概要

小学校の保護者対象のエイズ学習会

5歳までに亡くなる子どもたち、お産で亡くなる女性たち、学校に行けない子どもたち、そしてHIVに感染しても満足な治療を受けられないなど、アフリカの人たちは世界のなかでもとても大変な状況におかれ、日々の暮らしのなかで絶え間ない努力を行っています。CanDoは、ケニアの農村において、地域の人たちや小学校の先生たちとともに、彼ら自身が力を発揮し、自らが考える豊かさを達成できるよう、がんばっている人々の活動に協力しています。

寄付金の使いみち

教室が足りない小学校への協力
教室が足りない小学校への協力

いただいた募金は、ケニアの農村での教育・保健・環境分野の活動に使われます。
CanDoが活動しているケニアのムインギ県では、十分な食糧、安全な水、満足な保健サービスを確保している人はごく一握りです。そして、まだまだ死の病であるエイズが、大人だけではなく子どもたちにも脅威となっています。
私たちは、これらの活動を通して、アフリカを取り巻くさまざまな問題に、人々が自ら取り組んでいけるような明日をめざしています。

※小学校でのエイズ教育教員研修と地域住民へのエイズ学習会
※教室が足りない小学校で保護者と学校による教室建設のサポート
※地域で行なわれている保健や環境活動のサポート

アフリカ地域開発市民の会(CanDo)のホームページ
詳細な情報を知りたい方は同団体ホームページをご覧ください。