概要

盲導犬候補の子犬たち

日本で最初に設立された盲導犬育成団体です。目の不自由な方が、行きたい時に、行きたい場所へ安全に行くことができるように、私たちは、快適な盲導犬との歩行を提供します。盲導犬は視覚に障害のある方々に前に進む勇気、希望、自信をもたらす意味でもサポートしています。 約7,800人の目の不自由な方々が、盲導犬を希望しているのに対して、日本全国で活躍している盲導犬は約1,000頭と、まだまだ不足しています。

少額からでも毎月の継続的なご寄付を頂けますと大きな支えになります。
毎月100円をご支援
毎月500円をご支援
毎月1,000円をご支援
毎月2,000円をご支援
毎月5,000円をご支援

寄付金の使いみち

盲導犬の訓練風景
盲導犬の訓練風景

私たちは、候補犬の繁殖を始め、盲導犬になるための訓練、さらに引退後の生活にいたるまで盲導犬の一生に責任を持っています。これらのすべてが皆さまの温かいご支援に支えられています。ドッグフード代やワクチンなどの医療費、訓練に必要な電車やバスの運賃、目のご不自由な方と盲導犬との4週間の共同訓練などに大切に使わせていただきます。また、多くの方々に盲導犬や視覚障害について、理解を深めていただく盲導犬デモンストレーションや企業セミナーなどの普及啓発活動にも有効に活用させていただいています。 ※3,000円で、電車に乗る練習を10回できます。 ※5,000円で、1頭の犬にワクチンを接種することができます。 ※20,000円で、盲導犬が目の不自由な人を安全に誘導するためのハーネスを買うことができます。 日本盲導犬協会のホームページ 詳細な情報を知りたい方は同団体ホームページをご覧ください。