令和6年能登半島地震被災者支援にご協力ください(AAR Japan)

寄付受付開始日:2024/01/01

  • 領収書なし
[令和6年能登半島地震被災者支援にご協力ください(AAR Japan)]の画像
能登半島地震の被災者支援を実施(2024年1月5日、石川県輪島市)

認定NPO法人 難民を助ける会

プロジェクト概要

更新日:2024/04/02

緊急支援を開始

2024年1月1日に能登半島地震が発生しました。石川県だけで1万人以上の被災者の方々が不自由な生活を余儀なくされています。断水が続くなどインフラ設備の復旧の目途が立っていない地域もあります。

AAR Japan[難民を助ける会]の緊急支援チームは特に深刻な被害が発生した石川県輪島市、珠洲市、能登町で炊き出しを実施、県内各地の障がい者施設や外国人被災者に支援物資を提供、長引く避難生活によるストレス緩和に向けたマッサージ提供などを実施しています。

被災地では厳しい冷え込みの中、多くの被災者が各地の避難所に身を寄せたり損壊した自宅で在宅避難を余儀なくされたりしています。AARは、指定されたご寄付は必ずその活動に活用いたします。能登半島地震緊急支援へのご協力をお願い申し上げます。

輪島市ふれあい健康センターでAARの炊き出しを受け取る被災者の皆さん(2024年1月6日、石川県輪島市)
緊急支援に向け、物資を積んだ車が東京を出発(2024年1月2日、東京)
地元の西田昭二衆議院議員に七尾市一帯の状況を聞き取るAARの生田目充(2024年1月3日、石川県七尾市)
被災者にマッサージする理学療法士の増田桃子さん(2024年1月27日、石川県輪島市の若桑集会所)

寄付金の使いみち

炊き出しや福祉施設を中心とした被災者支援活動に活用いたします。

<想定している使いみち・支援活動の例>
・現地調査など支援調整費
・炊き出し
・衛生用品、防寒具、栄養補給品など

※支援地域の状況・ニーズに合わせて、支援活動を実施いたします。

※指定されたご寄付は必ずその活動に活用いたします。
※約5%を支援を届けるための管理運営費に活用させていただきます。

最新の活動情報は随時AAR公式ウェブサイト、SNSをご覧ください。

活動情報

更新日:2024/04/02

被災された方に寄り添って活動

被災地の日常を取り戻す日まで:能登半島地震3カ月(2024年4月2日更新)

「3カ月を経て緊急期から復興期に移行しつつある今、炊き出しや物資配布を中心とした支援から、全半壊した住まいをどうするかといった生活再建へと支援課題も変化しています。しかし、いまだに避難所での生活や在宅避難を続ける被災者もいて、炊き出しなどのニーズもなくなったわけではありません」。震災発生直後から現場で支援活動を続けるAAR東京事務局の生田目充は指摘します。

輪島市町野町の若桑集会所に支援物資を届けるAAR大原真一郎(左)(2024年1月)

被災地では震災後、能登の人々は忍耐強く務めて前向きな姿勢、そして互いに助け合う地域の結束力で困難を乗り越えてきました。しかし、緊急期を過ぎて生活再建という現実が重くのしかかる中、「仮設住宅に当選しなかったらどうすればいいのか」「路線バスの本数が減って移動もできない」「将来への不安で夜もよく眠れない」といった悩みの声が逆に増えてきています。時間の経過とともに報道も減り、ともすれば関心が薄れつつありますが、被災地の厳しい状況は変わっていません。

生田目は「最も大変だった時期が過ぎて、今後を見据えた生活再建へとフェーズが変わっても、取り残されやすいのは、やはり障がい者や高齢者、外国人被災者といった人たちです。最も弱い立場に置かれた人々への支援を大切にするAARとして、地元の団体や行政との連携を深めながら、こうした被災者への支援を地道に続けていく必要があると考えます」と話します。

被災地の復興には長い時間と膨大な労力が求められるのは言うまでもありません。AARは緊急支援に留まらず、日常生活を取り戻そうと奮闘する被災者の皆さんに寄り添い、徐々に変化するニーズを的確にとらえながら、中長期的な支援に取り組んでまいります。引き続き、AARの能登半島地震支援へのご協力をよろしくお願い申し上げます。

レポートはこちら

傾聴で「心」の支援(2024年3月27日更新)

AARは、施設の管理者や職員の方々の不安や悩みに真摯(しんし)に耳を傾ける「傾聴」の活動を行いながら、必要とされる支援を届けています。

震災後の思いをAARスタッフに吐露する「ともえ」の花田仁美さん(左)(2024年3月3日、石川県七尾市)

石川県七尾市で障がい者福祉事業を行う共同生活援助事業所「ともえ」は、地震により施設の一部が損壊するなど大きな被害を受けました。断水が2カ月以上続き、職員の皆さんは近くを流れる川からくんだ水をバケツリレーで施設に運び、生活用水として使用していました。障がいのある利用者さんが使う施設のトイレに水が通じるようになったのは2024年2月中旬だったといいます。

「利用者と施設をどうするかが最優先でした。自分の家のことは後回しで、3月(2024年)に入ってようやく自宅の片付けを始められました」と、ともえの代表の花田仁美さんは話します。自らも地震の被災者でありながら、利用者の方々の震災後のサポートに追われる中で、施設の職員の方々には肉体的な疲労に加えて、精神的にも大きな負担がありました。「毎日やることが多すぎて、疲れて頭も働かない。何をどうやっていけばいいかが分からなかった」と花田さんは話します。

ともえは、避難所生活を余儀なくされている障がい者を受け入れたり、今後の災害時・緊急時に避難場所として利用したりする施設の整備を計画しており、AARはそのサポートを検討しています。

レポートはこちら

災害時の「見えない障がい」への理解が課題に(2024年3月22日更新)

AARは被災した障がい福祉施設、障がい者世帯への支援に力を入れています。その中で見えてきた問題のひとつが、外見的に気付きやすい身体障がいと比べて、発達障がいや精神障がいなど一見して「見えない障がい」がある被災者の悩みです。これは能登に限らず、大規模災害が起きる度に起きる課題でもあります。

障がい者が避難所で暮らす難しさを説明する支援施設「ともえ」の松下順子さん(中央)(2024年3月4日、石川県七尾市)

「多くの被災者が集まる避難所で、精神障がいのある利用者のことを理解してもらうのは非常に難しい現実がありました」。障がい者や不登校・引きこもりなどの問題を抱えた人たちを支援する一般社団法人「ともえ」(石川県七尾市)管理者の松下順子さんは大きなため息をつきました。「避難所で2カ月間、一般の被災者の皆さんとずっと一緒にいると、ささいなことがトラブルになって、『頭がおかしいやつらや』などと言われてしまって」。

一見しただけでは気付きにくく、周囲から理解されにくいのが、発達障がいや精神障がいです。環境が変わることでパニック状態になり、大声を出すなどのケースもあるため、災害発生時には避難所での集団生活に適応するのが難しく、しばしばトラブルとなることもあります。

避難所でトラブルが発覚した後、松下さんたちはしばらく様子を見ていましたが、2人いた利用者のうちひとりは別の福祉施設のショートステイを利用することなり、もうひとりは別の避難所に移らざるを得ませんでした。「理想的には障がいの有無にかかわらず、一緒に過ごせればいいのですが……実際は難しいですね」。災害時に障がい者が安心して避難生活を送れる「福祉避難所」などの場所づくりの重要性を再認識したといいます。

レポートはこちら

「ラストワンマイル」をつないで支援を届ける(2024年3月13日更新)

現場で救援物資を届けるにあたってしばしば直面するのが、物資集積所から個々の被災者の手に渡るまでの最後の区間で配達が滞ってしまう、いわゆる「ラストワンマイル問題」です。石川県内の障がい福祉施設を支援しているAAR Japan[難民を助ける会]は、地元のNPO法人や企業と連携して、この問題の克服に取り組んでいます。

高齢者施設「第二長寿園」に石川バリアフリーツアーセンターから依頼を受けた介護用品を届けるAAR職員(2024年1月31日、石川県鳳珠郡能登町)

壊滅的な被害を受けた交通インフラは、主要な幹線道路の復旧が急ピッチで進められる一方、人口が少ない地域では物資が届きにくい状況が続いています。NPO法人「石川バリアフリーツアーセンター」(金沢市)は、障がい者や高齢者に石川観光のバリアフリー情報などを提供しており、震災発生後はそのネットワークを生かして物資配布など支援活動を続けていますが、配送の人手が足りずにラストワンマイル問題に直面していました。

「物資配布を手伝ってもらえないか」と相談を受けたAARは、同センターの配達を代行してAARの支援物資と一緒に効率良く配送するとともに、同センターが入手できずにいた食料品をAAR側が補填するなど、協力し合っています。

レポートはこちら

「ささやかでも明るいことを」お菓子の詰め合わせを配布(2024年3月6日更新)

AARは、被災した人々に少しでも元気になってもらおうと、地域の福祉施設と連携して、羊かんとクッキーなどの詰め合わせを配布しました。

羊かんとクッキーの詰め合わせを受け取った男性(2024年2月27日、石川県七尾市)

石川県七尾市の社会福祉法人「野の花福祉会」が運営する障がい福祉サービス事業所「ゆうの丘」は、AARが緊急支援の開始直後に支援を届けた施設です。2024年1月3日に飲料水や食料、清掃用具などを提供し、その後も断水が続く施設に、非常用の携帯トイレやトイレ用テント、衛生用品などを提供しました。

今回「ゆうの丘」の皆さんは、「被災直後から助けてもらってきたので、今度は自分たちが何かできれば」と、お菓子の配布を企画し、AARのスタッフとともに地域の皆さんに届けました。ご挨拶もかねて一軒ずつ回り、短い時間でも会話することによって、在宅避難でふさぎ込みがちな気分が晴れるように、という狙いもあります。

「ゆうの丘」の本田雄志理事長(79)は「甘いものは被災のつらさを一時でも忘れさせてくれる。羊かんとうちのクッキーを食べてゆっくり休んで、元気を取り戻してくれれば」と話します。「震災被害のつらいニュースばかりで心が痛むが、これから前に進んでいくためにも、こうしたささやかでも明るいことが大切だね」。

レポートはこちら

移動式お風呂カーで入浴サービスを提供(2024年2月28日更新)

AARは被災地で活動するNPOと連携して、移動式お風呂カーの支援を開始しました。

お風呂カーの湯船に気持ちよさそうにつかる利用者(2024年2月21日、石川県輪島市町野町金蔵)

石川県の被災地ではライフラインや道路などのインフラが大きな被害を受けました。なかでも上下水道の被害は大きく、今も広い地域で断水が続いています。こうした地域の人々は自衛隊や宿泊施設が提供する浴場を利用していますが、使用可能時間や利用者数に制限が設けられていたり、場所が離れていたりするため、希望どおりに入浴ができるわけではありません。

お風呂カーは能登町神和住地区を皮切りに2024年2月19日から運用を開始。輪島市町野町若桑避難所に避難している上谷さんは30分以上お風呂を堪能し、「久しぶりに自分の家の風呂に入っているようでとても良かった。本当に気持ちよかった。ありがとうござました」と笑顔で話しました。利用された他の皆さんは「浴槽が広くて気持ち良かった」「久しぶりに一人でのんびりお風呂に入れた」とさっぱりした様子で話し、入浴後の時間をくつろいで過ごしていました。

レポートはこちら

志賀町の仮設住宅・自主避難所を支援します(2024年2月22日更新)

能登半島地震で最大震度7を観測した石川県志賀町は、住宅約5,800棟が全半壊(一部損壊含む)する大きな被害を受けました。同町では仮設住宅の建設が進められており、AARは入居者に家電製品や生活用品を提供するほか、自主避難所などへの支援を準備しています。

ボランティアの理容師による自主避難所での整髪サービス(2024年2月15日、石川県志賀町東小室集会所)

約100人が暮らす志賀町東小室地区(旧富来町)では、何軒もの民家や土蔵が全半壊しました。当初避難した被災者は自宅に戻ったり親戚宅に移ったりして、集会所に寝泊まりしているのは現在15人ほど。近隣の指定避難所(防災センター)に行政から届く食事をまとめて受け取りに行き、朝はパン、昼はおにぎり、夜は弁当などが提供されるほか、住民同士が持ち寄る野菜、鮮魚などで副菜や汁物を作って分け合っています。他方、在宅避難者には公的支援が行き届いていないなど課題も少なくありません。

志賀町では海岸寄りの旧富来町エリア3カ所でプレハブ、トレーラーハウスの仮設住宅97棟が建設されています。しかし、入居希望に対して軒数は十分ではありません。

AAR支援チームは志賀町など関係者と協議し、支援ニーズを把握したうえで、仮設住宅入居者に家電や生活用品を提供するとともに、自主避難所や在宅避難者、地域の障がい福祉施設への支援を準備しています。

レポートはこちら

元気を届ける炊き出しメニュー「少しでも笑顔に」(2024年2月13日更新)

炊き出しの炊き込みご飯を盛り付ける加藤勉AAR理事(2024年2月10日、石川県珠洲市立若山小学校の避難所)

AARの炊き出しの中心を担っているのは、パートナー団体の認定NPO法人ピースプロジェクト(代表:加藤勉AAR理事)。

避難所の食事はどうしても単調で栄養が偏りがちです。不自由な避難生活にあって、せめて食事の時だけでも、皆さんが笑顔になれるホッとした時間を提供できるように工夫を重ねており、地元の郷土料理「とり野菜みそ」をはじめ、生姜焼き、かつ丼、牛丼、野菜カレーなど多彩なメニューをお届けして評判も上々です。

炊き出しを受け取った男性(60代)は「本当に助かっています。やっぱり作りたてはおいしいですね」と笑顔を見せてくれました。新鮮な野菜を使った野菜カレーをお出しした時は、性別・年齢を問わず、「まさか避難所でこんなものを食べられるとは思わなかった」という声が上がったそうです。

レポートはこちら

洗濯機提供に「助かるよ」 (2024年2月6日更新)

近隣住民が身を寄せる集会所に洗濯機を届けるAAR北川順子(右)と被災女性ら(2024年1月30日、石川県輪島市町野町の若桑集会所)

「凍るような冷たい沢の水で下着を洗ったこともある」「金沢のコインランドリーまで往復7時間かけて洗濯に通っていたんだよ」――。市街地から離れた山間にある石川県輪島市町野町の若桑集会所は、高齢者を中心に在宅避難を続ける近隣住民が支援物資を受け取る拠りどころになっています。AARは食料や衛生用品などを届けていますが、このほど強い要望があった洗濯機を提供しました。

この地区には自衛隊による給水があり、電気も通っているので洗濯機が使えます。住民の女性は「1カ月間、本当につらかった。これだけでもずいぶん助かります」とホッとした表情でした。また、近隣の別の地区からも「使わせてほしい」との話があり、少しでも多くの方々にご利用いただきたいと考えます。

レポートはこちら

身体も心も温まる一杯 被災者が協力して炊き出し:能登半島地震(2024年2月2日更新)

AARは2024年2月からは輪島市内のレストランのシェフら地元有志グループが自ら取り組む炊き出し活動をサポートします。

炊き出しの調理をするシェフ池端隼也さん(2024年2月1日、石川県輪島市)

輪島市内の被災者など有志による「ラトリエ炊き出し」は、フレンチレストラン『ラトリエ ドゥ ノト』のシェフ池端隼也さんが中心となって、一日約1,500~1,600食を近隣の在宅避難者や避難所に身を寄せる方々に毎日提供しています。中華丼、カレー、シチューなど野菜をふんだんに使ったり減塩したり、高齢者を含む皆さんの健康に配慮して栄養バランスを考えた食事を心がけています。

被災者自身が炊き出しに参加(2024年1月、石川県輪島市)

炊き出しを受けとった近隣住民は「今日も寒さが厳しくて、こうして温かくて野菜がたくさん入っている食事をいただいて本当に助かっています」と笑顔を見せました。被災者自身が積極的に力を合わせて用意した炊き出しの料理は、身体も心も温まる一杯になっています。

ラトリエの炊き出しは当初、海外の団体から資金提供を受けていましたが、2024年1月末で支援が終了するため、池端さんたちから要請を受けたAARが引き継ぎ、2024年2月以降は運営に必要な人件費をカバーします。

レポートはこちら

マッサージでくつろいで 専門家派遣開始:能登半島地震(2024年1月30日更新)

能登半島地震の発生から間もなく1カ月、石川県内では今も1万人を超える被災者が避難生活を送っています。長引く断水や厳冬の寒さ加えて、避難生活では運動不足やストレスが深刻化しており、AAR Japan[難民を助ける会]は皆さんが少しでもリラックスして過ごせるように専門家によるマッサージ提供を始めました。

AAR緊急支援チームは2024年1月27日、パートナーの鍼灸(しんきゅう)マッサージ師、理学療法士とともに、近隣住民が集まる石川県輪島市の若桑集会所を訪問しました。市街地から離れた場所にある同集会所は、在宅避難を続ける被災者が支援物資を受け取る場所として、皆さんの拠りどころになっています。

「マッサージしてもらったらすごく気持ち良かったし、体が温まったよ」「この1カ月近く、ずっと身構えていたので体が硬くなっていたようだ。ほぐしてもらって血流が良くなり、体が軽くなった感じ」――。この地区は高齢者が多く、2人の専門家は約20人に肩や腰などのマッサージを施術し、たいへん好評でした。丁寧なマッサージの最中、AARスタッフが集まった皆さんにコーヒーを準備し、良い香りが漂う中で、皆さんにしばしくつろいでいただけたようです。

被災者にマッサージを施術する鍼灸(しんきゅう)マッサージ師の木村友哉さん(2024年1月27日、石川県輪島市の若桑集会所)
コーヒーとお菓子の茶話会でくつろぐ皆さん(2024年1月27日、石川県輪島市の若桑集会所)

レポートはこちら

企業ご提供の羊かんや蜂蜜を直接届けています:能登半島地震(2024年1月26日更新)

能登半島地震の被災地では厳しい寒さの中、多くの被災者が不自由な避難生活を続けています。AAR Japan[難民を助ける会]の緊急支援チームは、当会と連携する企業から提供された支援物資を石川県内の避難所などに直接お届けして喜んでいただいています。

避難所で虎屋の羊かんを手渡すAARの生田目充(2024年1月24日、石川県輪島市)

約30人の高齢者が避難している石川県輪島市の地域生活支援施設「ウミュードゥソラ」。長年AARを応援していただいている和菓子の老舗・株式会社虎屋(東京都)から提供された羊かん「小形羊羹」「やわらか羊羹ゆるるか」を皆さんにお配りすると、「まあ、虎屋の羊かん!」と声が上がりました。

蜂蜜を受け取る「クオーレすず椿」の女性職員(2024年1月19日、石川県珠洲市)

AARはこれまでも各地の被災地に「虎屋の羊かん」を届けています。心身ともに疲れた被災者の皆さんには品の良い甘さがいつも好評で、ほんのひと時、心安らぐホッとする時間を持っていただいています。また、同施設には非常用の携帯トイレや体拭きウェットタオル、使い捨てカイロ、栄養ゼリーなどに加え、断水が続いて洗濯がままならないとして要望があった枕とカバーを提供しました。

インドネシア人技能実習生たちに食料や衛生用品を提供(2024年1月13日、石川県能登町)

珠洲市の福祉施設「クオーレすず椿」、および同市内の宿舎で避難生活を送るインドネシア出身の漁業技能実習生たちには、株式会社Nalelu(東京都)の「特級栄養源 桂皮はちみつ」を届けました。クオーレの職員は「インフルエンザや風邪の流行期なので、免疫効果のある食材は大変ありがたい。さっそく皆さんにお配りします」。

レポートはこちら

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
15,163,335
残り日数
あと79
2024/07/01 18:00 まで
寄付人数
9,275

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

認定NPO法人 難民を助ける会

AAR Japan[難民を助ける会]は1979年に日本で発足した国際NGOです。
災害支援、難民支援、障がい者支援、地雷対策などを、国内外あわせて17カ国で実施しています。

特に困難な状況にある方たちに迅速に支援を届けることをモットーとしています。世界各国での緊急支援の経験を生かし、いち早く現場に駆け付け活動しています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト