IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロヒンギャ難民危機
緊急募金のお願い(国連UNHCR協会)

寄付受付開始日:2017/09/19

  • 領収書なし
[ロヒンギャ難民危機 緊急募金のお願い(国連UNHCR協会)]の画像
ミャンマー・ラカイン州から逃れてきたロヒンギャの人々

特定非営利活動法人国連UNHCR協会

プロジェクト概要

更新日:2019/11/18

ロヒンギャの人々から叫び声があがっていますバングラデシュ国境で何が起きているのでしょう? 

「私の夫は村で撃たれました」
泥まみれになった脚でキャンプにたどりついたディアラは訴えます。
「村から逃げだして3日間、ぬれた山では滑り落ち、時に身を隠しながら歩き続けました。」
ミャンマーのラカイン州北部で起きた暴力行為により、隣国バングラデシュに逃れるロヒンギャ(ミャンマーのイスラム系少数民族)の人々が急増しています。
その数は2017年8月25日から約67万人*にのぼっています。
また、避難するロヒンギャ難民のうち、55%が18歳未満の子どもです。その大半が徒歩でジャングルに隠れながら山や川、海を渡り、人々は水も食糧もなく、体調を崩し弱り切った身体で国境を越えています。
また、モンスーンによる豪雨で避難場所が洪水となり、難民をさらに苦しめています。水も不足し衛生環境が悪化する中、ジフテリアなど感染症の発生が懸念されています。(* 2018年3月現在)

隣国バングラデシュに逃れるロヒンギャの人々のため、より多くの避難所が必要です

すでに多くの難民がバングラデシュにあるクトゥパロンやナヤパラ・キャンプに避難しており、着の身着のままで逃げ出さざるをえなかった人々のため、UNHCRは必要な物資の供給を行っています。

UNHCR報道官ヴィヴィアン・タンは語ります。
「この状況は、私が難民支援に従事してきた15年の中で、最も絶望的で、悲惨なものです。まるで1980年代のベトナムのボートピープルを思わせます。でも、あれからもう30年もたっているのです。いったいなぜ、今こんなことが再び起こっているのでしょうか?」

陸路のみならず海を越えて避難する人々もいます。漁船でのベンガル湾の航海は、5時間もかかることがあります

UNHCRは現地の協力機関とともに、着の身着のままで逃げ出さざるをえなかった人々のため、シェルター(家族用テントなど)や就寝用マット、サイクロン(雨期)から難民を守る防水用ビニールシートなど、必要な物資の供給を行っていますが、難民を受け入れる場所も、物資も不足しています。
私たちの住むアジアの一角で、今まさにこの悲劇が起きています。
これほどの苦しみを、これほどの痛みを、懸命に耐えてきたロヒンギャの人々を救うため、ぜひご支援をお願いいたします。

豪雨による洪水で、難民はさらに苦境におちいっています

■ロヒンギャ危機における状況

現地で援助活動に尽力する日本人職員、UNHCRバングラデシュ事務所 久保眞治代表からのメッセージ

寄付金の使いみち

皆様からのご寄付は、UNHCR本部(スイス・ジュネーブ)へ送金され、世界各国で実施される難民援助活動に役立てられます。
皆様からお寄せいただいたご支援は、難民が我が家を追われた日から始まる長い避難生活の間、水・食糧の支給から住居、医療そして教育にいたるまで、すべてにわたり彼らを支えます。

参考:国連UNHCR協会・皆様のご寄付でできること

#ロヒンギャ難民支援

活動情報

更新日:2019/11/18

私たちの難民援助活動は、日本をはじめ世界中の人々によって支えられています

ミャンマー国内における暴力行為の発生直後、UNHCRは迅速に救援物資の空輸を開始。
身一つで逃れてきたロヒンギャの難民に必要不可欠な物資等を届けるために、計20回以上の空輸を実施し、下記のような支援を届けました。

・5万世帯以上に家族用テントを配布
・毛布、マットなどの物資を約6万1,000人に配布
・水飲み場や掘り抜き井戸(950基)を作り、清潔な水を提供
・パートナー団体と協力し、約4,700基のトイレを建設
・保護者と離別した子ども1,700人を保護
・168カ所の一時学習センターを設置

援助物資を受け取り笑顔を見せるロヒンギャ難民の子ども

UNHCRは100名以上の職員を動員し、キャンプ内の各家庭を訪問。
それぞれの置かれた状況を把握し、ニーズに寄り添った支援につなげている他、避難してきた人々の半数以上を占める18歳未満の子どもへのサポートを進めるなど、幅広い保護、援助活動を行っています。

保護者と離ればなれになった子どもたちへ聞き取りを行うUNHCR職員

必要額が調達額をはるかに上回る状況が続くなか、UNHCRの活動にとって大きな意味を持つのは、皆様からのご支援です。

■国連UNHCR協会 活動・会計報告

人々に早急な援助を届けられるよう、これからもどうぞ温かいお力添えをお願いいたします。

女優でUNHCR親善大使のケイト・ブランシェットから、皆様からのご支援への感謝のメッセージ

※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
7,359,715
寄付人数
16,948
現在の継続寄付人数:29
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

特定非営利活動法人国連UNHCR協会

国連UNHCR協会

国連UNHCR協会は、国連の難民支援機関であるUNHCRユーエヌエイチシーアール(国連難民高等弁務官事務所)の活動を支える日本の公式支援窓口です。

UNHCRは、世界中で家を追われた難民・国内避難民への水や食糧・毛布などの物資の配布や、難民キャンプなど避難場所の提供、保護者を失った子どもの保護や心のケアなど、最前線で難民支援に尽力しています。1991年から10年間、緒方貞子さんが国連難民高等弁務官を務めました。
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

注目のプロジェクト