概要

国境なき医師団の看護師に抱かれる未熟児(シエラレオネ/2002年)

国境なき医師団(MSF)は、世界19か国に支部を持つ国際的な民間の人道・医療援助団体です。活動は寄付に支えられ、年間4,600人の医師、看護師、助産師らが世界約60か国で活動を行っています。MSFは誰からも干渉や制限を受けることなく、世界各地で生命の危機に瀕している人々へ、人種や政治、宗教にかかわらず医療援助を提供します。また医療援助だけでは状況が向上しない場合、その現状を国際社会に証言します。その活動が評価され、1999年ノーベル平和賞を受賞しました。

ソフトバンクスマートフォンをご利用の方はこちらより携帯電話料金と一緒に寄付できます。

寄付金の使いみち

栄養失調児の治療にあたる看護師(スーダン/2004年)
栄養失調児の治療にあたる看護師(スーダン/2004年)

皆さまからのご支援は、天災、人災、武力紛争などに苦しむ人々へ、医療を中心とする援助を行うとともに、上述の人々を迅速(じんそく)に救援するため、効率、技術、献身の限りを尽くし、あらゆる人的および物的手段を動員するための費用に充当させていただきます。
※50円で:栄養失調の子どもたちに4食分の緊急栄養食を提供できます。またはしか、黄熱病、髄膜炎のワクチンを2本分提供することができます。
※1,000円で:300人分の災害時の緊急配給物資が提供できます。
※1,500円で:5人の成人に3日間、最も効果的なマラリア薬を処方できます。

国境なき医師団のホームページ
詳細な情報を知りたい方は同団体ホームページをご覧ください。