概要

水揚げされたホホジロザメ

サメの仲間もウミガメなどと同様に絶滅が心配されています。しかし、サメの仲間に関する情報は十分にはなく、どれだけ減っているのかもほとんど分かっていません。そこで、どのサメがどれほど生息しているのかという基本的な情報から集めなくてはいけません。
日本ウミガメ協議会はウミガメを軸として自然環境を保全していきたいと考えており、その一環として漁業者とともにサメ類資源の現状を調査しています。サメ類がいつの間にかいなくならないよう、ご支援をお願いします。

寄付金の使いみち

漁師の網にかかったアオザメ
漁師の網にかかったアオザメ

皆さまからの募金は、日本ウミガメ協議会の付属施設である黒島研究所(沖縄県)と室戸調査基地(高知県)を中心として、付近に生息するサメ類の保全と調査のために使用させていただきます。

日本ウミガメ協議会のホームページ
詳細な情報を知りたい方は同団体ホームページをご覧ください。