています。これまでに、1960年代のヌビア遺跡救済キャンペーンを皮切りに、アフガニスタン、カンボジア、フィリピン、ネパール、ベトナムなどの国々において、危機的な状況の世界遺産に対して、保護・保全活動や人材育成、普及啓発活動を実施してきました。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟のプライバシーポリシーは、https://www.unesco.or.jp/privacy/をご覧ください。
なお、Yahoo!ネット募金に関し、ヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。
・寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)
以上

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

注目のプロジェクト