• シリア国内の避難民キャンプで暮らす女性と2人の子ども

  • 概要
  • 活動情報 2017年6月28日 更新

くじ付き募金実施中

ユニクロ様のご提供によりくじ付き募金を実施いたします。
寄付いただいた方の中から抽選で20名様に難民女性の明るい未来を願って「HOPE!」のメッセージを入れたオリジナルチャーム(非売品)をプレゼントします。

紛争・迫害でふるさとを追われた人々をご支援ください

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は、1950年以来、紛争や迫害などにより故郷を追われた人々を国際的に保護・支援し、難民問題の解決へ向けた活動を行っています。その対象者は、難民・国内避難民・無国籍者・庇護(ひご)申請者など、多岐にわたります。

迫害と飢餓から逃れ難民キャンプに駆け付けるイラク国内避難民の家族

シリアのみならずイラクやイエメン、南スーダン、中央アフリカ等で紛争・迫害が続き、第2次世界大戦後最大の難民危機が叫ばれる昨今。
2016年、UNHCRの支援対象者は過去最多を記録し、6,770万人となりました。

活動地域は128カ国、中東、アフリカ、地中海/ヨーロッパ危機のみならず、中南米で蔓延(まんえん)する武装勢力の暴力行為、ミャンマーのロヒンギャ難民、未だ紛争の傷跡が残る東欧ウクライナなど、世界には多くの難民問題が存在しています。

戦闘から逃れるため、ウガンダの受入センターに押し寄せる南スーダン難民

厳しい世界情勢が続く中、人々が紛争や迫害によって故郷を追われるかぎり、いつ、どこであっても、彼らの権利と安全、そして命を守り、援助を届けるため、彼らの尊厳と希望を取り戻すために、UNHCRは活動を続けます。
1人でも多くの難民を援助するため、皆様のご支援をお願いいたします。

世界の難民についてはこちらのURLをご覧ください。
https://www.japanforunhcr.org/lp/trend

「安心して子育てができます」UNHCRが供給したシェルターで暮らすブルンジ難民の親子

私たちの難民援助活動は、日本をはじめ世界中の人々によって支えられています

2016年、国連UNHCR協会にお寄せいただいたご寄付は、総額28億4603万2789円に達しました。そのうち実に87%は、個人の皆さまからのご寄付です。

国連UNHCR協会 活動・会計報告はこちら

シリア・ハラスタの子どもたちとUNHCR職員。2016年、この地域に2013年以来初めて援助物資が届けられた

【2016年にUNHCRが供給した主な緊急支援物資(個数)】

テント:25万6,053
毛布:663万4,555
水汲み容器:215万1,924
蚊帳:117万6,968
ビニールシート:337万273
バケツ:86万2,405
ソーラーランタン:80万3,850
調理器具セット:182万8,522
就寝用マット:411万4,641
UNHCR GLOBAL REPORT 2016より)

ナイジェリアの武装勢力から逃れ、カメルーンの難民キャンプで出産した女性

UNHCRは難民支援の最前線で、緊急支援のみならず、教育や職業訓練といった長期的な支援も続けています。
世界の難民をご支援いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

国連UNHCR協会では、難民問題解決のための署名活動も行っております。
#WithRefugees #難民とともに キャンペーンにぜひ参加してください。詳しくはこちら

当選者発表

オリジナルチャーム 難民女性が刺繍したオリジナルチャーム20名様

  • xuj***** 様
  • kam***** 様
  • oku***** 様
  • alo***** 様
  • chi***** 様
  • aok***** 様
  • hal***** 様
  • m_m***** 様
  • the***** 様
  • ka_***** 様
  • tmi***** 様
  • dai***** 様
  • por***** 様
  • ter***** 様
  • kis***** 様
  • k_u***** 様
  • sug***** 様
  • gra***** 様
  • suz***** 様
  • dai***** 様

寄付金の使いみち

皆様からのご寄付は、UNHCR本部(スイス・ジュネーブ)へ送金され、世界各国で実施される難民援助活動に役立てられます。
皆様からお寄せいただいたご支援は、難民が我が家を追われた日から始まる長い避難生活の間、水・食糧の支給から住居、医療そして教育にいたるまで、すべてにわたり彼らを支えます。

参考:国連UNHCR協会・皆様のご寄付でできること http://www.japanforunhcr.org/donate/use/