概要

ボクの体が足の不自由な方の支えになるんだ!

介助犬は、肢体不自由者の日常生活の手助けをし、社会参加への意欲と自立への自信をひきだしてくれます。聴導犬は、耳の不自由な人に触れることによって、音を知らせてくれます。介助犬も聴導犬も、身体障害者補助犬法によって定められた補助犬ですが、求められる障がい者からの希望にすぐに添えない事情があります。補助犬の育成や合同訓練に費用かかるためです。良質な補助犬育成、無償貸与に小さなご協力をお願いいたします。

少額からでも毎月の継続的なご寄付を頂けますと大きな支えになります。
毎月100円をご支援
毎月500円をご支援
毎月1,000円をご支援
毎月2,000円をご支援
毎月5,000円をご支援

寄付金の使いみち

介助犬は、どこへ行くにもユーザーさんと一緒です
介助犬は、どこへ行くにもユーザーさんと一緒です

皆さまから募金は、以下のように活用させていただきます。 ※介助犬・聴導犬の育成費用(管理・訓練・繁殖) ※育成施設建設費(事務局、訓練センター、ユーザー宿泊設備を含む) ※ユーザー希望者との合同訓練費用(全国の使用希望者との合宿訓練、交通費など) ※ユーザーフォロー費用(認定犬のアフターフォロー、追加訓練など) ※育成トレーナー養成費用(補助犬トレーナー希望研修生受け入れなど) ※事務局運営費(啓発活動、印刷物作成、セミナー開催など) ウェルフェアポート湘南のホームページ 詳細な情報を知りたい方は同団体ホームページをご覧ください。