概要

絶滅危惧種アカウミガメ

日本の周辺でもウミガメの仲間が減っています。国内で最も産卵数の多いアカウミガメは、北太平洋では日本でしか産卵しません。つまり日本でアカウミガメがいなくなるのは、北太平洋からアカウミガメがいなくなることを意味しています。
ウミガメ類を保全していくためには、その現状や生態を知った上で保全活動を行うことが必要です。日本ウミガメ協議会ではウミガメ情報を広く集め、それらを活用して保全活動をしています。

寄付金の使いみち

大阪湾ウミガメ保護プロジェクトの一場面
大阪湾ウミガメ保護プロジェクトの一場面

お預かりした募金は、以下のようなウミガメの保護・調査にかかる費用に充てられます。
※産卵地での親亀や卵の保護・調査・研究
※漂着個体の保護・調査
※漁網に誤ってかかったウミガメの保護・調査・研究

日本ウミガメ協議会のホームページ
詳細な情報を知りたい方は同団体ホームページをご覧ください。